講師からの感謝と労いに、キャスト陣思わず涙!映画『小さな恋のうた』公開記念舞台挨拶レポート

5月25日(土)東京・新宿バルト9にて、映画『』の公開記念舞台挨拶が行われ、)さん、さん、さん、さん、さん、さん、監督が登壇しました!

講師からの感謝と労いに、キャスト陣思わず涙!映画『小さな恋のうた』公開記念舞台挨拶レポート

――まずはお1人ずつ公開を迎えたお気持ちとご挨拶をいただきたいと思います。

講師からの感謝と労いに、キャスト陣思わず涙!映画『小さな恋のうた』公開記念舞台挨拶レポート

佐野「みなさん、こんにちは!真栄城亮多役を演じさせていただきました、佐野勇斗です。ついに昨日公開を迎えたということで、今か今かと心待ちにしていた、僕の大好きな『小さな恋のうた』が公開して、すごく嬉しい気持ちでいっぱいです。観てくれたみなさんなら分かると思うんですけど、自信を持って素敵な作品になっていると言えるので、多くの方に観てもらいたいです。」

森永「みなさま、こんにちは。池原航太郎役の森永悠希です。数ある映画の中からこの映画を選んで、足を運んでいただきましてありがとうございます。昨日公開を迎えまして、公開後の舞台挨拶を本当に楽しみにしていましたし、公開されて嬉しいなという思いでいっぱいです。でもちょっと寂しい気持ちもあって、映画というのは我が子みたいなもので、我が子を世間の荒波に放り出すような、“頑張れよ!いっぱい成長するんだよ!”っていう気持ちになっております。昨日ツイッターにも書きましたけど、ここからこの映画を成長させるのはみなさまだと思っておりますので、ぜひ『小さな恋のうた』が大きく健やかに成長できるように、愛情をたっぷり注いでいただけたらなと思います。」

講師からの感謝と労いに、キャスト陣思わず涙!映画『小さな恋のうた』公開記念舞台挨拶レポート

山田「みなさん、こんにちは。譜久村舞役の山田杏奈です。本日はお越しいただきありがとうございます。昨日とうとう公開になったということで、約1年前くらいから楽器練習が始まって、みなさんに初めてお会いしたのもだいたい1年前くらいなんですけど、今こうやって1年経って、みなさんのところに届いたというのがすごく感慨深いです。私にとって初めて沖縄に行ったのもこの作品でしたし、初めてギターでバンドをやる役をして、本当に初めてだらけだったんですけど、それがこういう大切な大切な作品になって、これからも観てくださった多くの人にとっての大切な作品になればいいなと思っています。」

眞栄田「譜久村慎司役を演じさせていただきました、眞栄田郷敦です。映画『小さな恋のうた』は僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではないくらい、僕にとっての大切な作品なんですけど、この作品を通じて新しい経験をたくさんさせてもらって、大きな目標とか夢をこの作品からいただきました。森井プロデューサーと僕が出会っていなければ、この作品に出ることもなかったし、この世界にいることもなかったと思いますので、この場を借りて本当に感謝しています。ありがとうございます。未熟な僕ですが、ここにいる監督、キャストのみなさん、温かいスタッフのみなさんに支えられて作品ができました。ここにいるみなさんも、もっともっと日本中のあらゆる人に広めていただければと思います。」

講師からの感謝と労いに、キャスト陣思わず涙!映画『小さな恋のうた』公開記念舞台挨拶レポート

鈴木「大輝役を演じました、鈴木仁です。本日はお越しいただきありがとうございます。1年前から練習が始まって、半年前に撮影があって、この映画のおかげで音楽を好きになりましたし、この作品に携われて本当によかったと思っています。昨日公開されて、みんなで作り上げてきたものが、みなさんにうまく届いていければなと思っています。」

クレア「みなさん、こんにちは。今日は来てくれてありがとうございます。リサ役のトミコクレアです。みなさんと一緒に楽しむことができて本当に幸せです。」

橋本監督「監督を務めました、橋本です。今日はみなさんお越しいただきありがとうございます。昨日からやっと公開されて、空母だったり、怖い髪の長いお姉さんだったりある中で、この映画を選んでいただき嬉しく思っています。毎回言っているんですけど、映画って僕たちの力では99%までしか完成しなくて、お客さんのもとに届いて初めて100%完成するものだと思っております。試写で観てくれた方もいらっしゃると思うし、今日新たに観に来てくれた人たちがどう思ってくれたのか、僕自身も感想がこわいなと思いますけど、そういった感想を聞けるのもまた嬉しいです。さっき森永くんが言いましたけど、僕たちのもとを離れていってしまった子が、大きく成長することをみなさんに手伝っていただけたらなと思いますので、よろしくお願いします。」

タイトルとURLをコピーしました