神木隆之介さんがサプライズでVTR登場!映画『屍人荘の殺人』“クイズ王試写会”イベントレポート

神木隆之介さんがサプライズでVTR登場!映画『屍人荘の殺人』“クイズ王試写会”イベントレポート イベントレポート

12月13日(金)に公開の映画『屍人荘の殺人』より、この度、日本最高峰の頭脳集団を集め、「クイズ王」試写会が開催されました!

神木隆之介さんがサプライズでVTR登場!映画『屍人荘の殺人』“クイズ王試写会”イベントレポート
某有名クイズ番組の優勝経験者や、東大・京大・一橋など、超高学歴のクイズ研究会のメンバーやOBたちなど、まさに「クイズ王」の名にふさわしい総勢30名が集結!

さらに、試写会後は”謎の作り手”であり、ミステリー賞4冠達成の「屍人荘の殺人」の原作者である今村昌弘先生とのトークイベントを実施し、“謎の作り手”ミステリー賞4冠作家ד謎の読み解き手”クイズ王30名による“謎解き”のスペシャリスト達のための試写会&トークベントが開催されました。

トークイベント冒頭では、デビュー作にして、ミステリー賞4冠を受賞した今村先生がどのような経緯でミステリー作家になったのか、という話に。今村先生自身、前職の放射線技師の仕事をしながら小説家になるべく、小説をしたためつつ働いていた逸話を披露し、「仕事は簡単にやめないほうがいい」という先生の言葉に会場では、うなづく姿と共に、「なるほど」という声が上がりました。

神木隆之介さんがサプライズでVTR登場!映画『屍人荘の殺人』“クイズ王試写会”イベントレポート
さらに、「いつもどのように作品の中のトリックや謎を考えているか」についても話がおよび、「最終的には、自分で苦しんで捻りだすんですが、画用紙に色々と書き出して、あれでもない、これでもないと考えたりします。その中で、名作を読んで、こういうのをやってみたいな、というところにも影響を受けます。自分の作りたいものをはっきりと認識するのが大切です。今回も<“密室”がやりたい、でも、やりつくされている、どうしよう?>というところからスタートしました。」と答え、普段は様々な謎を解いていく“クイズ王”たちは、謎の作り手である今村先生ならではの興味深い話に終始聞きいっていました。

また、今村先生より「以前、僕の「屍人荘の殺人」のサイン会に来てくださった方の中で、クイズをしている方がいらっしゃり、その方が大会に出場した時のウイニングアンサーが先生の作品だった!と言ってくださった方がいたんです!どうやら、冒頭の文章でどの作品かを当てるという問題だったみたいなのですが、「カレーうどん」の、 「カレーう」で当ててくださったみたいで。僕でもわからないぞ、と思い、本当にクイズ王ってすごいなと。発売されたばかりの僕の作品まで知ってらしゃるのかと」と、思わぬ“クイズ王”とのご縁の話に、会場で驚きの声があがりました。さらに、自身も大ファンである、QuizKnock所属の高松慶さんが会場にいるのを知ると、「“密室”か“アリバイもの”のクイズを作って欲しい!」というリクエストをする場面も!

他にも、タイムショック21、アタック25優勝経験もあり、現在はアプリゲームやクイズのイベントの開催に携わられている石野将樹さんからは、「原作をすでに読んでいたのですが、トレンドのものがとりいれられていて、テンポもよく読みやすかったです。映画だと、コミカルな要素が足されていて、すごくお正月映画らしくていいなと思いました!すごく面白かったです。」と原作をすでに読んでいる人からも太鼓判を押していただくと共に、終始和やかなトークが繰り広げられました。

イベントレポート
CinemaGene編集部をフォローする
CinemaGene