CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

スター・トレック新作公開間近!過去作品を復習しておこう!

新作『スター・トレック BEYOND』の公開が10月21日(金)に迫った今、シリーズ作品を復習しておきませんか?もちろん新作から見ても楽しめること間違いなし。でも、シリーズを復習しておけばもっと“スタトレ”ワールドを楽しめるんです!

スター・トレックって、どんなシリーズ?

google.co.jp 20160629224220
出典:http://demacassette2.hateblo.jp/

スター・トレックは、1966年にアメリカで放映されたテレビドラマをきっかけにした一大SFシリーズのこと。日本では、宇宙大作戦の名で知っている方も多いのではないでしょうか。ドラマ、映画、アニメ、コミックと幅広く展開し、SFファンの間ではスターウォーズと双璧をなす存在となっています。
その展開の手広さや作品の多さから、すべてを鑑賞することは困難とすら言われているほど。じゃあ新作公開までに予習なんて不可能…。なんてことはありません!実は現在進行しているシリーズは、正史と呼ばれているオリジナルシリーズのパラレルワールドのシリーズ。指揮を取るJ.J.エイブラムスの名を取って「JJSTシリーズ」や、最初に出てきた宇宙船の名U.S.S.ケルヴィンの名を取って、「ケルヴィン・タイムライン」等と呼ばれています。
つまり、『スター・トレック BEYOND』の予習なら、このシリーズの作品を見ればOKなんです!

google.co.jp MAC_StarTrek_2
出典:http://www.fashion-press.net/

また、2016年はちょうどシリーズ開始から50周年の節目の年。様々なイベントが開催されています。先日コスメブランドのMACとのコラボレーションも発表されました。宇宙をイメージした不思議な色合いのパウダーや、女性キャラクター達をイメージしたゴージャスなルージュ。エンタープライズ号の美しいホワイトをイメージしたネイルなど、発売が楽しみなアイテムが揃っています!

舞台は未来。最後のフロンティア「宇宙」を冒険する物語

エンタープライズ
出典:http://www.videodownloadhd.com/

本シリーズで、主人公たちは宇宙艦隊に所属し、エンタープライズ号という宇宙船に乗って旅をします。登場するのは地球人だけではありません。理性を重んじるバルカン人をはじめとする、様々な星の人々が登場します。またあらゆる差別は克服され、体に不自由を抱えていても、同性愛者でも差別されることのない理想の世界に彼らは暮らしているのです。彼らが互いに尊敬しあい、時には衝突しながらも協力して未知なる宇宙に立ち向かっていくのが、スター・トレックの魅力。

そんな作品世界のとおり、スター・トレックシリーズはいつでも文化の最先端を切り開いてきました。オリジナルシリーズの主要キャラクターのひとりウフーラは、アフリカ系黒人女性という設定。演じたのはニシェル・ニコルスという女性です。黒人がテレビドラマにレギュラー出演すること、また異人種間のラブシーンを演じたことは、アメリがドラマ界初の出来事でした。ウフーラの存在は多くの黒人女性の希望となったのです。
また、『スター・トレック BEYOND』では、アジア系の操舵士ヒカル・スールーがゲイであるという設定が明かされています。

宇宙で大活躍!魅力的なキャラクターたち

キャラクター
出典:http://movieweb.com/

まずご紹介するのは、本シリーズの主人公であるジェームズ・T・カーク。地球人で、行動力あふれる熱血漢です。エンタープライズ号の船長として、時には規則を破りながらも突き進みます。
そんなカーク船長を支えるのは副長を務めるスポック。理性を重んじるバルカン人です。優秀な頭脳をもち、常に冷静。感情を出さないことが重要だと考えていましたが、カーク船長と行動を共にするうちに変化が生まれます。カーク船長とは生涯の友となる人物です。
カーク船長と宇宙艦隊候補生のころから友人であるレナード・マッコイは、医療主任。エンタープライズ号乗員の健康を守っています。離婚で身ぐるみ剥されたことから「ボーンズ」という愛称で呼ばれることも。
この他にも、類まれな聴覚を持つ通信士ウフーラや、エンタープライズ号を愛してやまない機関士のスコッティ、近接戦闘も得意な操舵士スールー、そして弱冠17歳の航海士チェコフなど、様々なキャラクターが登場します。

すべての始まりの物語『スター・トレック』はこんなお話!

酒とケンカに明け暮れる日々を送っていたカーク(クリス・パイン)は、酒場で宇宙艦隊のパイク大佐(ブルース・グリーンウッド)に出会います。パイク大佐から父親が宇宙艦隊の英雄であることを聞かされたカークは、宇宙艦隊アカデミーへ入学。アカデミーで学んでいたカークは、「コバヤシマル」と呼ばれるテストで不正を行い聴聞会にかけられてしまいます。聴聞会の最中バルカン星からの救援要請が届き、同期生たちは艦隊に召集されますが、カークは謹慎。しかし友人のレナード・マッコイ(カール・アーバン)の機転で、エンタープライズ号に乗り込むことに成功。向かった先でカークが目にしたのは、かつて父親の乗った船を沈めた、ロミュラン人の宇宙船ナラーダ号だったのです。

ひとりの男の愛が世界を滅ぼす『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

エンタープライズ号は、ある惑星の種族を火山爆発による滅亡の危機から救いますが、その際エンタープライズ号を見られてしまったことが原因で、カークは船長から副長へ降格となってしまいます。副長となったカークは、ロンドンで発生したテロ事件の犯人ジョン・ハリソン(ベネディクト・カンバーバッチ)について協議するために、艦隊本部で会議に出席します。しかし、それこそジョン・ハリソンが狙った状況でした。ハリソンは上級士官が一堂に会した会議室を襲撃。カークの機転で全滅は免れたものの、パイクが犠牲となってしまいます。カークたちは支給された新型魚雷と共に、エンタープライズでハリソン追跡を開始するのでした。

BEYOND

最新作『スター・トレック BEYOND』の公開は10月21日(金)!あなたも是非、エンタープライズ号のクルーたちと冒険に出かけてみてはいかがでしょうか?

『スター・トレック BEYOND』
©2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』
©2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

【関連記事】
◆巨匠ジョージ・ルーカスの意志を継ぐ天才映画監督・J.J.エイブラムスの世界
◆『スター・ウォーズ』シリーズなど、重厚なSFが好きな人にオススメの映画

Facebookコメント

Return Top