CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

アクロバティックな殺陣を披露!映画『真田十勇士』映像<初>解禁!

2014年に大ヒットを記録したスペクタクル超大作舞台「真田十勇士」が、同作品の演出を手がけた奇才・堤幸彦監督により映画化!
“真田イヤー”と言われる2016年9月22日(祝・木)、【映画】×【舞台】×【小説】という、メディアミックスの最終形として、日本映画“最後の”超大作がいざ出陣!!!
出演者には、中村勘九郎、松坂桃李、大島優子、永山絢斗、加藤雅也、松平健、大竹しのぶなど夢の競演が実現しています。

【特報、解禁!】


解禁された映像では、中村演じる佐助が火まみれになりながら立ち向かう姿やアクロバティックな殺陣を披露!さらに、広野を駆け回る馬と兵士たち、激しい爆発…日本映画史上類を見ないスケールの大きさ、バトルにつぐバトルで観る者を圧倒する怒涛のアクションシーンが映し出され、<型破り>なエンターテイメント超大作としての仕上がりに期待がかかります。
「天下の名将と名高い真田幸村が実は腰抜けの武将であった」という大胆な発想から展開される本作は、堤作品ならではの笑いもたっぷり!
『真田十勇士』0318オフィシャル

『真田十勇士』作品概要

関が原の戦いから10年。天下統一を目の前にした徳川家康と「豊臣の世を再び!」と復権を狙う豊臣家の対立が深まっていた戦国の世で、「智謀知略天下に並ぶ者なし!」の名将として、世間から尊敬を集めていた男、真田幸村(加藤雅也)。しかし、なにやら様子がおかしい。実は幸村、その男前な容貌と、奇跡的に起こるラッキーの連続によって、天下の名将に祭り上げられていただけの、ただの<腰抜け男>だったのだ!その実像と虚像のギャップに悩んでいた時、抜け忍・猿飛佐助(中村勘九郎)と運命的に出会う。忍者の里から飛び出して、ドデカいことを成し遂げたいと思っていた佐助は、「オイラの嘘で、あんたを本物の天下一の武将に仕立て上げてみせようじゃないか!」と、 同じ抜け忍の霧隠才蔵(松坂桃李)を筆頭に一癖も二癖もある勇士たち十人の勇士たち[三好清海][三好伊三][由利鎌之助][筧十蔵][真田大助][望月六郎][海野六郎][根津甚八]を集め、ここに≪真田十勇士≫が誕生した!幸村、そして十勇士たちは逆転の機運を狙っていた亡き秀吉の妻・淀殿(大竹しのぶ)に呼び寄せられ、佐助お得意のハッタリ作戦もあって、またたく間に、徳川との戦いの先頭に立つことになってしまう!そして、戦国最後にして最大の戦いと呼ばれる事になる徳川対豊臣の<大坂の陣>がついに幕を開ける!

佐助と才蔵を狙う忍者仲間の火垂(大島優子)との因縁、淀殿と幸村の“禁断の秘密”など数奇な縁が絡み合う中、戦いは激化し、冬の陣から夏の陣へと進んでいく。果たして、猿飛佐助の一世一代の大嘘は時代を変えるのか?そして真田十勇士の運命や、いかに!!!

9月22日(祝・木)全国ロードショー!
©2016『真田十勇士』製作委員会

Facebookコメント

Return Top