CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

『バケモノの子』からジブリまで。大人が楽しめるアニメ映画4選

サイズ変更
近頃は、大人でも楽しめるクオリティの高いアニメ映画が多数登場しています。『バケモノの子』からジブリまでおすすめのアニメ映画4選です。

この世界には、人間の世界とは別に、もう1つの世界がある。『バケモノの子』

人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街(じゅうてんがい)】。
交わるはずのない2つの世界に生きる、
ひとりぼっちの少年とひとりぼっちのバケモノ。

ある日、少年はバケモノの世界に迷い込み、
バケモノ・熊徹(くまてつ)の弟子となり、九太(きゅうた)という名前を授けられる。
その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まりだった――

■みんなのレビュー
ファンタジーなオリジナルアニメの制作では今やこの人しかいない!と思える細田守監督の最新作です。バケモノと少年が登場する以外ストーリーは分かりませんが、今回は都会が舞台のようです。「サマーウォーズ」、「おおかみこどもの雨と雪」とどちらも田舎が舞台だったので都会とバケモノという設定でどんな展開になるのだろうと今から期待しちゃいますね。/yasu

スタジオジブリが描く真実のかぐや姫『かぐや姫の物語』

竹から出てきたかぐや姫が美しく成長し、男性たちからの求婚をかわし、やがて月に帰っていく様を綴った『竹取物語』。日本最古の物語と言われている『竹取物語』を題材に、姫が犯した罪と罰を描く。
日本最古の物語に隠された真のかぐや姫とは――

■みんなのレビュー
とにかく絵が美しいです。白の背景にパステル調で描かれた自然の美しさに、いつの間にか涙が流れます。地球はこんなに美しい、つらいことも多いけど、生きるってなんて素晴らしい、そう教えられました。ストーリーはみんなが知っている昔話の「かぐや姫」ですが、絵本にはない人々の心の葛藤が物語に深みを与えています。だって、登場人物はみんないい人ばかり。悪人はいません。翁と媼は心から姫の幸せを願っていた、なのに、何故か悲しい結末になってしまう。姫が魅力的な女の子に描かれている分、別れのつらさも増します。でもきっと、彼女はまた地球に帰ってくると思います。赤ちゃんから見守ってきた保護者の1人としてそう信じています。/かりん

300万人の心を掴んだ ちょっと不思議な、ひと夏の感動物語『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』

少年少女6人が抱える葛藤を描いた本作は、見るものすべての
心を掴みその感動は世代性別を超えて瞬く間に広がり、「あの花」現象を生み出した。

なぜ、こんなにも愛されるのか?
なぜ、こんなにも心を掴むのか?

ここには、忘れてしまった大切なことが描かれている。

■みんなのレビュー
母とアニメを見たときにふたりでびーびー泣いた作品の映画で、あれ以上どう話をつなげるのか、と若干不安になりながら見に行きました。アニメのまとめと、そのアフターストーリーといった内容で、まぁまぁといったところです。アニメの内容が素晴らしかっただけに、映画が若干蛇足かんあったようにも思えましたが、見てよかったとは思います。作画もアニメ同様とてもきれいで、アニメをもう一度見たくなるような作品でした。/ルチル

運命に引き裂かれた真実の愛『アナと雪の女王』

アレンデール王国の姉妹、優雅な姉エルサと快活で愛らしい妹のアナは、幼い頃にはいつ­も一緒に遊んでいた。エルサには雪を作りだし触れるものを凍らせる秘密の力があり、次第に強くなるその力を制御すること­が難しくなったエルサは、愛するアナを凍らせてしまうことを恐れ、自分の世界に閉じこ­もる。姉の思いを知らないアナは、彼女の冷たい態度に戸惑い悲しむが、時の流れと共に­いつしか疎遠な関係に慣れていった。同じ城の中で引き裂かれたまま暮らす二人は、美し­い女性に成長していく。悲劇は、エルサの戴冠式の日に起こった──

■みんなのレビュー
私はディズニー作品が大好きで、この映画の上映を楽しみにしていました。この映画の良さはストーリーはもちろんですが、映画の挿入歌が更に映画を引き立たせています。エルサが8歳の時に妹のアナと魔法でふざけ合っていた時に、ふいにアナの頭に魔法を当ててしまい意識不明になり、回復しますがエルサは自身の魔法を恐れて部屋に閉じこもります。その時、妹のアナが「雪だるま作ろう」と歌に合わせて誘う姿が大好きです。この映画を見てから「ありのまま」と言う言葉が大好きになりました。自分を無理に飾らず、自分らしい姿で生きていこう、何かに挑戦していこうと毎日楽しく過ごしています。この映画はディズニー映画の中でも最高にすばらしい映画でした。/ぽお38

「バケモノの子」
2015年7月11日(土)ROADSHOW
(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

「かぐや姫の物語」
11月23日(土・祝)より全国東宝系にてロードショー
(C)2013畑事務所・GNDHDDTK

「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
8月31日(土)、新宿バルト9 ほか 全国公開
(C)ANOHANA PROJECT

「アナと雪の女王」
2014年3月14日(金) 2D・3Dロードショー
(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

Facebookコメント

Return Top