CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

古川くんから踏まれた手は“青あざ”に(笑)。映画『ライチ☆光クラブ』初日舞台レポート

鬼才・古屋兎丸ロングセラーコミックの映画化『ライチ☆光クラブ』が2月13日(土)より全国で公開されました。
映画公開を記念して、主演の野村周平をはじめ、古川雄輝、中条あやみ、間宮祥太朗、池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音ら10人の最旬若手俳優と、内藤瑛亮監督による舞台挨拶を実施しました!
litch_0213
朝から渋谷、池袋、横浜と各地の劇場を回ってきた監督・キャストらは、新宿での最後の舞台挨拶に感無量の様子。

野村:「ようやく公開を迎えて、ここからスタートではあるのですが、寂しい気持ちでいっぱいです。」
古川:「おはよう、廃墟の恋人たちへ、薄汚い豚ども!」(会場大盛り上がり)
間宮:「バレンタインの前日にこのような刺激的な映画を見に来てくれてありがとうございます。この日をすごく楽しみにしていたので、迎えられてすごく幸せです。」
内藤監督:「オーディションにすごく時間をかけてキャスティングしたのですが、本当にこの10人に出会えて、一緒に作品を作れてよかった」

舞台挨拶のトークでは、

Q:現場で撮影が大変そうだなと思った人は?

野村:(古川を挙げ)セリフの量も膨大でしたし、ラストのシーンもとにかくすごくて…最初から最後まで大変そうだったので、陰から応援していました。

古川:(中条を挙げ)みんな血のりを浴びていたのですが、中条さんは一人スカートですし、水の中にも入っていたので、大変だなと。

内藤監督:(中条を挙げ)水に濡れていただけじゃなく、中条さんはワイヤーに吊るされて演技するシーンも多かったので、可愛そうだなと。でも、もう一回撮らせてって言ってました(笑)

中条:大変だったのは否定しないです(笑)でも皆さんが頑張っているねって励ましてくれたので頑張れました!

Q.「この人のこの演技はすごい」と思った人は?

古川:(池田を挙げ)非常に迫力のあるお芝居をしていまして、僕もついその迫力におされてアドリブで彼の手を踏みつける演技をしてしまいました。

池田:嬉しいです!青あざになりましたけど(笑)。(岡山を挙げ)ライチとメンバーが会話をするあるシーンで、天音君のただ一言のシーンだったんですけど、その一言の力の入れようが素晴らしいなと思いました。朝からその一言をずっと練習されていたので、気合が入っているなって見てました。

岡山:(柾木を挙げて)柾木君演じるダフが廃墟である行為をするシーンがあって、僕自身は現場にいなかったのですが、あとから聞いたら柾木君が過呼吸になりながら臨んでいたと聞いて。出来上がったものを見てもすごく素敵なものになっていたので、尊敬しました。

柾木:(古川を挙げて)完璧なゼラを演じられていたので、素晴らしいなって。

Q.第一印象と、現場に入った後で、ギャップがあった人は?

戸塚:(野村を挙げて)最初会った時は「何かしてやるぞ!」と思っているような空気感があったのですが、ただのバカだなと。バカと天才は紙一重だなと。ほめ言葉ですよ!(笑)

柾木:(野村を挙げて)パッと見たとき怖いなって思ったのですが、今は戸塚くんと似たようなことを感じています。僕はバカとは言えないですけど(笑)

野村:あとで覚えとけよって感じですが(笑)。(藤原を挙げて)最初に入ったときに彼がかみついてきて、口喧嘩したのですが、現場に入ってからは本当にピュアな人なんだなって分かってきました。今思えば、なんで自分に喧嘩うってきたんだろうって。

藤原:(野村を挙げて)口喧嘩しましたね(笑)。野村くんに「その感じだと僕はカネダ役として君についていけない」って伝えました。初対面で(笑)。でも初日の撮影を終えて、ホテルで話したときに「自分はリーダーという柄じゃないから、不安だ」って心境を明かしてくれた時に、その言葉がすごく胸に響いて、彼についていこうと思いました。

間宮:(中条を挙げて)可憐で可愛いのに、現場ではものすごくタフ。大変な撮影の中でも、愚痴一つこぼさず、辛い顔魅せず、こんな男子ばかりの現場の中でやっていける精神力がすごいなと。

中条:皆さん個性的で、本当に勉強させていただける素敵な現場でした。(監督を挙げて)お会いするまでは、どんな残酷な人なのだろうって思っていたのですが、合ってみたらスヌーピー好きの可愛い方で、ギャップがありました。

内藤監督:(間宮を挙げて)最初会った時、男っぽい印象があったんですが、ジャイボ役のスイッチが入ると、ものすごく妖艶でエロくなるなあと。リハーサル時に、間宮君が「ゼラといるときは飼い猫のように、他のメンバーの中では野良猫のように演じたい」と言っていて、すごく面白い考え方をするなあと。

Q.この人の弱点に気づいた!という人は?

間宮:(野村を挙げて)野村さんは普段からすごく男らしいのですが、撮影後の飲み会の時に、疲れていたのか僕の胸の上で寝てしまって、「いい匂いするね正太郎」って言われて、本当に可愛かったです(笑)。

野村:カッコいい男の前で、理性が吹っ飛んでしまったんでしょうね。

中条:(古川を挙げて)ゼラの役に入りきっていて、話しかけてもそっけないところがあって。また、年下にどう話しかけていいのか分からないのかなって思いました(笑)

古川:僕だけ少し年が離れているので、確かにどう話したらよいのか少し人見知りしてしました。劇中は14歳なので、実年齢の半分の役柄でしたからね(笑)

Q.メンバーの中でこれまで一番チョコレートをもらってそう!と思う人は?

池田:(古川を挙げて)すごくカッコいいじゃないすか!撮影終わりに古川君と2人で温泉に行ってサウナに入ったのですが、その時に開始3分くらいで「俺もういい」ってすぐ外に出ちゃった時は可愛いなって(笑)カッコよさも可愛さも兼ね備えているなんて、これはモテるなと。

古川:(間宮を挙げて)男性からみても色気があってカッコいいなって実は思っていました。ジャイボにもぴったりだと思います。

中条:(間宮を挙げて)チョコをいらないのに、すごく貰っちゃうタイプなのかなと。余裕があるというか…女の子ってそういう男の子を追いかけたくなるじゃないですか。

間宮:最高の気分ですね!とりあえず、明日は古川くんと中条さんからチョコをもらえると思っていて良いんですよね?

古川:間宮くんには手作りチョコをあげることにします。

野村:(自分を挙げて)誰も挙げてくれないので、自分が可愛そうになっちゃいました。と、いうかすごく楽しそうにチョコの話をしていて…、ちょっと浮かれてないで、ちゃんと映画の宣伝をしてもらって良いですか!(笑)

と締めくくり、舞台挨拶は終了となりました。

『ライチ☆光クラブ』作品詳細

ようこそ☆禁断の少年世界へ
工場から黒い煙が立ちのぼり、油にまみれた町、螢光町。この貧しい地の廃墟へ、深夜に集まる9人の中学生がいた。この秘密基地の名は「光クラブ」。強いカリスマ性と天才的頭脳を持つゼラが、他の8人を感化し従えている。
学生服を着こんだ光クラブのメンバーは、敬礼やドイツ語を重要な符牒とし、ゼラが作り上げた規律を重視していた。
彼らは今夜、この秘密基地を覗いてしまった女を捉えた。拘束された女はゼラに「きみ、常川君でしょ?!」と呼びかける。彼らが通う螢光中の先生だったのだ。女教師に向かい、ゼラは「ここにおいて我はゼラと規定される」と宣言する。他の少年たちもこの光クラブにおいては、ニコ、雷蔵、カネダ、デンタク、ダフ、タミヤ、ヤコブ、ジャイボという通称で呼び合っていたー。


2016年2月13日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー
©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会

Facebookコメント

Return Top