CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

有村架純と大切なものを探しに行こう・・・!映画『夏美のホタル』をご紹介!

ハートフルな作風で人気の作家・森沢明夫の実体験を基に書いた同名小説を実写映画化した『夏美のホタル』が、6月11日より公開されます。
主演はドラマ、CMで大人気の女優・有村架純ちゃん、監督は『きいろいゾウ』や『娚の一生』などを手掛けた廣木隆一が担当。有村架純ちゃん×廣木隆一監督のタッグといえば『ストロボエッジ』が記憶に新しい方もいらっしゃいますよね!
今回は、有村架純ちゃん×廣木隆一監督の最新作『夏美のホタル』について紹介したいと思います!
natsumi_WP
出会ってくれて、ありがとう。
想いをつなぐ物語ー

夏美は何を見つけるのか・・・

主人公は、写真学校に通う女の子・夏美(有村架純)。
写真家になる夢や恋人・慎吾(工藤阿須加)との関係に思い悩んでいた夏美は、父との思い出の景色を見るために、父の形見であるバイクで一人森へ向かいます。その途中、小さな商店“たけ屋”を営む、通称 地蔵さんとヤスばあさんに出会います。natsumi_sub1
思い出の森で一人キャンプをしていた夏美でしたが、訪れた“たけ屋”でご飯をご馳走になるうちに居候させてもらうことになります。
夏美は、訪れる近所の子供たちにもカメラを向け、遊びながらシャッターを切る毎日を過ごします。そして夏美の後を追ってきた、恋人の慎吾も“たけ屋”で一緒に過ごすようになります。

もう少しで何かを見つけられるかも知れないと、夏美は写真を撮り続けますが、慎吾と考え方にすれ違いが生じ、別れ話になってしまいます。
natsumi_sub2
“たけ屋”に一人残った夏美は、地蔵さんには別れた家族との間に辛い過去があり、埋められない溝を抱えていることを知ります。その矢先、突然地蔵さんが倒れてしまいます。夏美は、地蔵さんの心の空白を埋めてもらうため、ある決断をすることに・・・。
natsumi_sub5
親子、夫婦、家族、友達・・・。“たけ屋”で過ごした日々の中から、誰かを大切に想うことを学び、将来に悩んでいた夏美の心を少しずつ動かします。
それぞれの出会いにより想いが繋がれた時、夏美は何を思い、何を見るのか。
そして、父が伝えたかったこととはー。

キャストをちょこっと紹介!

【有村架純:河合夏美】
数々の賞を受賞し、若手俳優の中でも活躍の場をどんどん広げている有村架純ちゃん。将来の夢に悩み、もがき苦しみながらも成長していく主人公・夏美を見事に演じています。
架純ちゃんは本作の撮影のために、わざわざバイクの免許を取ったそう。バイクに乗る姿にもぜひ注目してみてくださいね!

【工藤阿須加:相羽慎吾】
ドラマ「偽装の夫婦」やNHK連続テレビ小説「あさが来た」などにも出演し、若手実力派俳優として注目されている工藤阿須加くん。夏美の恋人・慎吾を演じています。


本作の主題歌は、女性シンガー・Uruが歌う「星の中の君」。Uruの透明感ある歌声は、自然を映し出す作品の世界観にぴったり!

CinemaGene編集部 『夏美のホタル』を試写で観た感想は?

将来に悩みながらも前に進もうとする夏美の姿に、「私もがんばらなきゃ!」と思える作品です。何かに悩んだとき、人との繋がりがとても大きな助けとなること再認識させられます。
また、本作を観終った後、ぜひ自分が過ごしてきた時間を思い返してみてください。きっとその景色に、自分にとって大切な“存在”が見つけられると思いますよ。

夏美が見たかった父との思い出の景色。それに出会えた時、夏美が流す涙の意味とは・・・。
あたたかい涙が流れるやさしい物語をぜひ劇場で感じてみてください!

★6月20日(月)まで本作のプレゼントを実施中!
詳しくはこちら!

6月11日(土)全国ロードショー!
©2016「夏美のホタル」製作委員会

Facebookコメント

Return Top