CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

女の子としてマナちゃんに共感!『全員、片想い』「嘘つきの恋」新川優愛さんインタビュー

「片想い」をテーマに描いた8つの短編作品を集めた映画『全員、片想い』が7月2日(土)から公開されます。
8つのエピソードのうちの1つ、嘘から始まる恋を描いた「嘘つきの恋」で主人公・マナ役を演じた新川優愛さんにお話を伺ってきました!

shinkawa_01

Q:本作の出演が決まった時の感想を教えてください。

新川さん:
短編が8作品あるという、今まで参加したことのないタイプの映画だなと興味を持ちました。
出演するキャストが今をときめく俳優さん女優さんばかりなので、その中に参加させていただくことはありがたいなぁと思いましたし、嬉しかったです。

Q:マナちゃんは、どんな女の子だと思って演じましたか?

新川さん:
台本を初めて読んだ時、遊んでいる振りとか、彼氏がいると嘘をつくとか、「なんでそこでそう言っちゃうの?」という思いがあったんですけど、読めば読むほどマナちゃんに限らず片想いって、好きな人だからこそ素直に言えない部分があるなぁと思いました。
これが何でもない友達だったら素直に言えていたことや、相談できていたことが、好きという感情が入るだけで素直になれなくて…。つかなくていい嘘をついてしまう、強がらなくていいところで強がってしまうとか、ちょっと空回りしてしまうことは誰しも経験あることだと思ったし、私自身も過去に経験したことがあったので、台本を読んでいくうちに「うん、わかる、しんどいよね。」って、同じ女の子として共感するものがありました。
そこから自分の中で「どう作っていこうかな。」と考えて、役作りをしました。

uso_02

Q:女の子ならみんな共感できるシーンが多かったですね。

新川さん:
女の子って恋しちゃうと好きな相手からのメッセージや、たった一行の言葉で嬉しくなったり、悲しくなったり…。なんか知らないうちに振り回されちゃうというか、相手の言うことを真に受けるところがあると思うんです。
マナちゃんを通してみんなに「わかる、わかる!」と共感していただけたらいいなと思います。

shinkawa_02

Q:役作りについて、監督からの指示はありましたか?

新川さん:
藤井監督は、話しやすい環境を作ってくださったので、疑問があればその都度、ちゃんと意見交換をしてくださったり、「一回これでやってみてもいいですか?」とか自由にチャレジさせてくれる監督で、とても演じやすかったです。
志尊さんと、3人で相談した時もお兄ちゃんみたいに、いろいろ意見を聞いてくださったので、安心して演じることができました。

uso_03

Q:現場の雰囲気は?

新川さん:
登場人物が、私と志尊さんのほぼ2人だけの現場だったので、私たちで現場の雰囲気が良くも悪くも変わるんだなと思っていました。
人見知りな方なんですけど、場を和ませることが大事だなと感じていたので、出演者同士も、スタッフさんとも、たくさん会話をするようにしました。

shinkawa_03

Q:新川さん自身は「片想い」するとどうなりますか?

新川さん:
そんなに変わらないんじゃないかなと思うんですけど…(笑)。
「好きです」とダイレクトに言うってことではないんですけど、好意があるよということは伝える方ですね。
草食系男子という言葉をよく聞きますけど、女の子の方がサバサバして、男子の方がなかなか言えないというイメージが強いので、自分が言わないと良くも悪くも進展しないのかな?と思いますね。
まず動いてみないとわからないので、気持ちをわかりやすく伝えると思います。

Q:毎日お忙しいと思いますが、仕事を頑張る原動力は?

新川さん:
そうですね…。
ちょっといい入浴剤買ってみたり、美味しいケーキを買ってみたり、ちっちゃいご褒美を自分にあげるようにしています(笑)。

shinkawa_04

Q:最後に、ご覧になる方にメッセージを。

新川さん:
8つエピソードが集まった作品なので、共感いただける物語や、恋をしたくなるような物語もあるので、切なくなったり嬉しくなったり、たくさんキュンキュンしていただけたらと思います。

「嘘つきの恋」

「嘘つきの恋」

「嘘つきの恋」
主演:新川優愛、志尊淳
脚本:永田琴
監督:藤井道人
ⓒ 2016「全員、片想い」製作委員会
映画『全員、片想い』は7月2日公開

Facebookコメント

Return Top