CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

今もっとも”お姫様”役が似合う女優!ミア・ワシコウスカのおすすめ作品

2c5a7dc4
出典:https://vk.com/

2010年に『アリス・イン・ワンダーランド』のアリス役にほぼ無名ながら大抜擢され、世界中から注目を浴びた、オーストラリア出身の女優ミア・ワシコウスカ。この夏、再びアリスとして私たちを楽しませてくれます。これからますます注目のミア・ワシコウスカの出演作品を紹介しましょう。

ミアが日本で注目され始めたのはこの作品から!『アリス・イン・ワンダーランド』

100660_002
出典:http://www.eonline.com/

19歳のアリスは、ある日時計を持って急ぐウサギの後を追いワンダーランドに迷い込みます。実は幼い頃一度その世界に足を踏み入れていた彼女は、そんなことはすっかり忘れていましたが、ワンダーランドの住人達は再び訪れたアリスに興味津々です。そして、しゃべる芋虫や消えるチェシャ猫の導きでマッドハッターのもとを訪れます。ワンダーランドを支配している赤の女王は、予言書にある少女が自分を破滅に追いやると恐れ、アリスを捕えようとするのでした。アリスは、マッドハッター、白の女王と共にワンダーランドを守れるのでしょうか。

この作品が公開された2010年、ヒロインのこの子は誰?と思った人も多いはず。少女のあどけなさを残しながらもきりっとした美しさを持つミア・ワシコウスカが、日本でも有名になるきっかけとなりました。

少女が知る事件の真相と自分の中の本性『イノセント・ガーデン』

最愛の父を事故で亡くしたインディア。葬儀の日、ずっと音沙汰のなかった叔父・チャーリーが現れます。大きな屋敷でインディア、その母と共に暮らすことになったチャーリー。しかし、それからインディアの周りで人が殺され始めます。すべて人を殺すことに快楽を覚える人間である、チャーリーの仕業だったのです。しかし、次第に彼に惹かれていくインディアもまた…。

監督は、韓国の鬼才と言われるパク・チャヌク。美術や音楽には『ブラック・スワン』のスタッフが参加、と聞くだけで背筋が冷たくなるような印象を受けます。抒情詩のようなヒロインの語りから始まりますが、最初から最後まで緊張感で張りつめています。母親にはニコール・キッドマンが扮しています。

歴史的な恋愛小説の映画化『ジェーン・エア』

100660_003
出典:http://filmvsbook.blogspot.jp/

ジェーン・エアは、孤児院で育ちながらも、家庭教師としてソーンフィールドの屋敷に住み込みで働くことになりました。ある日、屋敷が火事になり、主人のロイチェスターを助けたジェーン。それをきっかけに二人は恋に落ちてしまいます。ところが、結婚という時になって彼には妻がいることが発覚。しかも、その妻は狂気にとりつかれていたのでした。それを知ったジェーンは家を飛び出してしまいます。

1847年に発行された恋愛小説の名作です。孤児ですが、自分の人生を自らの手で切り開く強い女性のジェーンをミアが好演しました。マイケル・ファスべンダー演じるロイチェスターの紳士な姿も素敵です。

時代を超えた一風変わったラブストーリー『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』

アダムは有名なミュージシャン。吸血鬼の彼は夜だけ音楽活動をし、それを通して人間ともうまくやっていました。パートナーであるイヴもまた吸血鬼であり、ふたりは何世紀にもわたって生きています。ある日、彼らのもとにイヴの妹・エヴァがやってきます。そしてアダムとイヴは、マイペースで型破りな彼女に振り回されはじめます。

ティルダ・スウィントン主演。アダムには『マイティ・ソー』のロキでおなじみのトム・ヒドルストン、そしてエヴァにミアというキャスティングで、おしゃれで綺麗でかっこいい3人。ファッションもセリフも過激なミアがかわいい!
けだるい感じの音楽と雰囲気にセンスを感じる映画です。

屋敷も衣装も美しいゴシックホラー『クリムゾン・ピーク』

幼い頃から幽霊を見ることができるイーディス。大人になった彼女はトーマスと恋に落ちますが、父は反対し翌日死体となって発見されます。その後二人は結婚。しかし、暮らし始めた屋敷で出会った幽霊から、イーディスは「クリムゾン・ピークに気をつけろ」と警告されます。クリムゾン・ピークとは、屋敷のある山の名前。冬には地表の赤粘土で雪が赤く染まることからそう呼ばれていました。そして、イーディスは屋敷の秘密に近づいていくのでした。

メガホンをとったのは『パシフィック・リム』などのギレルモ・デル・トロ監督。中世のような衣装に身を包むイーディスは、ミアの透明感のある美しさをひきたてます。トーマスを演じたのは、『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』でも共演したトム・ヒドルストン、そして彼の姉役としてジェシカ・チャステインも出演しています。

パワーアップしたクレイジーなキャストとアリスが再び!『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

前作『アリス・イン・ワンダーランド』のラストで、父の跡を継ぐことを決意したアリス。そして彼女は父の残した船、ワンダー号に乗り込み航海をしていました。しかし、ロンドンに戻ってきたアリスは、その船を手放さなければならなくなります。そんな時、ワンダーランドの住人・青い蝶のアブソレムが、マッドハッターの危機を伝えに現れます。アリスは、鏡を抜けてワンダーランドに再び足を踏み入れるのでした。

『アリス・イン・ワンダーランド』から6年。またまた不思議な住人たちと共演のミアは、劇中のアリスと同じようにキャリアを積み成長した姿を見せてくれます。
そして、新たなキャラは、時の番人”タイム”。『ヒューゴの不思議な発明』などの個性派俳優サシャ・バロン・コーエンが演じます。2016年7月1日(金)公開予定です。

2449_FPF_00004R

初々しくかわいいだけではなく、最近の作品では大人の魅力も全開のミア・ワシコウスカ。この夏、またワンダーランドの旅に出る前に、今までの作品を見てみるのもおすすめです!

『イノセント・ガーデン』
© 2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
©2013 Wrongway Inc., Recorded Picture Company Ltd., Pandora Film, Le Pacte &Faliro House Productions Ltd. All Rights Reserved.

『クリムゾン・ピーク』
2016年1月8日(金)TOHOシネマズ シャンテ他 全国公開
R15+
©Universal Pictures.

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
©Disney

Facebookコメント

Return Top