CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

川口春奈主演『にがくてあまい』公開日&追加キャスト&ポスタービジュアル解禁!

野菜が苦手なオンナと、女が苦手なオトコの、オーガニック・ラブコメディ!WEBコミック「EDEN」で無料配信プレビューが100万超え、コミック累計発行部数も60万部を突破している小林ユミヲの「にがくてあまい」が、川口春奈ちゃん、林遣都くんで実写映画化!そしてついに、映画『にがくてあまい』の公開日が9月10日(土)に決定いたしました!
メイン“料理できない!部屋は荒れ放題!私生活はだらしない!”という男に恵まれない独身女・マキを川口春奈ちゃんが、”女には一切興味ない、料理好き”というこだわりのゲイの菜食主義者・渚を林遣都くんが演じています。そしてこの度、初のビジュアル解禁と追加キャストが解禁!
【解禁されたポスタービジュアル!】
0427nigakuteamai_teaserそして、発表された追加キャストには、淵上泰史さん、桜田ひよりちゃん、真剣佑くん、SUさん、中野英雄さん、石野真子さん!6名の役どころとコメントが到着しました。

【淵上泰史さんよりコメント】
役どころ:渚の初恋の人で元同居人・立花アラタ

「才能溢れた、なにより僕と同い年の草野翔吾監督の現場に参加出来た事が僕の財産でありますが、林遣都さんのファンの方々に嫌われないかとても心配です。」

【桜田ひよりちゃんよりコメント】
役どころ:ティーンモデル・青井ミナミ

「今回はティーンモデルの青井ミナミ役を演じさせていただきました。川口春奈奈さん演じるマキと、じろうさん演じるマネジャーさんとのやり取りは、クスッと笑ってもらえると思います。そして…撮影では「えっ!」と驚く衣装を着て元気なミナミになりきりました。とても楽しかったです。見終わった後、笑顔になれるステキな映画です。是非、ご覧ください!」

【真剣佑くんよりコメント】
役どころ:渚の職場の後輩”ばばっち”・馬場園あつし

「本作品では馬場園あつし役を演じさせて頂きました。馬場園はバカが付くほど真っ直ぐな人間で、ずっと笑顔でいるキャラクターだったので、全力で思いきり楽しんで演じました。普段あまり見れないこんな天然で無邪気な人・馬場園あつしを、是非劇場で観て楽しんで頂けたら嬉しいです。」

【SUさんよりコメント】
ビーンズバーのゲイのマスター・ヤッさん

「春奈奈ちゃんと遣都くんのやり取りからチラ見できる人生観がとにかく面白いわっ!私自身ストーリーと同じような境遇の知人もいまして、そいつらまさににがくてあまいw原作マンガも読んでたわっ!よく新宿2丁目に行くのでゲイの友達も沢山いて、そいつらまさにすっぱくてウザいw映画撮素人の私にも暖かい現場の空気がとてもおだやかでうまい。そんな空気感が出ている素敵な作品だと思います。是非ご覧ください。
私はゲイのバーのママ役よ。お話いただいた時は飛んで喜んだわっ!まさかっ!私っ!?って!ただ林遣都は私のタイプっ♡カッコよすぎよっ!もう少し太らせたいけどねっ」

【中野英雄さんよりコメント】
野菜農家を営むマキの父親・江田豊

「私は近年アウトローな役柄を数多くこなしていますが、今回は主人公・江田マキの父親・豊をやらせて頂きました。原作では丸坊主な豊ですが、恐らく丸坊主=強面と言う解釈で、私がキャスティングされたのでしょう。私自身としては久しぶりの父親役でして、年頃の娘の父親役は初めてでしたので楽しく撮影させて頂きました。もしも川口春奈さんのような娘がいたら、毎日毎日、余計な心配をするだろうな〜と頭に浮かべながらお芝居をしていましたね。渚役の林遣都さんとは長らく共演を望んでいた俳優さんでしたので、彼とも楽しく会話しながらお芝居出来たので本当に楽しい現場でしたね。私みたいな俳優に豊を演じるチャンスをくれた、プロデューサーや監督やスタッフに感謝しております。ありがとうございました。」

【石野真子さんよりコメント】
マキの母親・江田操

「大事な娘が実家に素敵な男性を連れてくる。どんな理由でも顔出してくれるのは親にとって嬉しい事なのに…。もしかしてもしかして、そうなの?おろおろなパパとよろこぶママ。年頃の娘を持つと、どこの家庭も感じるドキドキ感。可憐な川口春奈さんのママ役が出来て嬉しかったなぁ。石野真子、あたたかい現場でなんだか、ほっこりしました。」

『にがくてあまい』作品詳細

ひょんなことから出会った2人が、なぜか一緒にくらすことに?
仕事に燃えるキャリアウーマンの江田マキは、ある日男子高のイケメン美術教師の片山渚と出会い恋に落ちる。2人はひょんな事から同居することに。しかし、天真爛漫なマキをぞんざいに扱う渚。衝突しながらも、マキは渚に恋している自分に気付くが・・・渚はなんとゲイだった!それでも、大っ嫌いだった渚の作るオーガニック野菜料理に癒されていくマキ。それぞれが抱える問題を解決していくうちに、お互いが”大切な人”に変わっていく・・・。野菜が苦手なオンナと、女が苦手なオトコ。相容れない男女の同居生活を描く、オーガニック・ラブコメディ!

9月10日(土)TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
©2016映画「にがくてあまい」製作委員会 ©小林ユミヲ/マッグガーデン

Facebookコメント

Return Top