CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

「今度はボクがドリーを助けるよ!」新たな冒険と感動を描く『ファインディング・ドリー』最新予告解禁!

7月16日(土)から公開されるニモとドリーの新たなの冒険を描いた『ファインディング・ドリー』から、ワクワクとドキドキ、そして感動の予感たっぷりの最新予告が解禁されました!

舞台はカクレクマノミのマーリンがナンヨウハギのドリーと共に、愛する息子ニモを救出した冒険から1年後──。ニモの親友、忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかったのは《家族の思い出》だった。

予告編は『ファインディング・ニモ』で日本中を虜にした美しい海からスタート。
固い絆で結ばれた3匹は平穏な日々を過ごしていたが、ドリーが突然思い出した《家族の思い出》によって事態は急展開。すぐに家族を探しに行きたいドリー。心配症のマーリンは1年前、ニモを探した危険な冒険を思い出し反対する。しかし、ドリーの寂しげな「家族に会いたい気持ち…わかる?」という言葉と、愛する息子ニモの「今度はボクがドリーを助けるよ」という言葉に心打たれ完敗。ドリーが小さかった頃の<大切な思い出>の謎を求めて、再びニモたちの大冒険が始まる。

予告の後半では「ドリーのパパとママが見つかったらお別れなの?」と、ニモがつぶやきます。
大好きなドリーの家族を一緒に探してあげたい気持ちと、ドリーとの別れを予感している寂しい気持ちが入り混じった、優しいニモの何とも切ないセリフには涙腺崩壊が確実。
果たして世界一有名な魚たちは《人間の世界》にあるというドリー幼少期の謎を解き、彼女の家族を見つけることが出来るのか? そしてニモとドリーにお別れは訪れてしまうのか…? 

ドリーの新たな仲間たちの声優は誰?ツイートキャンペーン実施中
実施期間:4月20日(水)~5月15日(日)
『ファインディング・ドリー』の日本版予告を見て、ハンク役またはデスティニー役の日本語吹替版キャストを予想してハッシュタグをつけてツイートすると抽選で4組8名様を来日記者会見にご招待 http://disney.jp/dory/seiyudare
fd_tw
ハンク:
ドリーの敵か味方か?カモフラージュが得意な謎のタコ。
ドリーの家族探しに協力するが彼の本当の目的は…

デスティニー:
ドリーの過去を知る、あわてんぼうのジンベエザメの女の子。
ドリーと同じくクジラ語も得意

7月16日(土) 全国ロードショー
© 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

Facebookコメント

Return Top