CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

リアル黒王子&黒王女は誰だ!?『オオカミ少女と黒王子』初日舞台挨拶レポート!

見栄っ張り女子とドS王子のラブコメディー『オオカミ少女と黒王子』が5月28日(土)、公開初日を迎えました。
主演の二階堂ふみさん・山﨑賢人さんをはじめとする豪華キャスト、監督が登壇し、舞台挨拶を実施しました!
山﨑さん演じるドSキャラが見どころの一つの本作ですが、映画にちなんで、この日は出演者が自身のドSエピドードを披露し、真の黒王子・黒王女は一体誰なのかを決めました。

■主演の2人からご挨拶
二階堂さん「本日は朝早くからありがとうございます。お披露目出来て嬉しいです。短い時間ですが楽しんでください」

山﨑さん「朝早くからお集まりいただきありがとうございます。初日にこんなにたくさん集まっていただいて嬉しく思います」

今回、普通の女子高生役を演じた二階堂さんは「久しぶりに制服を着ることが出来て嬉しかった」とニッコリ。続けて「こういった役に挑戦できてうれしかったです」と、挑戦的な役を演じることのできた喜びを明かし、本作でドS黒王子を演じた山﨑さんについて「本人と役柄のキャラクターのイメージが違うんです。難しい役だったと思いますが、真摯に向き合っていて現場で見ていて素晴らしかった」と大絶賛!
そんな山﨑さんは、MCからドSじゃないのかという質問をされ、「ないっす」と返答。会場からは笑いが起きますが「三回まわってお手からワンが好きです」とドSであることをアピールし、笑いを誘いました。

ドS王子だけではなく、癒し系メガネ王子や、チャラいチャラ王子など様々なイケメン王子が出てくる本作ですが、MCからどの男子がいいか問われると、池田さんは「1番はメガネ王子」、玉城さんも「私もメガネ王子!」と答え、吉沢さんが演じた日下部憂が人気の様子。「山﨑さんの黒王子は面倒くさそう(笑)」と、2人がドSに対してダメ出しをする一幕も。
黒王子否定をされた山﨑さんはすかさず「ドS王子もいいところがあると思うんですよね。草食系男子ブームなんで一石を投じています!」と自身の役をアピール。会場からは笑いが起きていました。

本編では優しいメガネ男子・日下部を演じた吉沢さんは「Sって感じじゃないけど、よく人の話をシカトしてしまう。めんどくさいなと思ったら聞いていないフリをします。『これどう』ってきかれたときに相手のリアクションを想像して違うリアクションをしてしまいますね」と、役柄とは違うドSな一面があることを明かし会場を沸かせました。

■最後にメッセージ
二階堂さん
ようやくこの日が来たのかっていう気持ちと、もうこの日かっていう気持ちですが、皆さんの温かいお顔と笑顔を見れてよかったです。この映画が良い方向にいくようお力をお借りできればと思います。

山﨑さん
初日を迎えて嬉しく思います。お集まりいただきありがとうございました。この映画を観てキラキラした青春、人を好きになって心が動くところを見てほしい。(観客の皆さんが)大きなスクリーンで見てくれたことが嬉しい。映画を広めていってください。

映画『オオカミ少女と黒王子』ストーリー


高校に入学したばかりの篠原エリカ(二階堂ふみ)は、恋愛経験ゼロなのに彼氏とのラブ話を語る“オオカミ少女”。
彼氏がいないのでは?と友達に疑われ、街で見かけたイケメンを盗撮し、自分の彼氏として写真を友達に見せてその場をしのごうとする。ところが、その彼は同じ学校に通う佐田恭也(山﨑賢人)だった事が判明。イケメン同級生・佐田に事情を打ち明け、彼氏のフリをすることを承諾してもらえるエリカ。
だが実は彼、見た目は王子だが中身は超ドSの“黒王子“だった!
契約彼氏の条件は、恭也への“絶対服従”!ウソから始まる恋の行方は?

5月28日(土)より新宿ピカデリー他全国ロードショー
©八田鮎子/集英社 ©2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会

Facebookコメント

Return Top