CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

寒い夜に見たい。見ているだけで心があったかくなる映画5選

the-terminal_middle
出典:http://realtimewriteups.com/

寒い日が続いています。とくに夜なんかは、人肌恋しくなる季節ですよね。今回はそんな夜にぴったりな、心があたたまる映画を5つご紹介です。

空港で生活する男を描いた感動巨編『ターミナル』

アメリカの空港に着くやいなや、祖国がクーデターで消滅してしまい空港内から出られなくなってしまったビクター。彼の空港での生活は半年以上に及びます。その様子をコミカルかつヒューマンドラマ仕立てに仕上げた作品です。言葉もわからない、通貨も持っていない。ある意味究極の状況とも言える空港暮らし。全編通して空港がほぼ全ての舞台となっていますが、それを飽きさせないストーリーと映像が見ものです。

お相手はキャサリン・ゼタ・ジョーンズ!キュートなCA姿に釘付け

terminal-2004-61-g
出典:http://www.moviefancentral.com/

作品のヒロインとも言えるビクターの相手を演じるのはキャサリン・ゼタ・ジョーンズ。CA姿がとってもキュートで、見ていて羨ましいカップルになっています。キャサリン演じるアメリアは恋に悩むキャビンアテンダント。ビクターのいるJFK空港には定期的に降り立ちますが、いつも一緒にいられるわけではありません。なかなか進まないメロドラマにやきもきしつつ、楽しむのもまた一興です。

あの有名童話の原点『ネバーランド』

neverland
出典:http://www.amazon.co.jp/

誰もが知るお話「ピーターパン」。その誕生秘話を描いた作品です。ファンタジー要素もあり、何より美しい映像に心癒されます。傷心の青年が、子供たちとの交流を経て活力を取り戻していく様は見ているこちらも元気をもらえる作品です。新作を酷評され、妻ともギクシャクしてしまった劇作家のジェームズ。愛犬と公園のベンチで物思いにふけっていたところ、4人の男の子を連れた未亡人と出会います。彼らとの交流を深めていくジェームズ。心に傷を負った少年、ピーターに、物語を描くことを勧めます。

主演はジョニー・デップ!そしてピーターのモデルとなった子役は??

neverland2
出典:http://1000ya.isis.ne.jp/

主演を演じているのはあのジョニー・デップ。そして、「ピーターパン」の主人公、ネバーランドの住人の「ピーターパン」その人のモデルとなった、4人兄弟の3男ピーターを演じるのはなんとフレディ・ハイモア!ジョニー・デップとフレディ・ハイモアといえば、『チャーリーとチョコレート工場』同様のキャスティング!二人の素晴らしい演技力のおかげで映画は終始爽やかで少し幻想的な雰囲気をまとい続けます。ぜひ一度、手にとってみてくださいね。

人種差別問題が頻発する今、一度は見ておきたい『幸せの隠れ場所』

happiness
出典:http://www.amazon.co.jp/

行き場所のなかった黒人青年と、白人一家の心温まる交流物語。ある寒い夜、Tシャツ短パン姿で道を歩いている黒人青年マイケルを見つけるリー・アン。思わず彼を家に泊まらせますが、彼女の家は白人でも裕福な一家でした。白人と黒人の対立を経て徐々に家族に受け入れられていくマイケル。そしてリー・アンはマイケルのフットボールの才能を見出します。実在のフットボール選手、マイケル・オアーの半生を映画化した作品です。

福山雅治が苦悩する父親を演じる『そして父になる』

father
出典:http://www.amazon.co.jp/

学歴、仕事、家庭、全てを完璧に手に入れた勝ち組を自称する良多。しかしある日、病院からの連絡で自分の息子が新生児の時に取り違えられた他人の息子であったことを知らされます。血の繋がった息子か、それとも6年間愛し育て上げてきた他人の息子か。優しい映像と、ずっしりとしたテーマ。その絶妙な取り合わせが、家族とはなんなのか、問いかけてきます。見終わった後は、なんとなく人に優しくなれること間違いナシ。普通の人が、父親になる。その過程が丁寧に描かれています。

片道15分のドラマ『阪急電車 片道15分の奇跡』

hankyu
出典:http://www.amazon.co.jp/

関西の人には馴染み深い私鉄、阪急電車。宝塚駅と西宮北口駅を結ぶ片道わずか15分の「今津線」という路線があります。その15分の車内で起こる様々な人間ドラマを群像劇として描いた有川浩さんの同名小説の映画化です。マルーン色の格調高い車両と、木目調のあったかい車内。そして沿線の町並みはどこか心を落ち着かせてくれます。関西にきたら、阪急電車の乗り心地に感動して帰る人が多いようですが、同じように作品の見心地も十分。原作、映画共々ぜひ手にとってみてくださいね。

いかがでしたか?心があったまる、そんな映画を5本ご紹介してきました。寒い日が続きますが、映画を見ながらあったかいコーヒーを飲んで、頑張って乗り切りましょうね。

Facebookコメント

Return Top