CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

話題沸騰!映画『僕だけがいない街』の原作者・三部けいってどんな人?

maxresdefault (4)
出典:http://huutyanwanwan.com/2226.html/

『僕だけがいない街』が3月19日からいよいよ公開となります!
今回は、映画のストーリーと原作者・三部けいについて、その人柄や人気の秘密を調べてみましょう。

どんな雰囲気の映画なの?

boku_main

『僕だけがいない街』は、SF感とクライムサスペンス感満載の、スリルを楽しみたい人にオススメの映画です。謎の原因を解決するまでは、不思議な現象「リバイバル」から逃れられない主人公・悟を藤原竜也、ヒロインの愛莉を有村架純が熱演!見ればハラハラドキドキが止まらないはずです!

映画の予告編はこれ!!

原作「僕だけがいない街」は、ヤングエース(KADOKAWA)にて連載。
読者の間で面白いと評判になり、その後じわりじわりと人気を広げてきた作品です。そして、ついに2012年の「マンガ大賞」で2位を受賞し、2014年の「このマンガがすごい!男編」で今人気の面白い漫画として紹介されました。作者の三部けいはこの「僕街」で手塚賞に入選。それだけ面白い、実力派の漫画なんです!

映画を楽しく見るためにあらすじが知りたい!!

boku_sub1
主人公の売れない漫画家・悟は、タイムスリップを繰り返してしまう「リバイバル」という現象に巻き込まれます。事件が起こり、巻き込まれた悟は殺人事件を止めるため、何度もリバイバルをして奔走します。
boku_sub3

映画と、原作漫画の魅力とは?

boku_sub4

漫画を読んでいると、次々に驚くような展開が待ち受けているので、続きが気になってたまらなくなります。

三部けいについて、もっと詳しく知りたい!!

511te6nCqdL._SX350_BO1,204,203,200_
出典:http://www.amazon.co.jp/

この「僕街」をかいた漫画家・三部けいさんは、元はジョジョでおなじみの荒木飛呂彦のアシスタントをしていました。北海道出身で、絵の構図にこだわりがあり、最初は背景を描きたいと思い東京デザイナー学院へ入学します。さすが背景にこだわりがあるだけあり、三部けいの描く作品にはカメラワークを意識した構図のコマが多くあります。他の代表作「カミヤドリ」「STEAL AND DEAD」も是非チェックしてみてください。

絵の構図、構成へのこだわりのある人!

IMG_3175_convert_20140628234438
出典:http://burusukofa.blog.fc2.com/

三部けいはまた、漫画を描くのに、アイディアノートを必ず一冊は作るという勉強家でもあります。「僕街」を描くにあたって、主人公がリバイバルする昭和50年の時代風景をきっちり調べられているので、読んでいてもどこか懐かしさを覚えますね。

三部けいの作品が、魅力的なのはなぜ?

61Kp-Kzo31L._SL340_
出典:http://makiya22.com/

犯罪だけではなく、ヒューマンドラマでもあるこの作品。売れない頃は一人ぼっちで腐っていた悟が、次第に周りの人々と関わっていくことによって、成長していく様子も楽しめます。三部けいは、読者の心に寄り添った心理描写を得意とする漫画家なので、これだけの人気が出たんですね。

『僕だけがいない街』
3月19日(土)全国ロードショー
©2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

Facebookコメント

Return Top