CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

小松菜奈×菅田将暉がキス寸前!?映画『溺れるナイフ』特報&ティザービジュアル解禁!

累計150万部を突破した、ジョージ朝倉による伝説的少女コミックを、小松菜奈×菅田将暉のW主演で実写映画化!11月公開予定の映画『溺れるナイフ』の特報映像がついに解禁!主演2人のキス寸前シーンも…!?

今回解禁となったティザービジュアルはこちら!
m0000000834_pos
また、特報では、空と海を背景にバイクを飛ばす夏芽とコウの姿が印象的な冒頭シーンが映し出されています。他にも森や水中など、大自然に溶け込む2人の姿が幻想的で美しいですね!

『溺れるナイフ』作品紹介

東京で雑誌モデルをしていた美少女・望月夏芽(もちづきなつめ)は、ある日突然父の故郷である浮雲町(うきぐもちょう)に引っ越すことになる。東京から遠く離れた田舎町には刺激がなく、自分が欲する「何か」から遠ざかってしまったと落ち込む夏芽だったが、その土地一帯を取り仕切る神主一族の末裔で跡取りである長谷川航一朗(はせがわこういちろう:コウ)に出会い、強烈に惹かれていく。意地悪で気まぐれでエキセントリックな彼に反発しつつも、彼の発光するような神々しさに心を奪われ、いつか「コウちゃんはわたしの神さん」だと思うようになる。コウもまた、田舎では類を見ない夏芽の美しさに自分と同種の力を感じていく。徐々に気持ちを通わせていくふたり。「一緒にいれば無敵!」とさえ思っていた矢先、運命を変える出来事が起こる・・・。

小松菜奈、菅田将暉をちょこっと紹介!

コウとの出会いで何かが変わっていく主人公・望月夏芽役を演じるのは、『近キョリ恋愛』(14)、『バクマン。』(15)などの話題作に数多く出演し、その圧倒的な存在感で見る者の心をつかんで離さない若手演技派女優、小松菜奈。数多くの作品でヒロイン役を演じてきましたが、今回が<初>主演映画となります。
そんな夏芽に惹かれあう神主一族の跡取り息子・長谷川航一朗(コウ)役には、今最も注目を集める若手きっての実力派俳優、菅田将暉。恋愛映画としては<初>主演となり、この二人によるW主演となります。

小松菜奈×菅田将暉という今をときめく旬の2人が主演する本作品、今から公開が待ち遠しいですね!

『溺れるナイフ』
2016年11月 全国ロードショー
©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会

Facebookコメント

Return Top