CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

【映像解禁!】ピクサー史上初!大物シンガー八代亜紀が“本人役”で出演!

7月16日(土)から公開される『ファインディング・ドリー』から、またまた映画を観るのが楽しみで仕方なくなる!驚きのニュースが届きました!

『ファインディング・ドリー』の劇中には、仕込まれた様々な“笑いの仕掛け”がありますが、中でも、日米の大物スターが驚きの方法で登場するカメオ出演シーンが…。

カメオ出演する大スターって誰!?

八代亜紀の初登場シーン…セリフは?

八代亜紀の初登場シーン…セリフは?


忘れんぼうのドリーが唯一忘れなかった家族の思い出を探すため、禁断の《人間の世界》で大冒険を繰り広げますが、そこでドリーが迷い込むのが、海洋生物研究所。
同研究所は病気やけがをした海の生き物を保護し、併設した水族館で展示も行う保護施設ですが、この海洋生物研究所のアナウンス役として、各国の有名スターが“本人役”として登場するのですが、日本語吹替版ではなんと!大物歌手・八代亜紀さんが抜擢!
著名なタレントが“本人役”として登場するのはディズニー/ピクサー史上初めてのことなんですよ!

本作の日本版エンドソング「アンフォゲッタブル」を歌い、声優にも初挑戦すると発表されていた八代亜紀さん。しかし、その役柄は明かされていなかったのですが、今回、八代さんの役柄と登場シーンが解禁され、まさかの“八代亜紀本人役”で出演することが分かりました。

八代亜紀、“本人役”として淡々と演じるのは難しい!?

まさかの本人役で登場という役柄を知った八代さんは「アニメーションで八代亜紀役の出演は初めてでした。八代さん!とドリーが言うセリフにはびっくりしましたね」とドリーとの共演に嬉しそうな様子。
さらにドリーが自分の名前を呼ぶことについて、「ドリーのセリフを聞いてとても面白いなって思いました。なんか不思議な感じでしたね。これからどうなるのかなとワクワクしました」と感想を述べていました。
声優の難しさについては、
「監督に八代亜紀の“声”のまま淡々とした感じでと言われたんです。歌ではずっと抑揚をつけるということを何十年もしていますから、抑揚がいらないと言われてとても難しかったですね」とのこと。
字幕版は大物女優のシガニー・ウィーヴァ―が演じているので、日本語吹替え版の八代さんの声と比べてみるのも楽しいかもしれませんよ!

忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れられなかった<家族の思い出>とその秘密を求めて、ニモやマーリンに加え、ハンク等の新たな仲間たちと共に《人間の世界》を冒険します!
この夏一番の注目作『ファインディング・ドリー』は、いよいよ7月16日(土)より日本公開です。

© 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

Facebookコメント

Return Top