CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』大ヒット記念!ラストシーンにおける4つのトリビアを解禁!

大ヒット上映中の映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』より、主演の山田孝之さんをはじめ、出演者の貴重なトリビア情報が到着!
「ウシジマくんなのに泣ける!」と話題のラストシーンに関するエピソードは必見です!
150927_0038

トリビア1:
ラストシーンのセリフは撮影当日に変更されていた!

山田孝之さん演じる丑嶋とやべきょうすけさん演じる柄崎のラストシーンで、山田さんの言うセリフは「行くぞ、柄崎」のはずでした。しかし撮影当日に山口雅俊監督によってニュアンス的にもう少し柔らかい、「行こう、柄崎。」というセリフに変更!実はこの丑嶋のセリフは「ザ・ファイナル」における、つまり「ウシジマくん」シリーズ全体の、丑嶋を含むすべての登場人物の「最後」のセリフでした。
この微妙ながら的確なセリフ変更によって、揺れる丑嶋の想いがより伝わるものとなりました。

トリビア2:
わすが2テイク!山田孝之と山口監督の阿吽の呼吸で実現した伝説のラストカット!

ラストカットは、原作通りならば、丑嶋が人間的な感情を出す、すなわち、「泣く」という演出が予想されました。しかし実際は原作のような涙を抑えるといった大きい動きはなく、現場も山田さんと山口監督が短く話し合っただけ。わすが2テイクでOKとなりました!
山口監督は「わずかな視線の動きや呼吸によって丑嶋もまたまぎれもなく生きている人間であったのだとわかる」と、山田さんの繊細な演技を絶賛。
苛酷な世界に生きるがゆえにほかの選択肢、ほかの生き方を取れないという丑嶋の苦悩を繊細に、映画としても異例なほど長いヨリの1カットで表現されています。
伝説のラストカットは6年間の信頼で繋がった山田孝之さんと山口監督の阿吽の呼吸によって実現されたのです。

トリビア3:
新たな天才子役誕生!少年時代の丑嶋を演じた狩野見恭平はアドバイス一切なし!?

少年時代の丑嶋(狩野見恭兵)と柄崎(江口祐貴)の芝居が「そっくり!」「引き込まれた!」と話題になっていますが、撮影中に山田さんややべさんがその演技に触れることはなかったと言います。当然、アドバイスすることも一切なし!(これまでもシリーズを通して債務者を含め、ゲストの芝居を山田孝之たちカウカウチームが撮影中に観ることはなかった。)彼らはリハーサルや現場で自分たちなりの少年・「丑嶋」、少年・「柄崎」を模索し、作り上げていったのです!

トリビア4:
ウサギもオーディション!?ついに登場した丑嶋が飼うウサギは選ばれしウサギだった!

「ウシジマくん」ファンには、「ウサギは出ないのか?」とシーズンを通して6年間やきもきさせた丑嶋が飼うウサギがついに登場!
劇中では、少年時代の丑嶋が、母親の形見としてウサギを飼っているという設定。ウサギを仲介として、丑嶋たちの少年時代の友情と別れが鮮やかに描かれ、涙なしでは観られない内容となっています。
この「丑嶋のウサギ」をキャスティングするにあたっては、少年時代の丑嶋を誰が演じるのかと同じくらい大きなプレッシャーの中、監督と演出部が都内のウサギ専門のペットショップに出向いて何時間もかけて「ウサギのオーディション」を行い、その結果、耳が短く薄茶色のウサギが選ばれました。
そのウサギは現場のアイドルとなり、本番では少年・丑嶋と見つめ合う「奇跡のカットバック」や丑嶋と竹本が河原で話す重要なシーンも愛らしい印象的な動きを見せました。

151021_0064

もう映画を見たという人も、これから見るという人も、このトリビアを知ったらラストシーンの印象が変わるはず!
映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』、そして映画『闇金ウシジマくん Part3』もまだまだ大ヒット上映中!是非お見逃しなく!

映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』予告編

『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』
2016年10月22日(土)全国公開
PG12
©2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」製作委員会

映画『闇金ウシジマくん Part3』
2016年9月22日(木・祝)全国公開
PG12
©2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん3」製作委員会

【関連記事】
◆“ラスト10秒”を見逃すな!映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』謎に包まれていたウシジマの過去が今、明かされる!
◆山田孝之主演映画『闇金ウシジマくん Part3』ついに公開!“ウシジマくん”を劇場で見るべき3つの理由(ワケ)

Facebookコメント

Return Top