CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

ビルの間、地上411mの高所を命綱なしで空中闊歩!?実際にあった驚きの挑戦を映画化!映画『ザ・ウォーク』

1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センター、NYにそびえ立つ摩天楼の中でも王者と呼ぶにふさわしい荘厳なツインのタワー。この間をワイヤーロープ一本でつなぎ、命綱なしの空中闊歩にある男が本当に挑みました。
その男、フィリップ・プティを演じたのは「インセプション」で注目された若手実力派俳優、ジョセフ・ゴードン=レヴィット!そして監督には『バック・トゥ・ザ・フューチャー』そして『フォレスト・ガンプ/一期一会』などで知られるアカデミー賞監督ロバート・ゼメキス。
高所恐怖症の方は、視聴注意の大迫力予告編はコチラ!

特別映像

予告編

新予告編

最新予告編

最終予告編

ストーリー

1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センター、NYにそびえ立つ摩天楼の中でも王者と呼ぶにふさわしい荘厳なツインタワー。この間をワイヤーロープ一本でつなぎ、命綱なしの空中闊歩にある男が本当に挑んだ。その男とはフィリップ・プティという。
常に“最先端のVFX技術”を活かした映像で世界中を驚きと感動で魅了してきたロバート・ゼメキス監督の“集大成”であり“最高峰”となりそうな迫力あるビジュアルが画面を超えて伝わってくる。ゼメキスは語る。「1974年 当時世界一の高さを誇るツインタワーの間を渡ろうとするなんて、誰も考えない。前人未到のチャレンジをした男だけが味わえる外界から遮断された孤独。生と死のドラマ。高所恐怖症にはあまり気持ちのいいものではないかもしれないがね(笑)」不可能にも思えるこの男の挑戦は紛れもない実話であり、記録としても残っているが、なんと映像には残されていない。まさに実話を完全映像化したといえる本作、そう、この映像は、誰もが<100%未体験>である。
月面を歩いた人間は12人いる-ワールドトレードセンターの間に渡したワイヤーロープの上を歩いた人間は-1人しかいない。

TheWalk_新ポスタービジュアル

2016年1月23日(土)全国ロードショー

Facebookコメント

Return Top