CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

門脇麦ちゃんの行動から学ぶ。『二重生活』“哲学的尾行”とは?

フランスの女性現代美術家であるソフィ・カルの「文学的・哲学的尾行」という行為をモチーフに、直木賞作家・小池真理子が創作した長編小説「二重生活」。
この原作を、国内外で数多くの賞を受賞している映像作家・岸善幸が大胆に脚色し実写映画化しました。
主人公を演じるのは、『愛の渦』でヒロイン役に抜擢され、大胆な濡れ場に挑戦し話題を呼んだ門脇麦ちゃん。本作が単独初主演となります。
“出会ったことがない、知的興奮を呼び覚ます”映画『二重生活』をご紹介したいと思います。
main

尾行のルール
「対象と接触してはいけない。接触すれば尾行ではなくなる」

大学院で哲学を学ぶ学生・珠(門脇麦)は、ゲームデザイナーの恋人・卓也(菅田将暉)と同棲をし、穏やかで平凡な毎日を送っていました。

眠る珠と卓也にドキッとしますね。

眠る珠と卓也にドキッとしますね。

大学院で哲学を学ぶ珠は、担当教授である篠原(リリー・フランキー)のもとで、修士論文の準備を進めます。
珠自身の中で腑に落ちない部分があり、その悩みを篠原に打ち明けると、ひとりの対象を追いかけ、生活や行動を記録する「哲学的尾行」の実践を持ちかけられました。

本当にこういう教授、居そうですね。

本当にこういう教授、居そうですね。

興味本位から珠は、隣人の石坂(長谷川博己)の後を追います。
気付かれない距離を保ちながらコーヒーショップに入ったり、人気のないビルの陰で石坂と女性がキスをしているのを目の当たりにしたり・・・。
この時、珠は誰も知らない石坂の秘密を知り、その“禁断の行為”に興奮を覚えるのでした。

その日を境に、修士論文の題材として、珠は尾行を取り入れることに決めます。

怪しい雰囲気が漂ってますね・・・。

怪しい雰囲気が漂ってますね・・・。

半信半疑で始めた尾行であったが、石坂の秘密が明らかになるにつれ、その禁断の行為に異常なほどの胸の高鳴りを感じるようになった珠。
一つ一つ石坂の行動をメモし、尾行することに必死になっていきます。卓也に嘘をつき、論文のリサーチがあるという理由で外出し、尾行にどんどんのめり込んでいき・・・。

尾行する者の視点と、尾行する者を見つめる視点。
やがて見えてくるいくつもの物語とはー?

キャストが語る、岸善幸監督とは?

【門脇麦ちゃん】
これまでの作品をいくつか拝見していて、いつか是非ご一緒したいと思っていたので、嬉しかったです。岸さんの素晴らしいところは、優しさの中にきっちりと残酷さがあるところだと思います。監督なら当たり前かもしれませんが、情がわいてきて揺れる部分を冷静に遮断できる方だなと感じました。

【長谷川博己さん】
静かなサディストです(笑)こんなことを申し上げたら怒られそうですけど、ある意味石坂には、岸監督の要素が反映されているのかもしれません(笑)岸監督は作家としてとても懐の深い方です。ご自身が書かれた脚本に手を加えることを厭わず、役者の意見にもしっかり耳を傾けてくださいました。

【菅田将暉くん】
実際にご一緒した岸監督はとても人当たりがいいのに、こういう映画を撮ってしまうとは、監督の中には悪魔が宿っていますよね。モテると思います。かっこいいなと思いました。声もいいですし、みんなが監督のことを好きになるんです。女優さんだったらやばいかもしれない。

予告編で『二重生活』をしっかり予習!


珠の「理由なき尾行」が、どのような結末となるのか・・・。
気になる予告編になっていますね。

CinemaGene編集部
『二重生活』を試写で観た感想は?

「理由なき尾行、はじめました。」という言葉に、暗いのかな?怖いのかな?なんて思いながら観に行きました。教授が「尾行」を提案してきたシーンには、そんなトーンで言うような話じゃないだろ!と注意したくなるような感覚にさえなりました(笑)
しかし、珠の石坂を尾行する姿に、「自分が尾行をするとしたら、どうやって気付かれないようにするかな」などとそのスリルに引き込まれてしまっている自分がいました。誰も知らない他人の秘密を知ることに、危険を感じながらものめり込んでしまうという心理には、納得するしかありませんでした。「哲学的尾行」を通じ、珠が何かを見つけ成長していく姿を観て、みなさんも何か一つ“心の興奮”を感じることが出来るのではないかなと思います。

“二重生活”の向こう側に見え隠れする登場人物たちの孤独が、日常を徐々に浸食していく様はハラハラドキドキ!
門脇麦ちゃん演じる主人公・珠の心の変化と成長を、ぜひ劇場でご覧ください。

2016年6月25日(土)新宿ピカデリー他全国公開
©2015「二重生活」フィルムパートナーズ

 

【関連記事】
◆門脇麦+菅田将暉のカップル寝顔ショット!『二重生活』場面写真解禁!
◆菅田将暉が映画『二重生活』で美少女キャラを描くゲームデザイナーに!?
◆小松菜奈×菅田将暉がキス寸前!?映画『溺れるナイフ』特報&ティザービジュアル解禁!

Facebookコメント

Return Top