CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

キャスト未発表のキャラも登場!?人気コミック実写映画化『3月のライオン』特報&第1弾ポスター解禁

羽海野チカ原作の国民的人気コミック「3月のライオン」が、神木隆之介を主演に迎え、連載10年を迎える年に運命の実写映画化される映画『3月のライオン』。
この度、豪華キャストが登場する特報映像&第1弾ポスターが遂に完成!大友啓史監督による実写映画の世界が、初お披露目となりました!

初映像!『3月のライオン』の世界


「若き天才と呼ばれる、17歳のプロ棋士・桐山零。しかし彼には、家も、家族も、居場所も--何もなかった」というナレーションが衝撃的なオープニング。
深い孤独と不安を抱えながら、人生の闘いに飛び込もうと未来に向かって顔を上げる主人公・零の表情に、一瞬で『3月のライオン』の世界に引き込まれていきます。

そして、ファンの間で「神木隆之介くんの零役と同じくらい神がかった共演陣」と言われる豪華キャスト陣。義姉・香子役の有村架純ちゃんなど、動くキャラクターたちに心が躍る事間違いなし!
映像の中にはキャスト未発表のキャラ・二海堂晴信も一瞬だけ登場します。
零のライバルであり、“心友”として人気の高い二海堂晴信役を演じているのは一体誰なのか?正式発表が待ちきれません!

第1弾ポスターの注目ポイント

待望の第1弾ポスター

待望の第1弾ポスター

注目ポイント1:変わりゆく東京の街を背景に、美しく散る桜の下で佇む零!
タイトルの由来となった春の訪れを表す英国のことわざ「3月はライオンのように荒々しい気候で始まり、子羊のように穏やかに終わる」という季節に、不安を抱きながらも未来を見据える零の眼差し。“闘うことでしか生きられない”と心で叫ぶ彼の視線の先には一体何があるのか?

注目ポイント2:様々な表情を見せる各キャラクターが勢ぞろい!
厳しさ・強さ・優しさ・・・それぞれが何かを背負い、誰かのために、生きるために闘っている。様々な表情が、それぞれのドラマを想像させます。

魂がぶつかり合う感動のエンタテインメント<2部作>

桐山零・17歳、将棋のプロ棋士。まだ見ぬ冒険が始まる!
中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は川向こうに住む川本家の三姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神の全てを賭けて挑む、想像を絶する戦いが零を待ち受ける!

神木隆之介くんは零役を演じるために日々鍛練し、その将棋の実力を評価され、日本将棋連盟からアマチュア初段免状を授与されるなど、様々な面で話題の『3月のライオン』は、2017年【前編】3月18日(土)【後編】 4月22日(土)2部作連続・全国ロードショー!。

©2017 映画「3月のライオン」製作委員会

【関連記事】:
◆神木隆之介主演、2部作実写化『3月のライオン』第3弾キャスト発表!
◆原作ファン待望!神木隆之介くん演じる『3月のライオン』桐山零のキャラクター写真解禁!

Facebookコメント

Return Top