CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

銀座の街で“銭集め”!『殿、利息でござる!』セレモニー&完成披露試写会!

フィギュアスケーター羽生結弦さんが映画初出演で殿役を演じることでも大きな話題を呼んでいる「殿、利息でござる!」。5月14日(土)の全国公開を前に、遂に東京での完成披露試写会が実施され、主演の阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、千葉雄大など総勢10名の豪華キャスト陣と、中村義洋監督が登壇!舞台挨拶前には、キャストらによる“銭集め”セレモニーも行われ、銀座の街を賑わせました。
オフィシャル1
“銭集め”セレモニーは、殿に大金を貸し付け、利息を巻き上げるという奇想天外な発想で、「庶民がお金を貯めた」という実話に基づいた本作にちなんで行なわれました。司会者の呼び込みにより、阿部サダヲをはじめ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、そして中村義洋監督がサプライズで登壇すると、銀座の街は大興奮!セレモニーには200人を超える観客が集結し、大歓声と拍手が鳴り響いていました!
主人公を演じた阿部サダヲさんは「これから、映画公開日の5月14日まで、全国の銭集めをいたします。「殿、利息でござる!」銭集めプロジェクト、スタートします!皆様との【ご縁】を大切に、公開まで【5円(ご縁)】を集めてまいります。どうぞ宜しくお願いいたします!」と“銭集め”セレモニーを締めくくってくれました。

セレモニー後に行われた舞台挨拶では、上映前の熱気漂う満席の会場に、全員そろって”銭色(金)”ネクタイ、竹内さんはドールドのアクセサリーを着用し登壇!
オフィシャル2
司会者から「もしも千両あったら、何に使うか?」との質問が飛ぶと・・・
阿部:「本当に素晴らしい監督と、キャストの皆さんとこの映画を作れたのが、とても楽しかったので、また同じメンバーで映画を作りたいなと思ってます。」
瑛太:「映画「殿、利息でござる!」の鑑賞券を3億円分買って、皆さんにお配りしたい」
妻夫木:「映画館を作って、「殿、利息でござる!」の専用劇場とか作りたいですね。そうして本作を盛り上げられれば嬉しい!」
竹内:「1千万だけ宝くじを買って、当たったら残りの2億9千万円と合わせて、本作に投資したい!」
寺脇:「真面目な話ですが、寄付したいです。ちょこっとだけは自分でももらいたいですが(笑)」
きたろう:「賭け事で20億円にして、難民の方々を助けるために全部使いたいですね」
千葉:「撮影中、先輩方にご飯を何度もご馳走になったので、「今日は僕が払います」と恩返ししたい」
橋本:「家具をお金で作って、堪能した後で中村監督にあげます。そのお金で作った映画に出してください!」
中本:「実際に持ったことないので、とりあえず持って逃げて、ゆっくり考えたいなあ。」
西村:「1億円を舞台となった大和町に、1億円を東日本放送さんに、1億円を松竹さんにお渡ししたい。」
中村監督:「やっぱり映画作りに使いたいです。1億円を撮影スタジオ作りに、1億円を新たな映画作りに。そうしながら、もう1億円の使い道をゆったり考えたいですね」
・・・などと、それぞれ個性豊かなコメントをしてくれました。

最後の挨拶で、阿部サダヲさんは「皆の力で1つのことを成し遂げた、というシンプルだけども笑えて感動できる物語です。皆さんの心にどこか通じてもらえる、良い意味で皆さんの想像を裏切ってくれる映画だと思います」と力強くコメントもくださり、登壇者全員が客席に向かって一礼をしつつ、大きな拍手に包まれながら舞台挨拶を終えることとなりました。

『殿、利息でござる!』作品紹介


今から250年前の江戸時代、藩の重い年貢により夜逃げが相次ぐ宿場町・吉岡宿に住む十三郎(じゅうざぶろう)は、知恵者の篤平治(とくへいじ)から町を救う計画を聞く。それは藩に大金を貸付け、利息を巻き上げる逆転の発想だった!3億円の大金を水面下で集める前代未聞の頭脳戦勃発!ビンボー庶民が、殿を相手に一世一代の大勝負に挑む!阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子ら超豪華キャスト集結!破産寸前、絶体絶命の大ピンチを救えるのか!?実は“ 実話”な痛快歴史エンターテインメント超大作がついに誕生!

監督:中村義洋
出演:阿部サダヲ 瑛太 妻夫木聡 竹内結子 寺脇康文 きたろう 千葉雄大 橋本一郎 中本賢 西村雅彦 濱田岳(ナレーション) 重岡大毅(ジャニーズWEST) 羽生結弦(友情出演) 松田龍平 草笛光子 山﨑努

5月7日(土)宮城県先行/5月14日(土)全国公開、でござる!
©2016「殿、利息でござる!」製作委員会

Facebookコメント

Return Top