CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

池松壮亮×菅田将暉全力で臨んだ「喋る」だけの日常ムービー『セトウツミ』撮影の舞台裏に迫る!

シニカルな「会話」の面白さだけで読者を魅了する傑作コミックを映画化した『セトウツミ』が、7月2日(土)より公開となります。『セトウツミ』というタイトルは、主人公の瀬戸(せと)と内海(うつみ)の名前を組み合わせたもの。クールな塾通いの内海役には池松壮亮。天然な元サッカー部の瀬戸役には菅田将暉。ヒロインの女子高生、樫村役には人気急上昇中の中条あやみと飛ぶ鳥を落とす勢いの人気・実力派若手キャストが集結しています!

そして今回、撮影風景を収めた4枚のメイキング画像が到着いたしました!一日中硬い地べたに座っていなければならない二人の為に、スタッフが導入したクッションにも注目です!

①白シャツを着た内海(池松壮亮)と瀬戸(菅田将暉)が会話を繰り広げるリハーサル風景
_DSC2371_R
②ピエロの恰好をした胡散臭い大道芸人(宇野祥平)が風船で作った被り物を後ろに隠して何やら瀬戸に近づくシーン
_DSC3818_R
③ラフな私服に身を包んだ内海と瀬戸の夜シーン
_DSC3775_R
④監督とスタッフが台本を読みあわせて入念に段取りを確認する姿
_DSC2125_R
唯一の夜のシーンは肌寒い気温と動きのある展開も相まって、深夜にまで及んだ撮影ながら高揚感が途切れることは無かったそうです。撮影は、10月上旬の10日間という短い期間で行われたものの、ゆったりとした時間が流れる雰囲気を作り上げるため、大森監督は撮影前に舞台の河原で池松くんと菅田くんの二人でしばらく過ごすようにと時間が設けたそうです。短期間の撮影であったものの、池松くんは「そんなに急いで撮った感じでもないけど、終わってみたらあっという間でしたね。瀬戸と内海が過ごした時間もこんな感覚だったのかなと思いました」と充実した撮影であったことを明かしてくれました。

『セトウツミ』はショートムービーが解禁になってから話題沸騰!さらには舞台裏まで見せられちゃうなんて・・・!!ますます7月2日(土)からの公開が待ち遠しいですね!

撮り下ろしショートムービーはここから★
予告編&第二弾ビジュアルはこちらから★

7月2日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
©此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013 ©2016映画「セトウツミ」製作委員会

Facebookコメント

Return Top