CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

AI「選ばれたのは運命」映画『コウノトリ大作戦!』日本語吹替版主題歌に決定

『ファインディング・ニモ』 『モンスターズ・インク』 『トイ・ストーリー』など、数々の名作を生みだしたアニメーターのダグ・スウィートランド監督が贈る最新作、映画『コウノトリ大作戦!』が、11月3日(木・祝)より全国公開されます。

この度、【コウノトリが赤ちゃんを運んでくる】という寓話を基に描かれる、大空を舞台にした壮大な物語である本作の日本語吹替版主題歌を、AIさんが担当することが発表されました。

主題歌は、AIさんの歌う「HEIWA」

主題歌は、AIさんの歌う「HEIWA」

家族愛を描く協力タッグ

AIさんは、2015年8月28日に、3150グラムの元気な女の子「平和ちゃん」を出産。
本作の日本語吹替版の主題歌「HEIWA」は、「平和ちゃん」の誕生を祝って、海外のプロデューサーからAIさんへプレゼントされた。1つの命が誕生する事の素晴らしさや、母となり大切な命を守る母性を知ったことで、AIさんの唄声は、今まで以上に力強く、時に優しく心に響き渡るサウンドへと進化しています。
本楽曲は出産後初のシングルとして11月2日に発売することも決定しています。

【AIさんのコメント】
この曲が「コウノトリ大作戦!」の主題歌になったことは運命だと思ってます。
本当にぴったりすぎて嬉しい!!
この曲は私にとってすっごく大切な曲で自分の曲の中でも歌ってて一番泣けてくる曲かもしれません。
本当に自分の赤ちゃんが生まれた時の感情をそのまんま歌ってます。
子供への想いがいっぱい詰まった曲です。
是非、映画とともに想いを込めまくったこの曲も聴いてくださいね!!

この秋一番の、笑って泣けるアニメーション!『コウノトリ大作戦!』


ひとりっ子で遊び相手がいないネイトの夢は、まだ見ぬ弟と忍者遊びをすること。
ある日、物置小屋で古びた「赤ちゃん申込書」を見つけたネイトは、大喜びで「赤ちゃん」を申し込みます。「赤ちゃん申込書」が届いたところは、コウノトリ宅配便社。ところが売上重視になっていた会社は、すでに「赤ちゃんお届け」を禁止していました。そのきっかけとなったのは、昔のある大事件・・・。ところが、ある手違いから、可愛い赤ちゃんが誕生してしまいます。配達係のコウノトリ、お人好しのジュニアは、会社に内緒で赤ちゃんを届ける決心をするのでした。でも冒険には危険がいっぱい。迫り来る社長のスパイ、襲い来る“赤ちゃん好き”のオオカミの群れ・・・おかしなトラブルに巻き込まれながら奮闘する、ジュニアの「赤ちゃんお届け大作戦」が始まります! 

本作の日本語吹き替え版の主題歌として、映画のラストシーンから劇中でも使用される予定となってます。
アンジャッシュの2人が吹き替えを務めることに続き、今回の楽曲提供という連続した大型企画に、今後の展開からも目が離せません!
『コウノトリ大作戦!』は、11月3日(木・祝)全国ロードショー!!

©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

Facebookコメント

Return Top