CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

ハリポタ最新シリーズのヒロインに大抜擢!キャサリン・ウォーターストンってどんな人?

katherine-waterston
出典:http://deadline.com/

『ハリー・ポッター』の初のスピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の、ヒロインに大抜擢されたキャサリン・ウォーターストン。映画業界で最近注目を浴びている女優さんですが、まだご存知ない方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな彼女についてご紹介いたします。

映画業界から注目されているキャサリン・ウォーターストン

Katherine+Waterston+2015+Film+Independent+jjVXRE6Ii39l
出典:http://www.zimbio.com/

1980年3月3日生まれ。イギリスのロンドン出身ですが、両親はアメリカ人。父親は名優サム・ウォーターストンです。「俳優である父の姿を見て育ったので、演じることに魅力を感じていた」という彼女は、アメリカのニューヨーク大学で演技を学び、2004年にテレビ映画『Americana』でデビューします。2007年に、ジョージ・クルーニー主演の『フィクサー』で長編映画デビューを果たしました。2014年、ポール・トーマス・アンダーソン監督の『インヒアレント・ヴァイス』で、主人公の元恋人役を演じ、一躍注目の女優となりました。

注目を浴びるきっかけとなった作品『インヒアレント・ヴァイス』

1970年代のロサンゼルス。ヒッピーのなれの果ての探偵ドック。彼の元を元恋人のシャスタが訪ねてきます。彼女は、不動産王ミッキー・ウルフマンの愛人となっており、ミッキーの妻と浮気相手から、ミッキーと自身が罠にはめられそうなため、悪だくみを暴いてほしいとの依頼を受けます。調査に乗り出すドックでしたが、やがて巨大な陰謀に巻き込まれていき…。

ストーリーはあってないようなもので、物語を理解しようとするより、ブラックユーモア全開のぶっ飛んだカオスな世界観を感じて楽しむ作品です。

ジョブズの元恋人を演じた『スティーブ・ジョブズ』

1984年、アップル社の新製品発表会本番を40分後に控え、スティーブ・ジョブスは激怒していました。Macintoshに本番で「ハロー」と挨拶させたかったのですが、マシンは黙ったままだったのです。諦めようとジョブスを説得する、部下のアンディともめていました。そこへ、ジョブズの元恋人・クリスアンが、娘を認知しないジョブズに抗議するため現われます。混乱した現場のなか、本番15分前にジョズスは何かが閃き…。

アップル社の共同設立者スティーブ・ジョブズ本人や家族、関係者へのインタビューを中心に執筆されたベストセラー本をもとに映画化し、ジョブズの生き様を描いた作品です。

ヒロインに大抜擢!『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

世界的大ヒットを記録したファンタジー映画『ハリー・ポッター』シリーズの完結から5年。初のスピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が、いよいよ2016年11月に公開となります。映画の舞台は、ハリーポッターの世界から70年前。ホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の編集者である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが繰り広げる冒険を描いた作品です。主人公ニュートは、オスカー俳優で、日本でも人気のエディ・レッドメインが演じます。ヒロインにはキャサリン・ウォーターストンを抜擢!公開が待ち遠しいですね!

Katherine-Waterston-1
出典:http://wegotthiscovered.com/

まだまだ秘められた魅力が多そうなキャサリン・ウォーターストン。映画ファンは要注目の女優なので、彼女のこれからの活躍に期待しましょう!

『インヒアレント・ヴァイス』
©2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC,AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

『スティーブ・ジョブズ』
©Universal Pictures
© Francois Duhamel
© 2015 Universal Studios

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』2016年11月23日公開
©2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Publishing Rights ©J.K.R.

Facebookコメント

Return Top