CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

女子で集まって鑑賞したい。女子力を上げる恋愛映画

625_W600
出典:http://eiganokotoba.jp/F211

寒くなってきましたが、女子会のネタは決まりましたか?今回はこんな寒い時期の女子会にオススメしたい、女子力を上げる恋愛映画を5本、ご紹介です!

自分には脇役が似合うと思って居る貴女に送る『幸せになるための27のドレス』

27dresses
出典:http://www.amazon.co.jp/

いつか自分にも幸せが訪れると信じて脇役に徹する主人公。でも片思いの相手は妹に恋をしてしまう!本当は誰もが自分も幸せになりたいと信じているはずです。でも、傷つくこと、批判されること、ワガママになることを恐れて前に進めない人もまた大勢。『幸せになるための27のドレス』はそんな貴女に勇気をくれる一作です。

色とりどりのドレスも見もの!

27dresses2
出典:http://muryousityoueigasyuu.blog64.fc2.com/blog-entry-46.html

ストーリーは予測しやすい王道ものですが、なんといっても27回も花嫁付添人を務めている主人公。タクシーの中でドレスを着替えたりするシーンまでありますが、その一つ一つがとてもキレイ!だからこそ、ラストシーンはウルッと来ちゃうんですよね。でも自分が主人公の立場なら、って考えると、貴女はどうしますか?

仕事に恋に頑張る貴女へ!『恋とニュースの作り方』

morningglory
出典:http://www.amazon.co.jp/

恋に仕事に、といえば『プラダを着た悪魔』を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、今回はコチラ。超低視聴率番組をどうにか立て直そうとする女性プロデューサーに訪れるのは試練の連続!しかもやっと掴んだ恋まで破綻しかけでどうしよう!と投げ出したくなる状況ばかりです。でもそこで諦めない主人公に、きっと元気をもらえるはず。恋に仕事に頑張る貴女に、ぜひ見ていただきたい一作です。

頑固者上司に困らされているキャリアウーマンにもぜひ見ていただきたい一作

morningglory2
出典:http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/23299/

番組復興の目玉として連れてきたのは超堅物の大物キャスター!ハリソンフォード演じる大物キャスターに、ガンガン食ってかかる主人公を見ていると、上司に溜まった鬱憤も少しは晴れるかも?

本当の自分って?永遠のテーマにジュリアロバーツが迫る『食べて、祈って、恋をして』

eatpraylove
出典:http://www.amazon.co.jp/

ジュリアロバーツ演じるのは仕事に邁進するジャーナリスト。でも本当の自分はもっと輝いていたはず。そんな風に思って、イタリア、インド、バリへ。イタリアではグルメ三昧。インドでは瞑想してリラックス。そんな地球全体を女子力磨きに使う彼女はバリ島で思いがけない出会いをしますが、はてさて。仕事に疲れた時、ふと「私って本当は何がしたかったんだっけ」って思いますよね。そんな貴女にぜひ見ていただきたい一作です。

女子会映画!『恋するモンテカルロ』

montecarlo
出典:http://www.amazon.co.jp/

真面目な田舎娘である主人公が、バイトを頑張って憧れのパリに旅行へ。しかし激安ツアーは災難の連続!落ち込んだのもつかの間、今度は英国資産家令嬢に間違われて、つかの間の優雅なバカンス?!気になる相手も登場して最後はどこへ落ち着くの?!女子3人でおしゃべりしたり、企んだり、慰めあったりと女子会のノリで観れるこの映画。女子会で上映したら、みんなの絆も少しは深まるかも。女子会ムービーとして観れる一作です。

50年前の手紙は自分へのメッセージ『ジュリエットからの手紙』

letter
出典:http://www.amazon.co.jp/

高級誌のニューヨーカーで下働きの調査員として働き、作家を目指している主人公。ニューヨークに高級イタリア料理店を出そうとしているオーナーシェフである恋人とベローナに婚前旅行をするうちに、ロミオとジュリエットの舞台と宣伝している「ジュリエットの家」の壁に50年前に書かれたジュリエット宛の手紙を発見したことがら物語が始まります。実は「ロミオとジュリエット」のジュリエット宛に手紙が世界から何千通と届いているのだとか。そしてその返事を書く人もまた、存在するのです。そんな心温まる背景を下敷きに、主人公が自分へのメッセージを知らず知らずに書き上げていく物語。順風満帆なはずなのに、なぜか満たされない。そんな人に見てほしい映画です。

いかがでしたか?女子会で映画見て女子力アップなんて企画も面白そうですよね。ぜひ手に取ってみてくださいね!

Facebookコメント

Return Top