CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

映画館で堪能♡話題映画に出演中のイケメンをピックアップ【若手編】

5月後半から6月にかけ、公開される作品にはイケメンがいっぱい出演!
今週と来週の2回にわけ、CinemaGeneが注目する話題映画に出演中のイケメンを紹介します。
第1回目の今回は【若手イケメン編】です。
さっそくイケメンを堪能してみましょう♡♡♡

CinemaGeneイチオシ!山﨑賢人くん

WP
『オオカミ少女と黒王子』
大ヒット公開中

恋愛経験ゼロのエリカとドSな“黒王子”恭也のウソから始まった2人の恋の行方を描いた“ドキドキ”ラブコメディ!
ikemen_02
賢人くんは、ドSな“黒王子”佐田恭也役を演じています。
試写会では、賢人くんのドSなセリフ&しぐさに「キャ~♡」と歓声があがりまくり。
賢人くんのかっこよさにキュンキュンしまくりです!

癒され度No.1!岩田剛典くん

WP
『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』
6月4日全国ロードショー!

「図書館戦争」「阪急電車」有川浩原作、信じる思いが恋を咲かせる究極の純愛ストーリー
ikemen_04
岩ちゃんは、料理姿も披露する女性にとってあこがれの「王子様」日下部樹役を演じます。
岩ちゃんの手料理が食べられる&一緒に暮らせるなんて!想像しただけでもキュンキュンしちゃいます!!

「スマイル王子」間宮祥太朗くん

WP
『高台家の人々』
2016年6月4日(土)公開

「ごくせん」「デカワンコ」の森本梢子原作。観る人みんなを幸せにする-妄想炸裂ラブコメディ
ikemen_04
三兄妹弟の末っ子。テレパシー能力を持つひねくれ者でちょっといじわるな高台和正を演じます。
テレパシー能力を持つ悩みや、恋愛に素直になれない…など、ちょっと甘えん坊な末っ子役がカワイイ!

演技力がすごい!窪田正孝くん

ikemen_07
6月18日から公開される『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』で、藤ヶ谷太輔くん演じる零に対する特別な感情から彼に執着する桐島牧生役を熱演。「実際の窪田くんもコワイ人なの?」と心配になってしまうほどの猟奇的な演技は必見!

WP
『64‐ロクヨン‐後編』
2016年6月11日全国東宝系にてロードショー

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件と14年後を描いた究極のミステリー
ikemen_09
科捜研からロクヨン事件に召集され、事件以降14年間引き籠っている日吉浩一郎役を演じています。
作業服に眼鏡で、暗そうなビジュアル。。。

その他『64‐ロクヨン‐後編』には前編に引き続き“塩顔王子”坂口健太郎くんも出ています。
(『高台家の人々』にも、ステキな男の子役で出ています)
ikemen_10

観ない日がない!菅田将暉くん

WP
『二重生活』
2016年6月25日新宿ピカデリーほか全国公開

見ず知らずの他人を尾行し、 いつしか禁断の行為にはまっていく新感覚の心理エンターテインメント
ikemen_12
門脇麦ちゃん演じる主人公・珠と同棲中で、美少女キャラのイラストに囲まれたちょっとオタクなゲームデザイナーの彼氏・卓也を演じています。

すっかり大人!神木隆之介くん

WP
『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』
6月25日(土) 全国ロードショー!!

17歳でこの世を去った大助が、大好きなクラスメイトにキスしたい一心で、赤鬼と一緒に地獄からの生還を目指して大奮闘!
ikemen_15
キスもせずに死んじゃった高校生・大助を演じます。今までのイメージを封印して、地獄で四苦八苦する残念な高校生役で新境地を開拓! 地獄図の一員として、猛特訓したギターの腕前と歌声も披露します。

6月はイケメン映画が盛りだくさんなので、お気に入りイケメンを観に映画館へ通ってみては?
来週は【大人編】をお届けします!お楽しみに!

『オオカミ少女と黒王子』
©八田鮎子/集英社 ©2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会

『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』
©2016「植物図鑑」製作委員会

『高台家の人々』
©2016 フジテレビジョン 東宝 集英社
©森本梢子/集英社

『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』
©劇場版「MARS~ただ、君を愛してる~」製作委員会  ©惣領冬実/講談社

『64‐ロクヨン‐後編』
©2016映画「64」製作委員会

『二重生活』
©2015『二重生活』フィルムパートナーズ

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』
© 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

【関連記事】
◆映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』の“地獄”へご案内!
◆映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』のご飯に注目!
◆『オオカミ少女と黒王子』に胸キュンしちゃう3つの理由とは?

Facebookコメント

Return Top