壮大な世界観を表現する音楽。マイケル・ジアッチーノの映画音楽

壮大な世界観を表現する音楽。マイケル・ジアッチーノの映画音楽 レコメンド

マイケル・ジアッチーノ
出典:http://indietokyo.com/

映画の楽しみは俳優の演技やセリフ、ストーリーだけではありません。今回ご紹介するのは映画音楽作家マイケル・ジアッチーノの世界です。ピクサー映画や大作映画で多く音楽を担当しています。音楽という新たな面から映画を見直してみませんか?

大人も子供も楽しめる深いアニメ映画『Mr.インクレディブル』

Mr.インクレディブル - 予告編

世界を守っていたスーパーヒーローも、政府により活動が禁止されて15年。かつて人気ヒーローだったMr.インクレディブルことボブ・パーもそのひとりでした。不得手な書類仕事や正義のかけらもない仕事に嫌気がさしていたボブは、ついに会社をクビになってしまいます。そんなとき、謎の女性ミラージュから極秘にヒーローとしての力を貸すよう頼まれます。意気揚々とヒーロー活動を再開したボブでしたが、その裏には恐るべき陰謀が隠されていたのです。

有名なテーマ曲のアレンジも『M:i:III』

M:i:III - 予告編

IMFのエージェントだったイーサン・ハント(トム・クルーズ)も、愛する女性ジュリア(ミシェル・モナハン)を見つけ、エージェントを引退。教官となり第一線からは退き、ジュリアとは婚約を発表し、幸せいっぱいの日々を送っていました。しかし、婚約披露パーティでイーサンはIMF分析官のマスグレイブ(ビリー・ダグラップ)と接触。マスグレイブの要請で、自身の教え子でもあったリンジー・ファリス(ケリー・ラッセル)の救出任務に赴きます。一度だけの現場復帰だったはずが、事態は思わぬ方向に転がっていくのでした。

第82回アカデミー賞作曲賞を受賞『カールじいさんの空飛ぶ家』

カールじいさんの空飛ぶ家 (吹き替え) - 予告編