CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

不器用なふたりの小さな一歩に心震える青春映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

不器用なふたりの小さな一歩に心震える青春映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

』7月14日(土)に公開

誰もがコンプレックスに悩み、不器用に人と触れ合っては衝突したりわかり合ったりした、10代の頃。決して輝かしく可能性に満ちていたというだけではなく、泥臭さや苦々しさが伴うのが青春というやつなのではないでしょうか。

7月14日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となる映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は、漫画家・先生の同名漫画の実写化作品。押見修造先生といえば、「惡の華」「ぼくは麻理のなか」、そして連載中の「血の轍」「ハピネス」など思春期の少年少女をモチーフに、人間の内面に迫った奥行きのある作風の作品を多数生み出してきました。なかでも「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」は、自身の体験をベースに描かれており、原点的作品として高い人気を誇っています。
不器用なふたりの小さな一歩に心震える青春映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』
本作の主人公の一人、高校1年生の少女・志乃(さん)は喋ろうとする度に言葉に詰まってしまい、新学期の自己紹介で自身の名前すら言うことができず、クラスメイト達から笑いものにされてしまいます。クラスでひとりになってしまう志乃ですが、ひょんなことから同級生の加代(さん)と友達になります。ミュージシャンになることが夢なのに音痴な加代は、ふたりで行ったカラオケで志乃の澄み切った歌声に心奪われ、バンドを組もうと誘いました。
不器用なふたりの小さな一歩に心震える青春映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』
ふたりのバンドで文化祭に出るために猛特訓する志乃と加代ですが、駅前で演奏しているところを同級生の男子・菊池(さん)に見つかってしまいます。そして菊池がバンドに参加したいと言い出したことで、志乃と加代の関係性にも変化が現れ…。ぶつかって、離れたり、寄り添ったりする10代の少女たちの不器用な触れ合いと揺れ動く心が瑞々しく繊細に描かれていきます。
不器用なふたりの小さな一歩に心震える青春映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』
本作では、次世代を担う同年齢の二人の注目女優がダブル主演を務めています。志乃役は、現役モデルにして女優としても注目を集める南沙良さん。加代役は『三度目の殺人』にも出演し、高い演技力が記憶に新しい蒔田彩珠さん。思春期真っただ中のふたりだからこその、観るものの心を震わせる体当たりの演技で、苦悩や葛藤を抱く少女たちを演じています。

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』予告編

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』予告編

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は7月14日(土)、新宿武蔵野館ほか全国順次公開です!

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』ストーリー

伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。
高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。そこに、志乃をからかった同級生の男子・菊地が参加することになり…

不器用なふたりの小さな一歩に心震える青春映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』公式サイト
7月14日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!
出演:南 沙良 蒔田彩珠 /萩原利久 /
小柳まいか 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲 /
奥貫 薫
監督:
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」(太田出版)
脚本:足立 紳
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社
©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会

Return Top