CinemaGene(シネマジーン)

本編映像盛りだくさん!走る小松菜奈と、さえない魅力の大泉洋に注目!映画『恋は雨上がりのように』MV完成♡

5月25日(金)公開の映画『恋は雨上がりのように』より、本編映像を使用したミュージックビデオが解禁となりました!

本編映像盛りだくさん!走る小松菜奈と、さえない魅力の大泉洋に注目!映画『恋は雨上がりのように』MV完成♡

2014年に「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて連載を開始するやたちまち話題となった「恋は雨上がりのように」(原作:眉月じゅん)。登場人物たちの繊細な心情を描いたストーリーが共感を呼び、今もっとも注目を集めるコミック“恋雨”が待望の実写映画化!

主人公の【あきら】を演じるのは、当代随一の若手実力派女優・小松菜奈さん。その【あきら】に片想いされるファミレス店長【近藤】を演じるのは、多方面で活躍する大泉洋さん。さらに、清野菜名さん、磯村勇斗さん、葉山奨之さん、松本穂香さん、山本舞香さん、濱田マリさん、戸次重幸さん、吉田羊さんら、若手からベテランまで実力派キャストが集結。監督は、『帝一の國』(2017)の永井聡監督。

この度、主題歌「フロントメモリー」が5月11日(金)より先行配信開始されるのに先駆け、ミュージックビデオが解禁!このMVは永井監督が制作し、原作者が“恋雨”のテーマソングと位置づける「フロントメモリー」の楽曲にのせて、映画本編の映像をふんだんに使用した贅沢なMVとなっています。

元陸上部員の主人公・あきら(小松菜奈)が、全編にわたって、とにかく走る!疾走感溢れる楽曲にのって颯爽と駆ける小松さんの姿は、まさに爽快そのもの!また、あきらがアルバイト先のファミレスの店長・近藤(大泉洋)に片想いを募らせていく様子が、あきらの目線で丁寧に紡がれていきます。あきら目線で追うことで、20歳以上年の離れたさえない店長が、いつの間にか魅力的な男性に映ってくるのが不思議です。

中盤、あきらの挫折が象徴的な雨とともに語られるシーンや、また、感情表現が下手な彼女がふとしたきっかけで激情をぶつけるシーンなど、主題歌の歌詞や曲と映像とがこれ以上なくマッチし、わずか3分の間で映画の世界感にすっかり引き込まれる内容に。そして終盤、切ない雨があがると、澄み渡るような空が広がって曲はエンディングへ。

原作連載当時から“恋雨”の世界観そのものであった楽曲と、映画“恋雨”を知り尽くした永井監督による映像との最高のコラボレーションとなりました!ぜひお見逃しなく!

本編映像盛りだくさん!走る小松菜奈と、さえない魅力の大泉洋に注目!映画『恋は雨上がりのように』MV完成♡

さらにMVとあわせて、主題歌「フロントメモリー」のジャケット写真も初解禁。原作者・眉月じゅんさんが、風の駆け抜ける学校のベランダで、あきらが「フロントメモリー」を聴いているイメージで描き下ろしたイラストが主題歌を彩ります。

【原作者・眉月じゅんさんコメント】
◆ジャケ写描き下ろしについて
風が駆け抜ける学校のベランダであきらが「フロントメモリー」 を聴いているイメージで描きました。の子さんの描く女の子のイラストもこっそりと校舎の壁に。大好きな曲のジャケットを描けるなんてとってもとっても嬉しいです!

◆MVについて
晴れているようで曇ってて、元気なのに憂鬱で。 思春期の女の子にぴったりな曲だなぁと思いこの曲を勝手に あきらの、恋雨のテーマソングとして連載中ずっと聴いていました。 そして『絶対にそう(主題歌に)なってほしい!』と願い続けていたことが、今こうして永井監督のおかげで現実となりました。連載を終え、アニメも映画も完成し、まるで恋雨の集大成のようなMVだと思いました。携わってくださったすべての方に心より感謝いたします!神聖かまってちゃんは天才。

いよいよ公開まで約2週間!映画『恋は雨上がりのように』は5月25日(金)公開です!

『恋は雨上がりのように』ストーリー

高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。
偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)だった。 それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。
バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて……
【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。
しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。
【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず――
真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。 ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

『恋は雨上がりのように』公式サイト
小松菜奈 大泉洋
清野菜名 磯村勇斗 葉山奨之 松本穂香・山本舞香
濱田マリ 戸次重幸 吉田羊
原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
監督:永井聡(『世界から猫が消えたなら』、『帝一の國』)
脚本:坂口理子(『メアリと魔女の花』)
配給:東宝
5月25日(金)東宝系にて公開
Ⓒ2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 ©2014 眉月じゅん/小学館

【関連記事】
◆“恋雨”に隠れたもうひとつのラブストーリーを描く!映画『恋は雨上がりのように』オリジナルドラマ配信決定♡
◆ついに最終巻発売☆5月には映画公開も控える、漫画『恋は雨上がりのように』の透明感あふれる魅力!

Return Top