CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

映画『青空エール』の主演にも抜擢!今最も旬な女優・土屋太鳳のおすすめ出演映画作品

orange_press_2_omote

NHK連続テレビ小説「まれ」で大ブレイクを果たした若手女優・土屋太鳳さん。8月には主演を務める『青空エール』の公開も決まっている、今最も旬な女優の1人です。今回は、土屋太鳳さんのフレッシュな魅力を堪能できる映画をご紹介します。

13歳でのデビュー作『トウキョウソナタ』

d0136354_24196
出典:http://nyckingyo.exblog.jp/

土屋太鳳さんが、13歳の時にスクリーンデビューを果たした作品です。東京に住む家族がそれぞれ抱える秘密と、それらが引き起こす家庭崩壊、そして再生を描いています。カンヌ国際映画祭ではある視点部門審査員賞を受賞しました。土屋太鳳さんの役どころは、香川照之さん演じる主人公・佐々木竜平の友人黒須の娘・黒須美佳です。セリフや出番はデビュー作ということもあり少ないですが、そのまなざしや立ち居振る舞いからは黒須美佳の心情が強く伝わり、印象的な存在となっています。

活発な幼馴染役を熱演『釣りキチ三平』

釣りキチ三平
出典:http://lmoromoro.tumblr.com/

土屋太鳳さんの映画出演2作目は、人気漫画「釣りキチ三平」の実写映画化です。主人公三平と兄弟のように育った幼馴染、高山ユリ役を演じています。釣り名人の三平とその祖父一平が、スランプに陥ったプロの釣り師・鮎川魚紳、そして三平を釣りから話そうとする愛子の4人が、三平の将来をかけて幻の大魚を釣りに行くというストーリーの中で、活発で見ている側に元気を与えてくれるようなユリを見せてくれています。

ドラマに引き続きキーパーソンとなる女子生徒役を演じた『映画 鈴木先生』

img_3_m (1)
出典:http://elsmere32.rssing.com/

もともとは深夜ドラマだったこの作品。ドラマが業界から高い評価を受けたことで、映画化に結び付きました。鈴木先生が中学校を舞台に様々な問題を解決していく様子を描いた作品で、土屋太鳳さんは、ヒロインにあたる小川蘇美を演じています。鈴木先生から「カミサマ」とあがめられ、その可憐な容姿で多くのクラスメイトを虜にしている少女です。クールビューティーと評される一方、空手の経験者という面も持つミステリアスな雰囲気を表現しています。

行動派のくノ一役!『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最後編』

日本のみならず、アジア各国で大ヒットを記録した『るろうに剣心』で土屋太鳳さんは恋する凄腕くノ一巻町操役を演じました。アクションシーンが話題となった本作で、キレのいいアクションを披露しています。すべてのアクションを、スタントを使わず自分で行いました。アクションのひとつひとつにも巻町操の感情が込められています。

未来を変えようとする高校生『orange-オレンジ-』

ある時、土屋太鳳さん演じる高宮菜穂のもとに一通の手紙が届きます。それは10年後の自分からのもので、これから起こること、それを防いでほしいことが書かれていました。
高宮菜穂が恋する成瀬翔を演じるのは、「まれ」で夫婦役を演じた山崎賢人さん。ふたりは再びの共演となりました。土屋太鳳さんは本作で、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

土屋太鳳主演の次回作は、ひたむきな「青春」ストーリー!『青空エール』

Basic RGB
8月には人気少女漫画家・河原和音の代表作を映画化した、『青空エール』のヒロイン・小野つばさ役にも大抜擢!
ブラスバンドの応援に憧れる小野つばさは、吹奏楽部の名門・白翔高校に入学します。しかし、トランペット初心者のつばさ。レベルの高い猛練習についていけず、何度も挫折しそうになってしまいます。そんなつばさを勇気づけてくれたのが、クラスメートで野球部員の山田大介。お互い夢に向かって励まし合うふたりは、ある「約束」をかわします。それは、いつか甲子園に大介が出場し、アルプススタンドでつばさがトランペットで応援すること。いつの間にかつばさには、大介へのほのかな想いが芽生えていました――。

今後も主演を務める作品が続々決定している土屋太鳳さん。
これからの活躍がますます楽しみです!

『トウキョウソナタ』
©2008 Fortissimo Films/「TOKYO SONATA」製作委員会

『釣りキチ三平』
©2009「釣りキチ三平」製作委員会

『映画 鈴木先生』
©2013 映画「鈴木先生」製作委員会

『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最後編』
©和月伸宏/集英社 ©2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会

『orange-オレンジ-』
©2015「orange」製作委員会 ©高野苺/双葉社

『青空エール』
©2016 映画「青空エール」製作委員会
©河原和音/集英社

Facebookコメント

Return Top