CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

ジェイク・ギレンホールの見開いた目が、だんだん狂気に見えてくる洋画


ジェイク・ギレンホールが演じるのは、ナイトクローラー(パパラッチの別名)。スクープを追いかけて、ついに超えてはいけない一線を超えてしまいます。ジェイク・ギレンホールの目がだんだん狂気に見えてくる洋画です。

学歴もなく、コネもない。そんな男がありついた仕事はスクープ専門カメラマン

100051_001
ある日、偶然事故現場を通りかかったルーは、「ナイトクローラー」と呼ばれるスクープカメラマンの存在を知ります。そこで彼はテレビ局に自分を売り込み、次々と悲惨な映像を撮り始めるのです。

事件現場を撮り続ける彼に、テレビ局の要求はエスカレートしていく

100051_002

手に入れた金でますます過激に仕事をこなす彼に、テレビ局の要求はもっと刺激あるものを求め始めます。そして、ハイエナのように現場に駆け付け非情に撮り続ける彼の映像は、ますます売れていきます。

あらゆる手を使い、容赦なく仕事をするルー

100051_003
警察無線を傍受し、事件発生を待ち続けるルー。さらに酷くさらに激しい映像を撮ることだけに囚われた彼は、狂ったようにロサンゼルスの街を車で走ります。

ジェイク・ギレンホール演じるルーの狂気がすごい

100051_004

はじめはさえないダメ男だったルーは、ストーリーが進むにつれてパリッとした風貌になってきます。それに比例して、道を踏み外していく様子、狂っていくあのルーの大きな目がとにかく怖いです。
第87回アカデミー賞脚本賞にノミネートされたサスペンス映画です。

『ナイトクローラー』
8月22日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ他全国順次ロードシ­ョー
© 2013 BOLD FILMS PRODUCITONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

Facebookコメント

Return Top