映画『キリエのうた』さまざまな表情を見せるエモーショナルな予告編&ティザーポスター第二弾が到着!更に主題歌と魅力溢れる追加キャストが解禁!

映画ニュース

10月13日(金)公開の映画『キリエのうた』より、予告編・ポスター・主題歌・追加キャストが解禁となりました!

映画『キリエのうた』60秒予告【10月13日(金)公開】

この度、アイナ・ジ・エンドさんの唯一無二の歌声が響き渡る主題歌「キリエ・憐れみの讃歌」と共にさまざまなキャラクターの多彩な表情が垣間見える予告編が解禁となりました。

音楽映画としてのタッグは、『スワロウテイル』(1996)『リリイシュシュのすべて』(2001)以来、長年タッグを組んできた岩井俊二監督と小林武史さんのもと、新たなミューズ アイナ・ジ・エンドが加わり生まれた本楽曲。音楽映画である本作を形作る名曲の誕生となりました。

併せて、追加キャストとして村上虹郎さん、松浦祐也さん、笠原秀幸さん、粗品さん(霜降り明星)、矢山花さん、七尾旅人さん、ロバートキャンベルさん、大塚愛さん、安藤裕子さん、江口洋介さん、吉瀬美智子さん、樋口真嗣さん、奥菜恵さん、浅田美代子さん、石井竜也さん、豊原功補さん、松本まりかさん、北村有起哉さんの出演が発表されました。

映画『キリエのうた』さまざまな表情を見せるエモーショナルな予告編&ティザーポスター第二弾が到着!更に主題歌と魅力溢れる追加キャストが解禁!

ティザーポスター第二弾も解禁となり、予告編でも印象的なシーンであった、路花、真緒里、夏彦が楽しそうにギターを奏でるシーンが切り取られたものになっています!

(以下、キャストスタッフコメント全文)

■音楽:小林武史さん
岩井監督とは近年も公私ともに付き合わせてもらってますが、音楽映画となると「リリイ・シュシュのすべて」や「スワロウテイル」以来で、今回また新しい扉が開かれようとしています。作りながらどんどん良くなっていっている手応えがあります。サウンドトラックと主題歌「キリエ・憐れみの讃歌」を作りながら、映画の後のKyrieをイメージした音楽も生まれています。アイナさんと一緒に作業するたびに、彼女の稀有な才能に驚かされています。

追加キャスト/キャラクター名

■ギタリスト・風琴 役:村上虹郎さん
岩井組、痺れる映画体験でした。 アイナ氏の隣でギターを奏でられる事、最高のバンドメンバーと共に。

■IT会社社長・波田目新平 役:松浦祐也さん
岩井組からお声がけがあり、喜び勇んでカミさんに報告すると、熱心な岩井作品ファンのカミさんが「お願いだから断って!アンタは絶対岩井監督の世界観に合わないから!」と懇願されました。お断りするはずもなく、バカ面さげて現場に行ったのですが、想像以上に撮影が楽しかったのです。岩井監督のたまに短い言葉で与える演出が面白く、芝居がガラッと変わるので本当に驚きました。『キリエのうた』参加できて幸せでした。

■ストリートミュージシャン・松坂珈琲 役:笠原秀幸さん
岩井俊二監督は、僕の人生を変え続けてくれている人です。自由の中にある緊張感で、そこに存在できているかをしっかりと見てくださる監督です。久しぶりに参加させて頂く事になり、撮影期間はずっと心が高揚していました。アイナさんは、その歩まれてきた道、アイナさんにしかできないやり方で、圧巻でした。キャスト、スタッフの熱量が一つにならないとできない、凄まじい映画に参加させて頂きました。是非、たくさんの方に見て頂きたいです。

■キーボード奏者・日高山茶花 役:粗品さん(霜降り明星)
岩井井監督とも撮影以来、久しぶりに再会できました。 毛量偉人やん!俺の知ってる60歳のなかで一番毛量多い! 監督のロン毛を見て俺は髪の毛を切りました。(笑) アイナさんにはいらんもんばっかり貰って、和気藹々とさせてもらってありがとうございます。

■謎の少女・イワン 役:⽮山花さん
岩井組の皆さんと色々な場所に行ったこと、話したこと、一緒に見た夕焼けや食べたもの、全ての記憶が宝物です。 岩井監督はアニメやピアノのことなど色々な話しをしてくれました。最初は緊張していましたが、毎回監督に会うのがとても楽しみになりました。

■ストリートミュージシャン・御手洗礼 役:七尾旅人さん
映画に出たり小説を書いたりせず、ひたすら歌のみで表現していくと決めて25年やって来たけれど、岩井俊二監督から書きかけの台本の中の自分の役柄を見せて頂いた時、人生で一度だけ出演してみようと思った。路上にたゆたう無数の歌を顕在化させる基点として、僕が演じるMがいる。曲も作ることになり、感慨深い時間を過ごした。まだ完成版を観ていないので自分がどんな姿を晒しているか判りませんが、僕の醜態は他の素晴らしい役者陣が帳消しにするでしょう。

■加寿彦のパートナー・マーク・カレン 役:ロバートキャンベルさん
ワンシーンごとの撮影が、禅問答のように静かに流れる時間の中で行われたことを覚えている。演技指導はいっさいなく、俳優の心身に秘めた力をぐっと押し出すように、何度もテークを重ねていった。監督は厳しい表情を見せていない。代わりにもっと深い場所から、聞こえる人には聞こえる、魂を呼び覚ます大きな声を響かせている気がした。リズムの心地よく懐かしい一体感が、その日の午後にはあった。

■キリエの母・小塚呼子 役:大塚愛さん
10代の頃、岩井監督の作品に出会い、一瞬で魅了されました。いつか何かしらで関わりたいと淡い夢を抱き、ついにデビューして20年でようやくそれが叶い、未だドキドキしています。あの日というパズルがハマった完成の絵を、しっかり見届けたいと思います。

■児童福祉司・沖津亜美 役:安藤裕子さん
岩井さんの作品に触れたのはまだ私が高校生で、胸に捉えようのないタールみたいなものがこびり付いていた頃だと思います。 やりようのない孤独とか、絶望とか、文字にしてしまうと陳腐なんだけれど、そう言った感情の共犯者になってくれるような予感がありました。 置いて行かれた側の人間にしか分からないような、そんな想いです。 大人になってこうやって岩井俊二の世界に自分がお邪魔できるとは。 人生捨てたもんじゃないと思います。 ありがとうございます。 アイナちゃんは同じミュージシャンとあって、心易い思いで接していたけれど、彼女の踊りを見て息を呑みました。 その空間を捉える指先の動き一つ見逃せないものがあります。 そして寂しさの分、優しい人です。 ご一緒できて嬉しかった。

■夏彦の伯父・潮見加寿彦 役:江口洋介さん
久々に岩井監督の新しい音楽映画が出来ました。 以前出演した「スワロウテイル」では、リョウ・リャンキという役を演じたのですが、 岩井監督の現場は独特で、何も言われないのだけど自然に体がその世界観の中に入っていくような不思議な現場で。今回の撮影現場でもすごく気持ちよくやらせていただきました。

■夏彦の母・潮見真砂美 役:吉瀬美智子さん
今回お声がけいただき、岩井組に参加させていただけて本当に光栄でした。
どうして私がキャスティングされたんだろう、間違えてないかなとドキドキしていましたが、以前から似ていると言われていた松村くんと親子役で共演できると聞いてとても嬉しかったです。

■夏彦の父・潮見崇 役:樋口真嗣さん
不詳樋口、俳優部として三度目の岩井組参加にして、今までと違う三つのチャレンジを年甲斐もなくできるだけ頑張らせていただき、改めて岩井組俳優部の皆さんの困難とそれを微塵も感じさせぬ姿勢に感服致しました。 つけたまま帰ってしまった結婚指輪をお返しするのを忘れてましたので今度持っていきます。

■真緒里の母・広澤楠美 役:奥菜恵さん
広瀬すずさんの母親役として出演させていただきました。岩井さん特有の現場の空気感に懐かしさを感じながらも、この作品世界の中にいられる幸せを感じながら撮影していました。 あの日失ったもの、捨てたもの。心と折り合いをつけるしかない孤独や、照らされた道を探し彷徨うそれぞれの抱える痛み。冷静に映画を観ていたはずの私も、映像美と音楽に惹き込まれ、気付けば心がポロポロ泣いていてしばらく声が出てきませんでした。

■真緒里の祖母・広澤明美 役:浅田美代子さん
私はすずちゃんの”おばあちゅぁん役”をやらせていただきました。 最初は緊張して現場に行ったんですが、それを溶かしてくれるような監督でほっとしました。岩井俊二ワールド満載の作品を沢山の人に観ていただきたいです。

■楠美の恋人・横井啓治 役:石井⻯也さん
岩井監督とは90年代から本当に長いお付き合いになりますが、作品に出るのは2回目で、松たか子さん主演の「四月物語」(1998)以来ですね。久しぶりに岩井さんの映画作りの現場を目の当たりにして、相変わらず入り込み方が凄いと言いますか、ただならぬ迫力を感じました。そこが彼の素晴らしいところです。主演のアイナちゃんは、直接の絡みはなかったのですが、別に話す機会があり、これからが楽しみな才能だなと思いますね。

■イッコの元恋人 役:豊原功補さん
岩井監督の作品を観るたび、人の輪郭が物語の中に消えいりそうな、無垢な死生観みたいな感覚を受けておりました。果たして撮影時の岩井監督自身からもその輪郭線は明らかには見えず、浮遊する空気と時間の流れにいつしか裸にされているような未知な時間がありました。そこへアイナ・ジ・エンドさんの佇まいが輪をかけて亜空間を作り出していたことは疑いようがなく、曲の中に消え入ってしまうようなあの歌声からもやはり、あの二人は何らかの妖術を手にしているのだろうと勝手に推測しております。素敵な撮影現場でした。映画の完成を楽しみにしております。

■イッコの元恋人のガールフレンド 役:松本まりかさん
中学生の時、「リリイ・シュシュのすべて」のオーディションで岩井監督とお会いして22年。ひとときではありますが憧れ続けた岩井組への参加となりました。今作でのアイナさんの歌声、芝居、存在に、鳥肌と得も言われぬ涙が何度も頬を伝いました。本物がここに存在した証なのだと思います。

■音楽プロデューサー・根岸凡 役:北村有起哉さん
衣装合わせで早めに着いて待っていたら、のっそりふわわっと監督がいらっしゃって、完全に虚をつかれ(うわ!本物の岩井俊二監督だっ!)と少しばかり虚勢を張ってた情けないボクは心の中で叫んでおりました。そしてアイナ・ジ・エンドさんとのはじめてのシーンでは「じゃあ、歌ってごらんよ」なんてエラソーなセリフをテーブル越しに吐いたら、彼女の生声をモロにくらってHPポイントが1になりました。そのくらいの衝撃を受けたのです。

『キリエのうた』公式サイト
タイトル:『キリエのうた』
原作・脚本・監督:岩井俊二 『キリエのうた』(文春文庫刊)
企画・プロデュース 紀伊宗之(『孤狼の血』シリーズ『シン・仮面ライダー』『リボルバー・リリー』他)
出演者:アイナ・ジ・エンド 松村北斗 黒木華 / 広瀬すず
音楽:小林武史
主題歌:「キリエ・憐れみの讃歌」Kyrie(avex trax)
公開表記:2023年 10月13日(金)全国公開
制作:ロックウェルアイズ
配給:東映
コピーライト:Ⓒ2023 Kyrie Film Band