CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

映画で泣いて笑ってリフレッシュ!大人女子の休日におすすめの作品5本

毎日ひたすら忙しくて、休日はどこにも行かずに家でゆっくりしたいけどダラダラ過ごすだけじゃもったいない!そんな時はおうちで映画を楽しんでリフレッシュしませんか?そこで「週末は家でのんびり映画を観たいけど何観よう?」という大人女子におすすめしたい映画をご紹介します!

姉妹の絆に心温まる青春ストーリー『

海街diary

が脚本を手掛けメガホンを取った、吉田秋生の名作青春コミックの実写化作品。14年前に家を出た父が亡くなったという報せを受け、葬儀に参列した幸()、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)の三姉妹は異母妹のすず()と初めて対面します。既に実母を亡くし、関係の良くない義母と暮らしているすずの身の上を案じた幸は、彼女に自分たちと一緒に暮らすことを提案します。そうして始まった四姉妹の暮らしを通して、それぞれの恋や仕事、姉妹の絆や複雑な家庭事情にまつわる悩みなどが描かれています。

透き通るような四季の風景の美しさと、姉妹の他愛のないやりとりや生活感を感じる仕草とが心地よいハーモニーを奏でる、やさしく温かい物語。四姉妹を演じる女優陣の華やかさは抜群で、彼女らの花が咲くような笑顔や、零れ落ちる涙の美しさに惹き付けられます!それぞれが自分自身の心や家族と向き合い、わだかまりや悩みを乗り越えていく姿に心が和らぐ作品です。作品を彩る菅野よう子の音楽も美しく、印象に残ります。

法廷サスペンスとファンタジーとコメディ全部乗せ『

ステキな金縛り

主人公のエミ()は失敗ばかりの三流弁護士。最後のチャンスとして担当することになった殺人事件で、被告人は事件が起きた時間に宿泊先の旅館で落ち武者の幽霊に金縛りをかけられていたと主張します。エミはその旅館から落ち武者の幽霊・更科六兵衛(西田敏行)を連れ帰り、証人として裁判で被告人にアリバイがあることを証言させるために奮闘するという、前代未聞で奇想天外な法廷サスペンスコメディです!

三谷幸喜作品常連の俳優陣が多数出演している本作、主演の深津絵里、西田敏行だけでなく脇を固めるキャストも大物俳優や主演級の俳優がこれでもかというほど登場します!彼らが演じる登場人物たちはいずれも非常にキャラが立っていて魅力的。演じるエミの上司や演じる検事は物語のキーパーソンであると同時にコメディリリーフを演じることも多く、思わず笑いがこみ上げてくるシーンも。142分とボリュームのある作品ですが、軽快に展開していくストーリーと絶妙なセリフの応酬から、肩の力を抜いて楽しむことができるハートフルな1本です!

クスっと笑えて心も晴れやかに『

ホリデイ

『ホリデイ』のふたりのヒロイン、ロンドンの新聞社で働くアイリス()と、ロスで映画広告の製作会社を経営するアマンダ(キャメロン・ディアス)は、共にクリスマスを前に手痛い失恋を経験します。そのふたりが失恋の傷を癒すバカンスを求め、「ホーム・エクスチェンジ」のウェブサイトで知り合い、お互いの家や車を交換して二週間の休暇を過ごすことに。そして滞在先での出会いや交友関係を通じて、失恋のショックから立ち直り、素敵なものを手に入れる…というストーリー。

失恋してブチ切れるキャメロン・ディアスのヒステリックな芝居に笑いがこみ上げ、豪邸でのバカンスにテンションが上がってはしゃぎまくるケイト・ウィンスレットにほほえましい気持ちになるなど、クスっと笑ってしまうシーンやセリフの数々。そして「クソ恋愛から奇跡の復活」を遂げるアイリス、本当の愛を手に入れて雪道をピンヒールで疾走するアマンダの姿を目にし、エンドロールが流れる頃には晴れやかな気持ちになれるハッピーな作品です!

Return Top