CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

佐藤健×土屋太鳳 W主演!映画『8年越しの花嫁』あるカップルに起きた「号泣する」感動の実話

若手実力派俳優・佐藤健さんと、映画『PとJK』、『兄に愛されすぎて困ってます』、『トリガール!』と数多くの出演作が決定している今最も注目されている女優・土屋太鳳ちゃんが、あるカップルに起きた感動の実話『8年越しの花嫁』で、W主演を務めることが発表されました。

W主演の佐藤健さん、土屋太鳳ちゃん

W主演の佐藤健さん、土屋太鳳ちゃん

意識の戻らない婚約者を待ち続け、日本中を涙で溢れさせた<奇跡の実話>

本作のモデルとなったのは、岡山県在住の中原尚志さん・麻衣さん夫婦。交際から2年目の記念日にプロポーズ、2007年3月の挙式に向けて準備をしていた06年末、麻衣さんを突然原因不明の病が襲います。その後、「抗NMDA受容体脳炎」という、発症率が300万人に1人とされる難病と診断。長い昏睡状態とその後のリハビリを経て、8年後の2014年12月に晴れて挙式。式場の運営会社が撮影したそのときの映像が、2015年2月に「8年越しの結婚式」として「YouTube」に投稿されました。
その動画は、「奇跡の結婚式」「号泣する実話」として一気に話題が広がり、TVや新聞、ネットなど数々のメディアで取り上げられ、海外にも拡散、2015年7月に「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」として書籍化もされました。

原作:「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社刊)

「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社刊)

共演は3年ぶり、カップル役は初!

佐藤健さん土屋太鳳ちゃんの共演は、『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』(ともに14年)以来、3年ぶり。カップル役は今回が初。
目を覚まさない婚約者を献身的に支え続け、苦悩しながらもひたむきに彼女を思い続ける、繊細な心情を表現する役に挑む佐藤健さんと、これまで明るく健康的な役柄の多かった土屋太鳳ちゃんが、難病と闘う女性という新たな境地とも言える役にどう挑むのか、2人の演技に期待が高まります。

佐藤健さんは「僕達の作る映画は、尚志さん達が実際に送られた人生の感動には遠く及ばないかもしれません。しかしこの、あるカップルに舞い降りた奇跡の実話を、少しでも多くの方に伝えたいという想いで、この役を引き受けさせて頂きます。 」土屋太鳳ちゃんは「未熟者ですが、全てを注ぎ全てを捨てて、演じます。どうか見守って下さい。」と、本作について意気込みを語っています。

かけがえのない人を待ち続けた8年間。これは実際に起きた、奇跡のラブストーリー。

結婚を約束した一組の20代カップル、尚志と麻衣。幸せ絶頂の2人だったが、結婚式の3ヶ月前、突然の病気が麻衣を襲う。一時は心肺停止、その後も長い昏睡状態に。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親からは「もう他にいい人を見つけたら」と言われるが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。その祈りが届いたのか、その後、麻衣は徐々に意識を取り戻すが、そこへ更なる試練が降りかかる。麻衣は、記憶障害により尚志の記憶を失っていたのだった。
大きなショックを受けながらも、来る日も来る日も麻衣のもとへ通い続ける尚志。そして、8年の年月が経った頃、ついに2人に奇跡が訪れる――。

監督は、『64 ロクヨン前・後編』(16年)など、深い人間ドラマを描くことに定評のある瀬々敬久監督。脚本を担当するのは、来年のNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」の脚本も手がける脚本家・岡田惠和さん。
豪華キャスト、スタッフが集結し、信じる力と深い愛に満ち溢れた感動のドラマ『8年越しの花嫁』は、2017年冬全国公開。

©2017「8年越しの花嫁」製作委員会

【関連記事】:
◆土屋太鳳ちゃん、片寄涼太くん&千葉雄大くんに愛されすぎて困る⁉映画『兄に愛されすぎて困ってます』実写映画化!
◆土屋太鳳がツッコミ&毒舌キャラ!?『トリガール!』映画化決定!
◆亀梨くん恋愛映画初主演!ヒロイン土屋太鳳ちゃんと共演で『PとJK』実写映画化決定!!

Facebookコメント

Return Top