笑いと涙あふれる感動の実話『浅田家!』が、遂に公開!二宮和也他豪華キャスト・スタッフ陣が登壇し 会場と全国47都道府県の観客へ喜びの声をお届け!

二宮和也さん イベントレポート

大ヒット公開中の映画『浅田家!』。本作の初日舞台挨拶が10月2日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ・スクリーン7にて行われ、二宮和也さん、黒木華さん、風吹ジュンさん、平田満さん、妻夫木聡さん、浅田政志さん、中野量太監督が登壇しました!

メイン メイン2

主演の二宮さんをはじめとした7名のキャスト・スタッフ陣が壇上に現れると、会場に集まった約130名の観客から大きな拍手が沸き起こり、久々のお客様を前にキャストも嬉しそうに場内を見渡していました。舞台挨拶の模様が全国150館の劇場に生中継されていることについて、二宮さんは「こうして初日を迎え、舞台挨拶ができて本当によかったです」と話し、初日を迎えた喜びと感謝を伝えました。

トークでは、すでに映画を観た方々から「泣ける」という声が多く届いていることに触れ、<劇中でグッときたシーン>について、キャスト陣は各々印象に残っているシーンを語り、回答ひとつひとつに対し、深く頷き合いながら感想を述べました。

フォトセッションでは、過去に浅田さんが実際に受賞し、劇中にも登場する木村伊兵衛写真賞の授賞式を彷彿とさせる金屏風をバックに画作りし、華々しく初日を祝いました!最後、急遽浅田さんが壇上のキャストを撮影する展開に!終始あたたかな雰囲気の中で、初日舞台挨拶を終えました。

(以下スタッフ、キャストコメント紹介)

<二宮和也さんコメント>
二宮和也さん
僕らはレギュラー番組もやっていて、通常だったらお客さんに盛り上げてもらうところも、そういうことも無くなり、むしろそれが定着しつつある中で、こうして舞台挨拶ができて本当によかったです。全国の皆さんにこうやって登壇者が出てきて挨拶する姿をお見せすること自体が久々なんじゃないかと思います。“動き出したな”という感覚がすごくあります。お母さんに殴られるシーンが“浅田家”を一番象徴していて良いシーンだなと思います。一見普通の家族と逆転しているように見えるけど、でもそれが不思議とフィットしていて、あたたかさを感じるシーンで「浅田家らしいな」と思いました。久しぶりに舞台挨拶をやらせて頂きましたが、今後もこういう形で映画の世界は戻ってくると信じています。みんなで同じものを観て共有するという行為が映画の価値を高めることだと再認識しました。

<妻夫木聡さんコメント>
妻夫木聡さん
本日無事に初日を迎え、こうして皆さんの前に立てていることが本当にありがたいことだと実感しています。(劇中の)少女が父親の写っている写真を探すシーンがグッときました。僕も最近アルバムを見返す機会がありましたが、父があまり写っていなくて、理由は映画と同じだと思うのですが、そこで父親の愛情にはじめて気づくことができました。二宮さんは本当に人たらしで、人との間に壁を作らず、常に自由に羽ばたいているような人なので、一緒にいるとこちらまで感情豊かになりました。

<風吹ジュンさんコメント>
風吹ジュンさん
とても楽しい作品に参加できて嬉しかったです。観た人が多幸感に包まれる作品だと思います。政志(二宮さん)と若奈(黒木さん)が電話で話しているシーンは、別場所で全く違う場所で撮っているのに、二人のやりとりがすごく繋がっていて感動しました。

<平田満さんコメント>
平田満さん
こんなに人を好きになる映画に出演できて嬉しいです。父親が亡くなった娘の写真を探すシーンにグッときました。僕も父親なので、そういう話に弱くて…。

<黒木華さんコメント>
黒木華さん
あたたかい映画に参加できてとても嬉しいです。実際に浅田さんがコスプレ家族写真を撮影している姿にグッときました。
ご本人が実際に撮影していたときのことを、重ね合わせながら見ているのかと思いながら見ていました。

<浅田政志さんコメント>
僕が家族に迷惑をかけた話が、こんなに素敵な映画になって本当に嬉しいです。

<中野監督さんコメント>
今日を迎えるために映画を作ってきたので、初日を迎えることができて嬉しいです。

映画『浅田家!』は大ヒット公開中です!

『浅田家!』公式サイト
<作品概要>
出演:二宮和也
黒木華 菅田将暉 風吹ジュン 平田満
渡辺真起子 北村有起哉 野波麻帆
妻夫木聡
原案:浅田政志「浅田家」「アルバムのチカラ」(赤々舎刊)
監督・脚本:中野量太
脚本:菅野友恵
製作:東宝映画、ブリッジヘッド、パイプライン
配給:東宝
©2020「浅田家!」製作委員会