CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』村上虹郎&寛 一 郎2ショットインタビュー

「東野圭吾作品史上、最も泣ける感動作」として名高い『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が待望の映画化。9月23日(土)より 全国公開されます。
主演を務める山田涼介さんと共に主役級の存在感を見せてくれるのが今注目の若手俳優・村上虹郎さんと、寛 一 郎さんのお2人。
同い年でプライベートでも大の仲良しだと語る、村上虹郎さんと寛 一 郎さんに今作への思いを語ってもらいました。

村上虹郎「翔太は僕の一面でもあるし、翔太の中にも僕がいたりする」


ーーーこの作品への出演が決まった時の心境を教えてください。
寛 一 郎さん(以下、寛 一 郎):凄く人気のある小説の実写化ということでプレッシャーを感じましたが、たくさん魅力的な人が出ている映画なので、とにかく撮影が楽しみでした。

村上虹郎さん(以下、村上):今回で3度目になるのですが、廣木組に是非参加させていただけたらと思い、お話を受けました。山田くんと西田さん、このお2人の名前を聞いた時はすごく興奮しました。

ーーーそれぞれが演じた、翔太(村上虹郎)、幸平(寛 一 郎)という役柄に共感するような部分はありましたか?
寛 一 郎:幸平に共感できる部分は結構あります。僕も「手紙書こうよ」って言っちゃうかもしれないですね(笑)そういう思想のようなところは特に共感できます。

村上:(山田涼介さん演じる敦也を含め)それぞれが演じた3人はかなり特殊で、ある意味可哀想な人生を歩んできている3人だと感じました。でも、それぞれが孤児として育っているということは自覚しているけれど、彼らにはちゃんと野望があって、夢があって。そこはいいな、と思います。翔太は僕の一面でもあるし、翔太の中にも僕がいたりするので、そこは切り離せない関係性だと思っていました。

村上&寛 一 郎「山田くんは僕らからしたら大先輩」

ーーーリーダー格で行動力のある敦也、冷静沈着な翔太、素朴で穏やかな幸平と、それぞれ三者三様のキャラクターですよね。プライベートではどの立ち位置になることが多いですか?
村上:どう?かんちゃんは。

寛 一 郎:僕はあんまり喋らないキャラなので…。

村上:(笑)寛 一 郎は普段も幸平キャラな気がします。僕はどっちかっていうと敦也キャラかな。この3人の関係性って長男、次男、三男にも見えるなと思っていて。例えばご飯食べに行った時に、メニューを決める人と任せる人がいるじゃないですか。じゃあ決めて、って言って決めてくれる人が敦也なのかなと。僕も結構決めちゃう人なので(笑)

村上虹郎さん演じる翔太

ーーー山田涼介さんはどのキャラクターに近いと思いましたか?
村上:山田くんはそれで言うと翔太に近いと思います。でも(現場では)基本的には引っ張ってくれていましたし、ただいるだけで存在感というか、その集中力は凄かったです。山田くんは仕事をやっている年数も全然違うので、大先輩です。

ーーーなるほど。撮影前に全シーンの通しリハが3日間あったとお聞きしましたが。
村上:はい、3日間全シーンの通しリハーサルをみっちりしました。とはいえ、やろうと思えば1日で終わるものだったのですが、それを朝早くから3人で集まって、3日間やるということで、その関係性を監督は意識したのかなと思いました。お互いを知ることができたので、幼馴染みに見えればいいなと思いながら撮影に挑みました。

寛 一 郎さん演じる幸平

ーーー撮影中、印象に残っているエピソードはありますか?
寛 一 郎:僕らは室内と外を走っているところがほとんどで…(笑)半分東京で半分大分だったんですけど、走るシーンはなかなかにきつかったよね。

村上:走るシーンを最初の方に撮影したのですが、監督に「右に曲がったら突き当たりを左ね」って言われていたんです。そしたら突き当たりがなくて!(笑)もうずーっと坂道を下るのですが、突き当たりがまったく見当たらないので、カットがかからずひたすら走ってました。(寛 一 郎は)「お腹痛い、お腹痛い」って。

寛 一 郎:いきなり走ったのでお腹痛くなっちゃって…。

村上:そのあとご飯食べに行っても全然食べられない、みたいな(笑)

ーーー映画では昭和30年代の街並みなど、レトロな雰囲気が印象的でした。
村上:「ナミヤ雑貨店」のあるシーンは大分県で撮影していました。実際の撮影地には昭和の街並みが残っていて、人は全然歩いてないのですが、お店に入ると満員で入れない。そういうところがちょっとジブリチックというか、「千と千尋」の世界のような、不思議な感覚でした。

寛 一 郎:(今では珍しい)昭和の景色が残った街なので、撮影がない時は虹郎とブラブラ歩いてご飯食べに行ってました。温泉とかも行きましたね。

村上&寛 一 郎「西田敏行さんは僕らにとってレジェンドな存在」

ーーー西田さん演じるナミヤ雑貨店の店主“浪矢雄治”さんにいま相談したい悩みはありますか?
村上:悩み…逆にありますか?(笑)僕は人にあまり悩みを相談しないタイプなので…そういう性格をどうしたらいいのか、っていう悩みはあります。

ーーー1人で考えて解決するという?
村上:そうですね。寛 一 郎もそうだよね。

寛 一 郎:僕もあまり人には言わないタイプですね。

村上:僕たち結構仲が良いのですが、言わないことは言わないので、結構隠してるタイプだよね。

ーーー西田敏行さんとのシーンでの共演はなかったと思うのですが、作品を見てどのように感じましたか?
村上:最初から物凄いインパクトでした。西田さんはもう画面に映るだけで西田さんの作品になってしまうなと。僕の中でもレジェンドな存在で。一番好きなドラマが「タイガー&ドラゴン」なのですが、それを密かに西田さんに打ち明けちゃいました(笑)

寛 一 郎:虹郎が言ったように、僕にとっても西田さんはレジェンドなので、凄い方ですよね。僕がああだこうだ言えないですけど、やっぱり見ていて引き込まれますね。

村上:本人がおっしゃっていたのは、(浪矢雄治は)意外と饒舌。西田さんは台本に書かれていないような自然な相づちを挟むんです。「よいしょ」みたいな。それが、西田さんでもあるし、ナミヤ雑貨店の人でもあるっていう。

西田敏行さん演じる浪矢雄治

ーーーお2人は東野圭吾さんの作品を読んだことはありましたか。
村上:初めてでした。今まで読まなくてもったいないなと思いました。よくこれだけ色んな方の気持ちを書けるなと。何人かで書いてるんじゃないかと思ってしまうくらい(笑)どういうことなんだろうって。作家さんって凄いなって思います。

寛 一 郎:僕も東野さんの作品は初めて読ませていただいて、普段はあまり本を読む方ではないんですけど、これは入っていくのが早かったですね。すらすらとページが進みました。

村上:とにかく回収力が凄いです。ただの過去と現在じゃなく、そこにストーリーが何層にも重なって、全部繋がっている。欲を言えば2時間ではなくもっと長い映像で見てみたいなと思いました。

「監督、やっぱりこれ違います」村上虹郎が抱いた衣装へのこだわり


ーーーお互いの演技についてどのような印象を持ちましたか?
村上:(寛 一 郎は)凄く素直だと思います。幸平って格好が面白くないですか?1人だけ面白い格好してかわいいなって思います(笑)

寛 一 郎:あの衣装はリハの時からずっと着ていましたね。

ーーー衣装もご自身でアイディアを出されたりとか?
寛 一 郎:僕は特に用意された衣装で問題なかったんですけど…虹郎がね。

村上:もちろん用意していただいたものを着るのですが、最初用意されたのがライダースとブーツというすごいパンクな感じだったんです。僕が台本を読んでイメージしていた翔太はそんな感じではなかったので、少し驚きました!自分に馴染ませようと普段からも着ていたのですが、やっぱりしっくりこなくて。クランクイン前に再度監督と相談して、変更させてもらいました。

ーーー村上さんは、廣木監督とは何度か一緒に作品をやられていますが、どのような印象を持っていますか?
村上:廣木監督は口下手だと思うので、2人でいる時は何を話していいのかわからないです(笑)
1回リハーサルに行く際に、駅の出口を迷っていたら監督にばったりお会いして。こっちだよ、って声かけてくれて。その時の装いが革ジャンにハットを被っていて凄いオシャレなんです。

寛 一 郎:僕、監督とほとんどしゃべっていなくて…(笑)監督はシャイな方で、僕もあまりしゃべる方ではないので。ただ、終盤にある大事なセリフのシーンでは「幸平もっとだよ、もっと気持ち作れよ!」と監督に鼓舞していただいたのが印象に残っています。

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』ストーリー


2012年。少年時代を養護施設で過ごした敦也は、幼馴染の翔太、幸平と悪事を働いて1軒の廃屋に逃げ込む。そこはかつて人々が悩み相談をすることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しているはずだったが、シャッターの郵便受けに何かが投げ込まれる音を聞く。それは、悩みを持つ人からの相談の手紙だった。何と、その手紙は1980年に書かれたものだった。敦也たちは戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書く。次第に明らかになる雑貨店の秘密と、その背景にある敦也たちがいた養護施設と浪矢の知られざる関係。
そして、これまで誰かの為に何かを真剣に考えたことなど一度もなかった3人が気付いていく他者とのつながり。
敦也たちが雑貨店の秘密をすべて知った時、1980年にいる浪矢との手紙のやり取りでもう一度再生する希望をもつ。
悩みを相談した人々をつなぐ奇妙な運命。その日、敦也たちに起きたのは、時空を超えたたった一夜だけの奇蹟だった。

原作:東野圭吾
出演:山田涼介、村上虹郎、寛 一 郎、成海璃子、門脇麦、林遣都、萩原聖人、尾野真千子、西田敏行
監督:廣木隆一
脚本:斉藤ひろし
映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』公式サイト
配給:KADOKAWA/松竹 (共同配給)
9月23日(土)全国公開
©2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

【関連記事】
◆山田涼介&門脇麦「ナミヤ雑貨店」一日店長に就任!『ナミヤ雑貨店の奇蹟』開店セレモニーイベント!
◆西田敏行、山田涼介を大絶賛も突っ込まれてタジタジ!?映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』豪華キャスト大集結の完成披露舞台挨拶イベント!
◆主演・山田涼介、涙の熱演!映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』1分で泣ける本予告映像&奇蹟の鍵を握る新場面写真解禁!

Facebookコメント

Return Top