CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

二階堂ふみが金魚に見える!!とキャスト陣ベタ褒め!『蜜のあわれ』舞台挨拶

金魚と作家と幽霊が織りなす、艶やかで濃密な恋の物語『蜜のあわれ』の舞台挨拶が、4月2日(土)、新宿バルト9にて行われました。
17歳の頃に原作を読み、「蜜のあわれ」映像化と、金魚の少女・赤子を演じる事を熱望していた二階堂ふみは、「ずっと思い続けていた作品がこうしてかたちになって、お披露目する日が来るなんてとても嬉しくて、なんだか不思議な気持ちです。」と感動もひとしおの様子。
二階堂大杉
老作家役の大杉漣は、ちょうど1年前の4月2日がクランクインの日だったと振り返り、
「書斎のシーンで、二階堂さんが自分に『おじさま』と呼びかけるのですが、ああここに金魚が居る、とハッとしました。その時に、きっと味わい深い、良い作品になると確信しましたね。」と思い出を語りました。

金魚売り役の永瀬正敏も「金魚が主役の映画は世界初じゃないかな。ビジュアル化してどうなるのか想像がつかなかったけど、二階堂さんが本当に金魚に見えて来るんですよね」と絶賛。

幽霊役を演じた真木よう子と高良健吾は、自分の演じた不思議な役柄について、
真木ようこ:
「生きていないのに、感情を持っている。人間とは違う複雑な感情表現が難しかったですが、いい経験になりました。純文学作家の狂気と危うさを1ページ1ページめくってみせられているような、不思議な世界観にどっぷりつかって演じましたね。二階堂さんの赤子はとってもプリティ!」
高良健吾:
「芥川龍之介の幽霊役だったのですが、芥川が動いている映像を何度も見て役作りしました。幽霊だというのを逆にあまり意識せず演じましたね。ずっとわくわくさせられっぱなしの、スゴく楽しい現場でした。」
と、感想を述べました。
maki_koura
二階堂は、全編、金魚をイメージした赤い衣装に身を包んでいる。本作のプロモーションでも常に“ドレスコードは赤”で臨んでいた。「赤のイメージが強い作品なので、PRでも赤を来ていましたが、今日で赤おさめですかね。」という二階堂に、「もう1年くらい着続けて欲しい!」と石井監督が懇願。「もう少し、着ようかな」と二階堂が笑顔で答える一幕もあり、終始和やかムードのイベントとなりました。

『蜜のあわれ』作品詳細


赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。
「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」
「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」
奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。 そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬正敏)が3人の行方を密かに見守る中、ある事件が起きて・・・

4月1日(金)より、新宿バルト9他にてロードショー
©2015『蜜のあわれ』製作委員会

Facebookコメント

Return Top