RADWIMPS野田洋次郎が主題歌「うるうびと」を生歌唱!映画『余命10年』大ヒット御礼舞台挨拶

RADWIMPS野田洋次郎が主題歌「うるうびと」を生歌唱!映画『余命10年』大ヒット御礼舞台挨拶 イベントレポート

3月17日(木)東京・丸の内ピカデリーにて、映画『余命10年』の大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、小松菜奈さん&坂口健太郎さんが舞台挨拶に登壇!さらに、RADWIMPS野田洋次郎さんもサプライズ登場し、本作の主題歌「うるうびと」を圧巻の生歌唱しました!

RADWIMPS野田洋次郎が主題歌「うるうびと」を生歌唱!映画『余命10年』大ヒット御礼舞台挨拶

自らの余命を知り、もう恋はしないと誓った茉莉(小松さん)、生きることに迷い自分の居場所を見失った和人(坂口さん)が惹かれ合い、紡ぎだした“10年間”を描いている本作。公開から約2週間で興行収入11億円を突破、リピーター鑑賞者も続出している中、周囲の反応を聞かれた小松さんは「こんなに嬉しいことはないです。日々色々な感想を見て感激する日々です。小学校の娘を連れて映画を観てくれた人から子どもたちにもちゃんと届いてたっていうお話を聞けて、そうゆう作品に巡り合えたことと、このタイミングで公開することは本当に良かったと思います」とコメント。

続けて坂口さんは「感想の中で『この作品を観て潤いを与えてくれる』という感想があったんですよ。それは本当に美しいことだなと思いました。公開して世界に羽ばたいていきましたけど、そこから何かを感じてもらうことができて、それだけで、この作品をやった意味があったなって感じましたね。この仕事の一番大事な部分。その感想を見て僕も潤いましたね」と微笑みました。

そして、野田さんは「僕自身が周りに(映画を)観てよと伝えた映画は初めてでしたね。この作品は出会わないよりは、出会った方が何倍も豊かな日々になるなと音楽を作りながら思いました。自分の大事な人には絶対に観て欲しいと思っていますし、観てくれた人からの感想を聞いてやって良かったと実感しますね」と周囲からの反響を明かしました。

また本作の劇中楽曲も実写映画としては初めて全編に渡りRADWIMPSが手掛けていることについて聞かれた野田さんは「実写映画の音楽を担当するのは初めてで。新海さんとアニメーション映画ではやっていましたけど、実際の映像を見ながら音を付けるというのは初めてでした。毎日スタジオに行って、茉莉と和人に毎日(映像で)会いながら、毎日涙を流しながら音を付けていった一年間でした。こうゆう作品とはこの先もあまり出会えることはないだろうなと思えるくらい貴重な時間でした。この中で断トツ作品を観てますね(笑)ぜひ追いついて欲しいな」と笑いを誘っていました。

そのような想いが込められて作られた楽曲には「作品のシーンごとに人物に寄り添う劇伴はまさに達人」、「歌詞が凄くいい」などの声が届いており、キャスト・スタッフ陣にとっても心の拠り所のような存在となっていたといいます。クランクイン前に楽曲があると嬉しいと藤井道人監督から依頼があったそうで、野田さんは「撮影の前に道しるべとなるような音楽を作ってもらえませんかということで。それで「うるうびと」のデモを脚本を読ませてもらいながら作って、脚本を読んだ段階での自分の素直な感情を歌詞にしました」と振り返りました。

小松さんは「RADWIMPSさんが主題歌を歌ってくださると聞いて1000%良いに違いないと思いました(笑)。それで完成した曲を聴いて本当に素晴らしかったです。映画の撮影前はどんな風になっていくのか未知の世界だったんですけど、曲のおかげで扉が開いてくれたというか、この音楽を超えるものを作っていかないと負けてしまうと思いながら、目指す場所があったので、茉莉を演じていて曲に助られることが日々ありましたね」と感謝を語りました。

坂口さんは「初めて聞いた時は和人目線のような感覚でした。原作と台本を読んだ時にまだ自分の役とか映画の輪郭があんまり見えていなかったんですけど、曲を聴いて和人を本で読んでいたときに残される辛さみたいなのを考えたんですよ。でも(曲を聴いて)“出会えたことの幸せ“という方向に転換された。和人を作る上で助けになりましたし、気が引き締まった感覚になりました」と役作りおいても指針となった存在だったと明かします。

RADWIMPS野田洋次郎が主題歌「うるうびと」を生歌唱!映画『余命10年』大ヒット御礼舞台挨拶

ここで、MCから野田さんが本作のために書き下された主題歌「うるうびと」をサプライズで初披露することを伝えられると場内からは驚きの声が上がりました。そして、野田さんがゆっくりとピアノを弾き始め演奏はスタート。最初に劇伴の「和人の告白」、次に「Opening of [余命 10 年]」を披露。最後に主題歌「うるうびと」が圧巻の生歌唱で披露され、野田さんが奏でるピアノの旋律と、柔らかく優しい歌声は場内を包み込み、その様子に場内は酔いしれていました。上映後の舞台挨拶ということもあり、涙を堪え切れずに流すお客さんもいる中、生歌唱の感想を聞かれた小松さんは「凄すぎます…。言葉で言い表せない。超贅沢な時間だと噛みしめちゃいました。感情を優しく抉ってくる感じ。こんな素晴らしい曲を、この映画に命を吹き込んでくれてありがとうございます」と言葉に詰まるほど感激した様子をみせました。

それには坂口さんも「目一杯になってしまいます。ね~・・・(笑)これが感想というか(笑)。演者だけじゃなくて、スタッフの方々にとっても道しるべのようなものでしたね。クランクイン前にみんなの向きが揃って、足を踏み出せたのはこの「うるうびと」っていう曲の力だったと思いますね」と野田さんに感謝を伝えました。それを受けて野田さんは「手が震えましたね。二人(小松さん、坂口さん)の前で、映画を観てくださった皆さんの前で初めて演奏出来てすごく幸せでした」と笑顔でコメント。

そして、本作で注目して欲しいシーンを聞かれた野田は「嫌な人が一人もいない。全ての人の人生が真っすぐで、生き生きとしていたし、どの人も主人公として生きているなと思いました。命をちゃんと燃やしている人たちばかりの映画だなと思って、それはすごく稀有なことだなとも思いました。だから観るたびに自分は視点を変えてしまう。一回目はこの人を見てたけど、二回目は別の人を見るという風に見る方向を変えると、全く違う感情を貰えたりとかあると思う。そうゆう楽しみ方や見方をすれば、もっと気づけること感じることがあると思います」と野田流の本作の楽しみ方を伝授。
同じく注目箇所を聞かれた小松は「茉莉のビデオを回しているところは私が撮っています!(笑)。撮影する時も本編の撮影カメラが現場からなくなって、茉莉のハンディカメラのみになるんです。『これが本編に使われるんで』って藤井監督に言われて、急にプレッシャーを感じました(笑)。茉莉の視点を感じてもらえたら良いなと撮影しました」と劇中でも印象的な茉莉視点のハンディカメラ映像の裏話を披露。
一方の坂口は注目箇所について「桜のシーンかな。和人が松葉杖をついているシーン桜だし、物語終盤のシーンも桜なんですよね。桜ってすごく不思議で、とっても幸せで美しいものにも見えるけど、どこか刹那的で儚いものにもなるじゃないですか。作品は四季を少しずつ丁寧に追っていますけど、春の印象的な桜だけでこんなにも感じ方が違うんだって思いましたね」と約一年という時間をかけて丁寧に四季の移り変わりを撮影した本作の魅力を語った。
 
最後に野田さんは「この映画は観ないよりは、観た方が次の日から日々や景色が変わる気がします。僕はこの作品に出会ってすごく変わったし、違う景色を見させてもらった。皆さんもその感覚や気持ちを貰ったら、自分の大事な人に『この映画を観て』と伝えてみてもらって欲しい。それで、観てもらったら言葉を交わして、どんな感覚を共有できるかを話してみて欲しいなと心から思います」とメッセージを贈りました。坂口さんは「大ヒットして少しずつ作品を愛してもらってこの場に立てているんだろうなって嬉しく思います。愛しい気持ちになれる作品だと思いますし、一人でも多くの人に彼女が生き抜いた姿を見届けてもらえたら嬉しいです」と感謝を述べ、小松さんは「これまでたくさんの人に支えてもらい、どんどん広がっていってくださっている作品なんだなと実感しております。舞台挨拶などで泣いてしまうことが多かったんですけど、それくらい魂を込めて茉莉として全身で表現し、生き抜いてきました。かけがえのない一年間で、人生の財産になる作品だったと思います。これからも何年も、何十年も、何百年先も『余命10年』が愛され続けてくれれば嬉しいなと思います。ありがとうございました」と力を込めて挨拶し、イベントは幕を閉じました。映画『余命10年』は大ヒット公開中です!

記事の写真はCinemaGeneの公式InstagramにもUPしています!こちらもチェックしてみてくださいね!

RADWIMPS野田洋次郎が主題歌「うるうびと」を生歌唱!映画『余命10年』大ヒット御礼舞台挨拶

『余命10年』公式サイト
原作:小坂流加「余命10年」(文芸社文庫 NEO 刊)
監督:藤井道人
脚本:岡田惠和 渡邉真子
出演:小松菜奈、坂口健太郎
山田裕貴、奈緒、井口理 / 黒木華
田中哲司、原日出子、リリー・フランキー / 松重豊
音楽・主題歌:RADWIMPS「うるうびと」(Muzinto Records / EMI)
【配給】ワーナー・ブラザース映画
【コピーライト】©2022 映画「余命10年」製作委員会
【原作書影クレジット】文芸社文庫NEO刊
【映画公式ツイッター/インスタグラム】@yomei10movie #余命10年

【STORY】
20歳で不治の病にかかり、もう恋はしないと心に決めた余命10年の茉莉。生きることに迷い、自分の居場所を見失った
和人。同窓会で再会した2人は惹かれあい、ありふれた毎日が嘘みたいに輝き出す。病を隠し、これ以上一緒にいてはいけ
ないと知りながらも増えていく、和人との大切な思い出 失われていく時間のなか、 彼らが最後に選んだ道とは?

イベントレポート
シェア
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene