CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

伊野尾慧、心理テストで素顔を暴かれタジタジ!?映画『ピーチガール』豪華キャスト勢揃いの完成披露試写会!

5月20日(土)公開の映画『ピーチガール』より、W主演の山本美月さん、伊野尾慧さんをはじめ、豪華キャストが登壇した完成披露試写会が、4月20日(木)都内にて行われました!それぞれが語る映画の胸キュンシーンや、まさかの心理テストまで、大盛況となったイベントの模様をレポートします!

伊野尾慧「ももちゃんのパンチラシーンは胸キュン」大熱狂の完成披露試写会!


W主演の山本美月さん、伊野尾慧さんを先頭に、真剣佑さん、永野芽郁さん、本仮屋ユイカさん、水上剣星さん、升毅さん、菊池桃子さん、神徳幸治監督が客席を通って舞台上に登壇!「キャー」と黄色い歓声が飛び交う中、イベントはスタートしました!

本作のキャッチコピー「5分に1度、恋の事件が巻き起きる」に掛けて、キャストたちが劇中で一番胸キュンした!というシーンについて、山本さんは、自身が演じるももととーじ(真剣佑)が付き合って、はじめて一緒に登校するシーンで「カイリ(伊野尾)にちょっかいを出されるけど、そこでとーじが『俺のだから』と、ももの手を引くところ」とコメント。伊野尾さんは「ももちゃんのパンチラシーンは胸キュンですよ(笑)」と独特のポイントで劇中のとあるシーンを胸キュンシーンに挙げました。

まさかのギャップ診断に山本美月「こわい…」、伊野尾慧「営業妨害ですよ!(笑)」

本作に登場するキャラクターは、ヒロインももの「ギャルっぽいけどピュア」、カイリの「チャラそうだけど真面目」など、それぞれに”ギャップ”を持っていることから、その人の隠された“ギャップ”がわかるというギャップ診断が実施。心理カウンセラーの専門家、小高千枝先生をステージに招くと、さらに驚きの発表が。実は、舞台挨拶が始まったときから、舞台挨拶中の登壇者の様子をこっそり見て、心理テスト以外にも、話し方や仕草を含めて登壇者の隠された”ギャップ”を診断。突然の発表に思わず口を手で覆うなど、一同は驚いた様子でざわつきはじめます。

3タイプに別れたという”ギャップ”診断の結果では、
【山本、菊池】自分の軸が明確であり、完全主義。自分のペースを邪魔されたくない、職人気質的な面があり、見た目の柔らかさ、華やかさ、可愛らしさとは違う、芯の強さ、頑固さ(職人気質)を持っているギャップがある。
診断結果を告げられた山本さんは「こわい…」と驚きながらも「好きなものがあると一直線なんですよ(笑)」と診断結果に納得した様子。

【伊野尾、永野、水上、監督】安心、安全、安定が基本軸。フラットに自然に見せていても、実は自己防衛心が強く、頭で考えて行動をしている見た目と内面とのギャップがある。
小高先生が補足して「男性でも母性のある人が…」と診断結果の説明をしていると、「伊野尾さん、母性があるんですね(笑)」と伊野尾さんの隣にいた永野さんが大爆笑。舞台挨拶中の伊野尾さんがマイクを持って話す際のマイクと唇の距離感にも注目され、「唇の周りにものがあると落ち着く甘えん坊タイプ」、「キャラをつくっているようでムチャが出来ないタイプ」と、次々と小高先生方から鋭い指摘をされると伊野尾さんは「それじゃ赤ちゃんじゃないですか!(笑)。営業妨害ですよ!(笑)」と反抗してみせるも場内は大爆笑に包まれた。また伊野尾さんは、頭で考えるタイプという結果について「芽郁ちゃんは全然そんなタイプじゃないですよ!(笑)」と同じ結果になった永野さんの奔放さを暴露。

【真剣佑、本仮屋、升】気持ちが常に一定である、信念がとても強く自分のペースを持っている。見た目の柔らかさや爽やかさからイメージできないギャップがある。
舞台挨拶中の仕草からもマイペースぶりを指摘された真剣佑さんは、恥ずかしそうに黙って頷いてみせました。

フォトセッションを終えて、最後にこれから映画を見る観客に向けて、山本「日本中で愛される映画になればなと思います」。伊野尾「監督、キャスト、スタッフ、みんなが一丸となって頑張った作品です、みなさん応援をお願いします!」と、主演2人の挨拶で締めくくると、大歓声のまま、舞台挨拶を終えました。

5分に1度、恋の事件が巻き起こる映画『ピーチガール』は5月20日(土)より、全国公開です!

映画『ピーチガール』ストーリー


元水泳部の安達もも(山本美月)は、日焼けした色黒の肌や、塩素で色が抜けた赤い髪というギャル風な外見のせいで、周囲から「遊んでる」と誤解されてしまうが、中身は超ピュアな女子高生。ももには、とーじ(真剣佑)という中学時代からずっと片思いをしている相手がいた。ところが入学早々、学校一のモテ王子・カイリ(伊野尾慧)にとある勘違いから一方的にキスをされ学校中の噂に。一方、もものクラスメイトの沙絵(永野芽郁)は、色白で男ウケ抜群。でもその本性は、ももの欲しがるものを何でも手に入れなくては気が済まない最強最悪の小悪魔!ももがとーじを好きと知るや、横取りすべく巧みな作戦で次々とももを罠にかける。そんなももの絶体絶命のピンチを救ってくれたのは、もものピュアな内面を好きになったカイリだった。全くタイプの違う2人の間で気持ちが激しく揺れ動くもも。果たしてももが最後に選ぶのは――?

キャスト

山本美月、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、真剣佑、永野芽郁、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子

スタッフ

原作:上田美和『ピーチガール』(講談社「別冊フレンド」刊)
脚本:山岡潤平
音楽:蔦谷好位置(agehasprings)
監督:神徳幸治
製作幹事・配給:松竹
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
主題歌:カーリー・レイ・ジェプセン「コール・ミー・メイビー」(ユニバーサル インターナショナル)

『ピーチガール』公式サイト
5.20(土)ROADSHOW?
c2017「ピーチガール」製作委員会

【関連記事】
◆山本美月、永野芽郁ら、キャスト自ら撮り下ろし!『ピーチガール』オフショット写真大公開!伊野尾慧との仲良しエピソードも!?
◆山本美月×伊野尾慧 W主演『ピーチガール』世界の歌姫カーリー・レイ・ジェプセン、日本映画初の主題歌に決定!!

Facebookコメント

Return Top