CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

天性のウザキャラが開花!いま巷で話題の俳優・ムロツヨシの魅力とは?

アイキャッチ
出典:http://trendy.nikkeibp.co.jp/

続々と出演作が公開され、そのウザキャラで話題を呼んでいる俳優・ムロツヨシをご存知ですか?映画から舞台、ドラマなどその活躍は幅広く、時にはコント番組にも出演します。天性のウザキャラ・ムロツヨシの魅力について出演作とともにご紹介します。

一度見たら忘れられない強烈な個性『HK/変態仮面』

ムロツヨシのウザキャラを印象付けたのがこの作品です。パンティをかぶることで、超人的な能力を発揮する変態仮面を鈴木亮平が演じています。ムロツヨシが演じたのは、変態仮面の敵である大金玉男です。変態仮面と渡り合えるほどの空手の腕前で、変態仮面を苦しめます。

HK2 sub4

2016年5月に続編である『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』が公開されました。こちらでも引き続き大金玉男役を演じています。

恋に悩む平凡な男を演じた『ヒメアノ~ル』

WEB_main

濱田岳演じる岡田とムロツヨシ演じる安藤は、清掃員のパートをしながら生活していました。ひとりの女性をめぐり恋と友情に悩む彼らでしたが、その裏ではある連続殺人事件が発生していたのです。
コメディ要素とクライムサスペンスの交わりが魅力の本作で、ムロツヨシが演じたのは、コメディリリーフとなるキャラクターです。日常を侵食する恐怖が、99分の短尺に詰め込まれています。

山田孝之とも共演した「勇者ヨシヒコ」シリーズ

WS000684
出典:http://xn--919-yi4b9a20a.com/

予算の少ない冒険活劇をうたった作品で、山田孝之が演じる勇者ヨシヒコとその仲間たちが悪を倒すために冒険をする、というストーリーです。発泡スチロールなどで手作りされた敵キャラクターなど、その予算の低さを逆手に取った面白さで人気を呼びました。
ムロツヨシが演じたのは魔法使いのメレブで、パーティ内では比較的常識人の突っ込み役です。しかしそのウザキャラは健在で、しばしば仲間たちからは疎まれています。
「勇者ヨシヒコと魔王の城」「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」に引き続き、2016年10月からテレビ東京系ドラマ24枠で、「勇者ヨシヒコと導かれし七人」の放送が決まりました。

出演だけでなく構成・演出・脚本も手掛ける舞台「muro式」

muro式
出典:http://osakadai.blog.fc2.com/

劇団に所属していないムロツヨシですが、数多くの舞台に出演しています。中でも「muro式」は、出演のみならず、構成・演出・脚本も手掛けている、まさに「ムロツヨシの舞台」となっています。ゲスト演者との掛け合いも見どころのひとつです。
2016年も「muro式.9.5「答え」」と題して、全国で公演を行う予定です。

個性的なキャラクターを数多く演じる「LIFE!~人生に捧げるコント~」

LIFE!~人生に捧げるコント~
出典:http://natalie.mu/

NHKが放送しているコントを中心としたバラエティ番組です。ムロツヨシはseries-1から参加しています。ムロツヨシの持つ演技力と、ウザキャラを数多くのキャラクターで見ることができます。
2016年4月からレギュラー第4弾「series-4」を放送中です。2017年3月までの放送を予定しています。

IMG_7816+_small

天性のウザキャラが開花!いま巷で話題の俳優・ムロツヨシの魅力とは?いかがでしょうか。幅広く活躍するムロツヨシの今後の活躍にますます期待です。

『HK 変態仮面』
©2013 「HENTAI KAMEN」製作委員会

『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』
©あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会

『ヒメアノ~ル』
©2016「ヒメアノ〜ル」製作委員会

【関連記事】
◆森田剛映画初主演作『ヒメアノ〜ル』より、ムロツヨシのキモ頭画像が解禁!
◆来る仕事は拒まない!?俳優「山田孝之」の変幻自在な演技力 

Facebookコメント

Return Top