CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

EDMに興味のあるあなたにオススメしたい、若きフランスのDJを描いた映画


90年代のパリを舞台に、エレクトロ・ミュージック・シーンを彗星のごとく駆け抜けたDJの物語。EDMに興味のある人にオススメしたい、音楽に彩られた映画『EDEN/エデン』。

若者の情熱が加速する

エデン-1
大学生のポールは、卒論そっちのけで音楽、とりわけガラージにハマっている音楽好き。
親友のスタンと共に、DJデュオ「Cheers」を結成するやいなや、パリのクラブシーン席巻する存在となり、一気に成功の階段を駆け上がっていきます。。

音楽さえあれば、僕らの楽園は永遠に続くと思っていた―

エデン-2
彼らの求める音楽が世間の求める音楽となり、エレクトロなビートに囲まれた彼らの楽園(EDEN)で仲間たちと音楽で遊ぶ最高の時間。
その楽園は、永遠のものかと思われていたが…

少しずつ狂っていく楽園のバランス

エデン-3
成功を手に入れたポールは、少しずつ大人になっていく仲間たちに取り残され、やがて酒とドラッグにおぼれていきます。
さらなる高みに上っていくかつての仲間、方や徐々に堕ちていくポール。
その栄光と挫折の対比を、90年代のクラブミュージックと共に描いていきます。
現在も活躍中のダフト・パンクが、成功をつかむかつての仲間として登場しています。

ポールは実在の人物?

エデン-4
この作品は、女性監督ミア・ハンセン=ラヴによるものですが、彼女の8歳年上の兄、スヴェン・ハンセン=ラヴこそが、ポールのモデルとなった人物です。
彼は20年間DJとして活躍し、現在は作家として本作の脚本にも参加しています。
実体験に基づく脚本が、栄光と挫折に二分された若者たちの心情をリアルに描いています。
EDM(エレクトロニックダンスミュージック)やダフト・パンクが好きな方にはオススメです。

『EDEN/エデン』
2015年9月5日(土)より新宿シネマカリテ他全国順次ロードショー
©2014 CG CINEMA-FRANCE 2 CINEMA-BLUE FILM PROD-YUNDAL FILMS

Facebookコメント

Return Top