CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

エディ・レッドメインら主要キャストが来日!『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ワールドツアーファイナルプレミアinJAPAN

エディ・レッドメインら主要キャストが来日!『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ワールドツアーファイナルプレミアinJAPAN

11月23日の日本公開が迫る、映画『』の主要キャスト達が来日!来日キャンペーンの初日である11月21日(水)に、世界行脚のプレミアツアーを締めくくる、ワールドツアーファイナルプレミアinJAPANが開催されました!

登壇者は(ニュート役)、(ダンブルドア役)、(ティナ役)、(クイニー役)、(ジェイコブ役)、(ナギニ役)。

約1,000人の観客が集まった六本木ヒルズアリーナに、本作の日本語吹替え版で主人公ニュートの声を担当した宮野真守、若き日のダンブルドアの声を担当した森川智之、「ハリー・ポッター」魔法ワールドファン代表の高橋愛、「」ファンのダンテ・カーヴァー、ニュートが繰り出す魔法脳のような高速スピンやローラースケートダンスを披露する美少女3人組グループ「Spindle」、日本一のフォロワーを持ち本作のセットビジットに参加した大関れいか、筋金入りのポッタリアンでJ.K.ローリングにも会った事のある小関裕太、そしてハリー・ポッター魔法ワールド公式アンバサダーの桐谷美玲が登場し、大盛り上がり!
エディ・レッドメインら主要キャストが来日!『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ワールドツアーファイナルプレミアinJAPAN

そして、遂に本作の豪華来日キャスト陣がレッドカーペットに!主人公ニュート役のエディ・レッドメイン、ダンブルドア役のジュード・ロウ、ティナ役のキャサリン・ウォーターストン、クイニ―役のアリソン・スドル、ジェイコブ役のダン・フォグラー、ナギニ役のクローディア・キムが会場に現れると、悲鳴に近い歓声が沸き起こり、観客のテンションは最高潮に達しました!!レッドカーペットではキャスト達がファンたちと一緒にセルフィーを撮るなどのファンサービス、さらには、レッドカーペットでエディがダンにいたずらを仕掛けたり投げキッスを送ったりと仲の良さを披露し、熱気に包まれました。

エディ・レッドメインら主要キャストが来日!『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ワールドツアーファイナルプレミアinJAPAN

レッドカーペットの敷かれた会場のステージにキャスト陣が登壇する前に、ハリー・ポッター魔法ワールド公式アンバサダーである桐谷美玲と“ファンタビ”オフィシャルアンバサダーである芦田愛菜が登壇!先だって行われたイギリス・ロンドンのプレミアに参加し、エディとの2ショットも撮ることが出来た桐谷は「ロンドンは本当にすごい盛り上がりで華やかなレッドカーペットを歩けて光栄でした。日本でプレミアをやれるのは格別。すごく嬉しいですし、どこの国よりも盛り上げたいと思っています!」と、アンバサダーとしての意気込みを、芦田は「先に映画を観させていただいて衝撃的なことが沢山起こって今でも興奮が止まらないです!」と本作への熱い想いを明かします。

魔法の杖を持ってイベントに参加していたおふたりですが、実は本作の造形美術監督のピエール・ボハナが作った世界に一つだけの杖なのだそう!桐谷はロンドンで行われたプレミアの際に訪れたリーヴスデンにあるスタジオでピエールに特別に作ってもらい、「特別に作っていただいたのでどうしようとそわそわした気持ちです」と感無量の表情を見せ、先だってピエール・ボハナが来日した時に作ってもらったという芦田は「杖を持つことが夢だったので、本当に夢のようです」とコメントを寄せました。

そして、いよいよ豪華キャスト陣がステージに登壇!桐谷と芦田が“エディ”と叫ぶと、ニュートの魔法のトランクに異変が起こり、ステージの台がせりあがります。そして、豪華来日キャスト陣が登場!

Return Top