CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

映画大ヒットで、平野のあの夢もついに実現!?映画『ういらぶ。』公開御礼トークSHOW!レポート

11月19日(月)東京・日比谷にて、映画『』の公開記念トークショーが行われ、主演の)さんが登壇しました!

映画大ヒットで、平野のあの夢もついに実現!?映画『ういらぶ。』公開御礼トークSHOW!レポート

映画の大ヒットを記念し、“公開御礼トークSHOW!”と題して行われた本イベント。客席の通路を通って登場した平野さんに、早くも会場のお客さんは大盛り上がり!歓声に包まれながらイベントはスタートしました。

――改めて自己紹介からお願いします!

平野「はい!『ういらぶ。』という映画で和泉凛役を演じさせていただきました平野です!みなさん、今日は短い時間ですけども、楽しい時間にしましょうね!よろしくお願いします。」

――9日に公開した『ういらぶ。』ですが、見事オープニングの週末の動員数で邦画No.1となっております。おめでとうございます!

平野「本当にありがとうございます。」

――周りの方から反響は届いてますか?

平野「「映画観たよ」とか「おめでとう」とか、そういうメールが届いてる、と思います!」

――というと・・・?

平野「僕あんまりメール見ないんですよ!よく「お前、未読しすぎだぞ!」って言われるんですけど、“俺の勝手だし!”とか思いながら(笑)なので、そういう連絡がきている、と思います!」

――全然見てないんですか?

平野「見てないです。きっと百何件溜まってますね(笑)いや、俺、あ行まで親指が届かないんですよ。手が小っちゃいから!」

(かわいい~!)

平野「かわいいとかじゃなかくて、本当にそういう手なの!(笑)だからどちらかというと、メールより電話派です!」

――そして平野さんは5月にデビューされて、ドラマに映画への出演と激動の1年だったと思います。そして『ういらぶ。』の主題歌も歌っているKing & Princeのみなさん、告白初出場が決定しました!おめでとうございます!

平野「ありがとうございます!オリコンで賞をいただいたときに、インタビューで「紅白に出たい」と言っていたんですけど、まさか1年目の僕たちが、紅白という大舞台に出られると思わず、今回急に決まったのでビックリだったのと、同時にワクワクという気持ちもあって、今複雑な気持ちになってますね。」

「ういらぶ。」からの質問にたっぷりお答え♡
“平野紫耀の何でも答えまSHOW!”

――さて、今日は平野さんお一人ということで、たっぷりお話を伺いたいと、こんな企画をご用意しました!“平野紫耀の何でも答えまSHOW!”~!

平野「イェイ!やっぱ“しょう”って名前は便利ですね!」

――8月から「ういら部」を発足しまして、現在7万人を超える部員の方がいらっしゃるんです!今日は部員のみなさまから、質問やリクエストをたくさんいただいておりますので、ボックスの中から引いていただいて、お答えいただきたいと思います!早速いってみましょう!

Q.映画での凛と和真のように、平野くんは恋愛やそれ以外でも、何かをめぐって争ったことはありますか?

平野「ほぉ~!これが「ういら部」からの質問!めぐって争ったこと・・・ないですね!基本、僕はなんでも人に譲っちゃうんですよ。ケンカになりそうになったら、「はい、どうぞ」って。すぐ譲っちゃうので、あんまり取り合いにはならないですけど、結構雑誌とかで“もしメンバーと同じ人を好きになったら?”って聞かれることが多くて、それは譲りたくないです!そういうときは譲らないです!」

――なるほど・・・!では、どんどんいきましょうか!

Q.私は兼業主婦ですが、夫は「ありがとう」も言わないし、時々頑張っているのがしんどくなります。平野くんなら、どんな風に奥さんをねぎらいますか?

平野「ちょっとこれ難しい言葉が入ってるので、次いきましょう!(笑)」

――いやいや!どのあたりが難しかったですか?

平野「“ねぎらう”って?あの、お金のやつ?「もうちょう安くしてよ~」みたいな?」

――それは“値切る”ですね!(笑)“ねぎらう”は「頑張ってるね」とか「いつもありがとう」とか、そういう言葉をかけることです!

平野「あ、そういうことか!俺が旦那さんだったらっていう!なんだ~!僕は最近そういうこと言ってないなと思ったら、奥さんより早めに帰宅して、部屋とかを飾り付けて、プレゼントを用意して待ってます。で、帰ってきたら「いつもありがとう」って伝えると思います。」

(拍手)

――最高ですね!

平野「でも意外と普通だなとか思ったでしょ?今、頭の中グルッグルだから(笑)」

Return Top