CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

“笑撃”の撮影秘話連発に1,500人が大興奮!映画『銀魂』小栗旬、菅田将暉、橋本環奈ら、超豪華キャスト登壇のジャパンプレミア開催!

7月14日(金)より公開される映画『銀魂』の豪華キャスト&監督総勢“15名”が登壇したジャパンプレミアイベントが6月28日(水)東京ドームシティホールにて開催されました!
爆笑と熱狂に包まれた大盛況のイベントの模様をレポートします!

「夏だ!祭だ!!銀魂だ!!!」爆笑&熱狂のジャパンプレミア開催!!

豪華キャスト&監督が特製浴衣で登場!

日本中が公開を待ち望む中、本イベントにて一般初上映となった映画『銀魂』。“夏だ!祭だ!銀魂だ!”のテーマに合わせ、浴衣、お面、鳴り物等夏祭りグッズを持参した来場者も多数見受けられるなど、イベント前から期待に胸を膨らませる約1,500人の来場者たちの熱気で包まれる会場。壮大なナレーションと共に、劇中映像がスクリーンに映し出されるド派手な演出でイベントはスタート!

主人公・坂田銀時を演じた小栗旬さん

割れんばかりの大歓声と共に、主人公・坂田銀時役を務めた小栗旬さん、志村新八役の菅田将暉さん、神楽役の橋本環奈さんの万事屋3人組をはじめ、柳楽優弥さん、新井浩文さん、吉沢亮さん、早見あかりさん、ムロツヨシさん、長澤まさみさん、岡田将生さん、佐藤二朗さん、菜々緒さん、安田顕さん、中村勘九郎さんら超豪華キャストと福田雄一監督の総勢15名が姿を現すと、会場のボルテージは最高潮に!

志村新八を演じた菅田将暉さん

「普段ぐうたらだけど、守るべき者のために戦うという所がやっぱり、かっこいいし魅力的ですよね」と自身が演じた銀時について語る小栗さん。志村新八を演じた菅田将暉さんが「京都で美味しいものを食べましたよね?銀魂音頭を小栗さんがやろうと言い出したのもその時ですよね!」と大反響を呼んだ特別映像“銀魂音頭”誕生秘話を披露。

神楽を演じた橋本環奈さん

“鼻ほじ”に“ゲロ吐き”シーン、また激しいアクション等に挑戦した神楽役の橋本環奈さんが「監督が演ってくれる表情をどれだけ忠実にできるのかということをいつも考えていました」と撮影を振り返ると福田作品には欠かせない常連のムロツヨシさんと佐藤二朗さん、そして福田監督の愛に溢れた”いじり”が飛び交い場内からは笑いが!

左から吉沢亮さん、柳楽優弥さん、中村勘九郎さん

“何か苦労したことは?”との質問に、「(真夏の撮影でしたが)殆どのシーン、僕はずっと裸だったので大変なことなどなかったです(笑)」と近藤勲役を務めた中村勘九郎さんが答えると「最初のシーンがハチミツまみれな姿だったから(笑)なんか…」と小栗さん。「ずっとふんどしにハチミツを集めていて…“飛びかかる時にここからハチミツ散らしたい!”って言ってて(笑)」と菅田さんが続けるとそれを受けて土方十四郎役の柳楽優弥さんも「結構シリアスなシーンで、中村さんが裸で…(笑)4回NG出しました…」と“笑撃シーン”の撮影秘話を明かしました。
「原作ファンの方々の反応が本当に怖かったです」と沖田総悟役の吉沢亮さん。監督が「でも、キャラクタービジュアル解禁の時、すごい評判よかったよ」とコメントすると照れた表情を見せ、場内からは黄色い声援が!

早見あかりさん(左)と安田顕さん(右)

左から新井浩文さん、菜々緒さん、佐藤二朗さん

「本当に明るくて、楽しい撮影現場でしたね。いい夏の思い出ができたと思います」と村田鉄矢役を務めた安田顕さん。鉄矢の妹・鉄子を演じた早見あかりさんは安田さんとの共演シーンについて「とにかく笑いを堪えるのが大変でした」と語り、岡田似蔵役・新井浩文さんからは「ウチと小栗くん、橋本さんと菜々緒ちゃん、二朗さんとダースー(菅田)のアクションシーンがあるんですけれど、二朗さんとダースーだけ撮影超楽だったんですよ!」と佐藤さんと菅田さん、そして福田監督へのクレームが!続けて、来島また子役を演じた菜々緒さんも「本番中に二朗さんの演技に思いっきり笑っちゃったんですけど、監督は『そこはカットするから大丈夫』って言ってたんですよ。完成した映画を見て愕然としました…絶対使わないって言ってたのに!」と、福田監督へのクレーム大会に!

長澤まさみさん(左)と岡田将生さん(右)

新八の姉・志村妙を演じた長澤まさみさんは「私が演じた妙は振り幅がすごく広い女性なので。優しい面と激しい面の演じ分けが難しかったです」とコメント。役作りに関して質問された桂小太郎を演じた岡田将生さんが「桂の役はもう“地”みたいなものです(笑)僕は今まで役柄通りにクールに生きてきたので…」と話し始めるとすかさずムロツヨシさんが茶々を入れ、「(岡田さんが)一番先に出てきたのに、全然喋ってないんだから!」と笑いを誘う一幕も。

福田雄一監督(左)とムロツヨシさん(右)

平賀源外役のムロツヨシさんは、「小栗くんと一緒に撮影して、肩パンしていいよって言われたので、バンバン肩パンしました(笑)」と撮影の裏話を披露。武市変平太役の佐藤二朗さんと福田監督はイベント中、誰が喋っていてもカットインし、常に一同大爆笑。監督が自身の名前が入ったうちわを持った来場者を見つけ、「本当に嬉しい!こういうのが支えになる」と喜びを露わにすると、すかさず佐藤さんが「すぐ捨ててください」と呼びかける即興漫才のような駆け引きに、会場は終始笑いに包まれました。

福田監督「堂本剛に怒られました…」止まらない撮影裏話!

終始笑いに包まれたトークセッション

本編の見どころでもあるアクションシーンの話題になると、新井さんと橋本さんから「福田監督はアクションシーンの撮影中ずーっと携帯をいじっていた」と暴露される一幕も!
福田監督は「1回完全に寝てしまったことがあったんですけど(笑)突然、体に水をかけられて!そしたら目の前に(堂本)剛がいたんですよ!すんごい怒られました」と高杉晋助役の堂本剛さんとのエピソードも披露。

締めの挨拶として、主演の小栗さんがこれから映画を見るみなさんに向けて「はい、こんな映画です(笑)今見てて色々伝わったと思いますが、こんなのの続きです。楽しいと思います」とコメント。
最後に、「夏だ!祭だ!銀魂だ!」の小栗さんの掛け声と共に、盛大にキャノン砲が発射されイベントは終了。終始笑いが耐えることなく、映画公開前から“銀魂”愛に溢れた来場者たちとまさに“お祭り騒ぎ”で濃密な時間を過ごした豪華ジャパンプレミアは、大盛況のうちに幕を閉じました。

映画『銀魂』予告編&ストーリー

銀髪天然パーマのぐうたら侍、でも仲間を護るためにはキリッと光る
“万事屋銀ちゃん”こと坂田銀時とその周りで起こる大騒動。
そして、不可解に絡み合う謎の事件…。

幕末の江戸、鎖国を解放したのは黒船――ではなく、エイリアンと宇宙船だった!
今や地球人と宇宙からやってきた天人(あまんと)が共に暮らす、将軍おひざ元の江戸・かぶき町。ここで、なんでも屋「万事屋(よろずや)」を営む銀時は、従業員の新八や居候の怪力美少女・神楽といつものようにダラダラした午後を過ごしていた。だが、ぼんやり見ていたTV番組のニュースで、カブトムシ狩りで一攫千金できると知り…、てんやわんやの大騒動で幕が開く!
ある日、万事屋に仕事依頼が舞い込む。江戸で暗躍する攘夷志士の桂が謎の辻斬りの凶刃に倒れ行方不明になったというのだ。
その影にうごめくのは、「人斬り似蔵」の異名を持つ浪人・岡田似蔵。そしてかつて銀時と共に攘夷志士として救国のため戦った高杉晋助。
捕らわれた仲間を救出するため、この世界を護るため――満身創痍の銀時はひとり、走り出す。江戸の空に浮かぶ戦艦で、一世一代の大バトルが始まろうとしていた――!

■脚本/監督:福田雄一
■出演:小栗旬 菅田将暉 橋本環奈
■原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
■製作:「銀魂」製作委員会
■制作プロダクション:プラスディー
■配給:ワーナー・ブラザース映画
映画『銀魂』公式サイト
©空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会

【関連記事】:
◆映画『銀魂』新参加キャスト発表!“山寺宏一”がアニメ版と同役で息を吹き込む!少年時代の銀さんを写した新場面写真も!
◆柳楽優弥×吉沢亮があの名エピソードを忠実に再現!dTVオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」映像初公開!

Facebookコメント

Return Top