CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

榮倉奈々&安田顕 W主演。「Yahoo!知恵袋」投稿から始まった…映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』実写映画化!

「Yahoo!知恵袋」投稿から始まった伝説のコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、榮倉奈々さん&安田顕さんのW主演で実写映画化されることが発表されました。

「ぶっとび妻」榮倉奈々さんと、超フツーの「冷静夫」安田顕さん

「Yahoo!知恵袋」伝説の投稿
「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」って…何?

2010年、「Yahoo!知恵袋」にある質問が投稿されました。
「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」
ミステリアスで奇想天外なその投稿はたちまち話題を呼び、内容にインスパイアされた「ほぼ日P」がボーカロイド・初音ミクで作った同名オリジナル楽曲を発表。そのミュージック動画はニコニコ動画で再生回数1位を獲得し、現在200万回以上の再生を記録中!刺激を受けたネット上の一般クリエイターたちが数多の自作の派生動画を投稿し、一大ブームとなりました。さらに翌年にはコミックエッセイ化もされ、現在第3巻まで発売、発行部数累計15万部を超える人気をみせています。
現在でも「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」の投稿には、400万以上の閲覧、1700以上の回答が寄せられている伝説の投稿です。

書影と映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』場面写真

不思議な行動を繰り返す「ぶっとび妻」×超フツーの「冷静夫」
ミスマッチコンビがみせる、新しい夫婦のカタチ

主演をつとめるのは、「余命1ヶ月の花嫁」「図書館戦争」などラブストーリーからアクション作品まで幅広くこなす榮倉奈々さん。不思議な行動を繰り返すぶっとびキャラの妻・ちえを演じます。一方、超フツーで冷静なちえの夫・じゅん役には、演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、硬派な役から個性的な役まで幅広く演じ、話題沸騰中のTBS系ドラマ「小さな巨人」にも出演中の安田顕さん。コミカルな演技にも定評のある榮倉奈々さんと安田顕さんが見せる化学反応と、2人が演じるちえとじゅんの、ミスマッチだけれども共感を生む新しい夫婦のカタチに期待がかかります。
さらに共演には、小出恵介と、宝塚歌劇団所属時「演技が優れたトップ娘役」と評され舞台やドラマで活躍する野々すみ花が決定!安田顕扮するじゅんの後輩夫婦・佐野と由美子を演じます。

監督はコメディの鬼才・李闘士男監督が担当。
ちょっと変わった夫婦の日常エピソードを愛おしくチャーミングに描き、見た後にはほっこり幸せな気分になれる“ほんわかラブコメディ”『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は、2018年春、全国公開です!

榮倉奈々 安田顕 小出恵介 野々すみ花
原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」
(PHP研究所刊/作:K.Kajunsky、漫画:ichida)
監督:李闘士男
脚本:坪田文
配給:KADOKAWA
©2017「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
2018年春 全国公開

【関連記事】:
◆‟タラレバ”ロスの皆さん!「東京タラレバ娘」のBlu-ray&DVD BOXが発売ですよ!

Facebookコメント

Return Top