CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

「勇者ヨシヒコ」シリーズでおなじみ!キャストに愛される映画監督・福田雄一のイチオシ作品

20160923_yoshihiko1_01_01_a-thumb-800x450-711
出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/

今話題の「勇者ヨシヒコ」シリーズを手掛ける福田雄一監督。過去には「SMAP×SMAP」や「笑っていいとも!」など、放送作家として多くのバラエティ番組を手がけ、ドラマ・舞台の脚本や演出でも活躍している敏腕クリエイターです。
共に作品を作り上げた俳優女優は数知れず、そしてそんな有名人たちが度々登場するTwitterも話題です。
「バカバカしさが癖になる!」「くだらなすぎて面白い!」そんな福田雄一作品をご紹介しましょう。

世界を救うあの4人が帰ってきた!低予算冒険活劇「勇者ヨシヒコ」シリーズ

今や福田雄一監督を象徴する作品となっているのが、この大人気テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ。2011年「勇者ヨシヒコと魔王の城」、2012年「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」と放送され、深夜枠ながら回を増すごとに話題を呼び、今年10月からは新シリーズ「勇者ヨシヒコと導かれし七人」が絶賛放送中。

“予算の少ない冒険活劇”と銘打たれたこの作品は、武器や魔物のビジュアルが学芸会レベルだったり、戦闘になると突然チープなアニメ映像に切り替わったりと、その安っぽさが逆に新鮮!そんな中、主人公・ヨシヒコを演じる山田孝之をはじめ、ムロツヨシ、木南晴夏、宅間伸、佐藤二朗といった演技派俳優たちが超真面目にお芝居をしているところが魅力なんです。
福田監督ならではのセンスあふれる笑いとストーリーに、中毒者続出中です!

豪華すぎるキャストと、炸裂する福田雄一ワールド!『女子ーズ』

赤木直子(桐谷美玲)は建設会社で働くOL。しかし、悪を倒すヒーローのリーダーという別の顔を持っていたのです。レッド、イエロー、ブルー、グリーン、ネイビーの5人そろって”女子ーズ”。彼女たちは地球を脅かす怪人たちから人類を守るために戦うのです。ところが、彼氏が…マツエクが…とヒーロー業に力が入らなくなってきたメンバーたち。おしゃれに仕事に恋に忙しい女子たちは5人そろって本当に地球を救うことができるのでしょうか!?

桐谷美鈴、藤井美菜、有村加純、山本美月、高畑充希と、今やそれぞれが主演級の若手女優陣が一堂に会した豪華すぎる戦隊ヒーローアクションコメディ。怪人たちと戦うヒーローでありながら、女子ならではの悩みやわがままで衝突する様子は共感しつつも笑ってしまいます。何とも可愛らしい女子ーズの決めポーズもお見逃しなく!

借金返済できなきゃ東京湾!?ダメダメホストの運命は?『明烏 あけがらす』


ホストクラブ”明烏(あけがらす)”は4人のホストで細々と営業しています。ナオキ(菅田将暉)は借金1000万円を抱えていましたが、ひょんなことから大金を手にし大喜び。しかし一眠りして目が覚めるとお金が消えています。ホスト仲間には夢だと言われ返済期限まであと12時間と言うその時、店の会計が払えない女子高生が現れます。さらに借金取りの男が現れ、おまけにナオキの父親(佐藤二朗)までやってきて…。

舞台はほぼホストクラブ内のみという、まるで演劇を見ているかのような映画。しかし次々と起こるハプニングや、追い込まれていくナオキの様子に目が離せません。
菅田将暉、城田優、若葉竜也と言った若手俳優に加え、福田雄一作品には欠かせないムロツヨシ、佐藤二朗、新井浩文などが出演しています。

変態なのにスパイダーマン並みにかっこいい!『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』

パンティをかぶると能力が解放され悪と戦う”変態仮面”となる、色丞狂介。しかし、ある時世界からパンティがどんどんなくなっていくという事態が発生します。大好きな愛子ちゃんのために、そして世界のために狂介は再び変態仮面になることができるのでしょうか…。

脚本には小栗旬が名を連ねている異色作。安っぽくなりがちな設定を、変態仮面を演じた鈴木亮平の完璧な役作りと大胆な演出でヒーロー映画として完成させた快作です。
2013年に公開された第1作『HK 変態仮面』がヒットし、2016年には続編となる本作が公開されました。
第1作目当時はなかなか制作に協力的なところもなかったと言う福田監督ですが、完成後はアジアでもヒットし、2作目が実現したというからさすがです。

何でも屋が江戸のトラブルを一手に引き受ける『銀魂』

mv
出典:http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/

天人(あまんと)と呼ばれる異星からの侵略者により、侍たちが衰えてきた”江戸”。昔ながらの風景と近代的な建物が混在する町で、坂田銀時(小栗旬)は志村新八(菅田将暉)と共に万事屋を営んでいます。江戸でのあらゆるトラブルに対応する何でも屋として、神楽(橋本環奈)や犬の定春も加わり持ち込まれた依頼をどんどん解決していくのです。

少年ジャンプで2004年から連載中の大人気漫画の映画化です。小栗旬が坂田銀二に扮し、志村新八を菅田将暉、神楽を橋本環奈という華やかなキャスト。他にも堂本剛、岡田将生、柳楽優弥、吉沢亮、仲村勘九郎など若手からベテランまで豪華な面々が揃いました。
大人気作品なだけに、実写映画化を不安がるファンも多くいましたが、監督が福田雄一だと知って納得したというファンも多く、早くも期待の声が高まっています!

超能力者の高校生が体験する奇想天外な毎日『斉木楠雄のѰ難(さいなん)』

logo
出典:http://saikikusuo-movie.jp/

16歳の高校生・斉木楠雄は生まれた時から超能力を使うことができますが、それを制御するために頭に装置を付けています。目立たないようにしているつもりですが、燃堂力、海藤瞬、蝶野雨緑と言った一風変わった同級生たちと関わることに…。そして、楠雄の周りでは様々な災難が起こるのです。

こちらも『銀魂』同様、原作は少年ジャンプ連載中の人気漫画。今もなお続いているジャンプコミックを立て続けに2つも映画化するという、話題に事欠かない福田雄一監督。1990年代に少年ジャンプで人気を博した「究極!!変態仮面」の映画化を入れれば、ジャンプコミック映画化3本目ということになります。
ピンクの髪にグリーンの眼鏡、頭には超能力制御装置を装着したインパクトある姿の主人公・斉木楠雄に扮するのは、今最も忙しい俳優・山﨑賢人。どんなコメディアンぶりを見せてくれるか楽しみですね。

100894_003
出典:http://mantan-web.jp
「勇者ヨシヒコ」シリーズでは毎回登場するゲストも魅力の1つ。時には綾野剛さんや小栗旬さんといった超大物俳優がこんな使い方されちゃうの!?というような役柄で登場することも…!これも福田雄一監督の人望ならではですね。
これからますます話題になるであろう福田雄一監督にぜひ注目してみてください。

『女子ーズ』
©2014「女子―ズ」製作委員会

『明烏 あけがらす』
©2015「明烏」製作委員会

『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』
©あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会

『銀魂』
©空知英秋/集英社©2017「銀魂」製作委員会

『斉木楠雄のѰ難(さいなん)』
©麻生周一/集英社

【関連記事】
◆【今週のPickupイケメン】ムロツヨシさんに注目!
◆綾野剛の“悪さ”を写真で解説!『日本で一番悪い奴ら』

Facebookコメント

Return Top