CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

スポーツ選手を題材にした感動のノンフィクション映画5選集

PELE

涙を流しながら感動してしまう映画のひとつに、スポーツを描いたものがあります。厳しいレッスンや仲間との時間、コーチとの絆、そして敗北や勝利。とにかく胸に響く要素が盛りだくさん!
特に実在したスポーツ選手を描いた映画は、その活躍の裏に隠された真実を知ることで感動もひとしおです。そんな映画を5本紹介していきます!

サッカーの王様と呼ばれたペレが与えた希望『ペレ 伝説の誕生』

貧しいスラムで育ったペレは、サッカーW杯決勝でブラジルが敗れた時に父親に言います。「いつか僕が優勝させる。」そして地域の試合でその才能を見せつけ、サントスFCに入団しプロのサッカー選手となったペレ。1958年には17歳の若さでW杯代表となります。

ペレ役のケヴィン・ヂ・パウラは、監督自らサッカーをしている若者たちの動画を見て探し当てたという逸話が!ペレがサッカー界にもたらした功績を綴るだけではなく、ペレとその両親たちが織りなす愛の物語でもあります。

片腕のサーファー、ベサニー・ハミルトンの海にかけた青春『ソウル・サーファー』

IMG_0050.CR2
出典:http://keepthefaith.com/

両親と2人の兄とハワイに暮らす少女ベサニーは、幼馴染のアラナと共にプロサーファーを夢見ています。誰もが認める実力を持ち、ふたりにはスポンサーがつくまでに。ところがある時、ベサニーはサメに襲われ左腕を失ってしまいます。
退院後、波に乗るものの全く思い通りにできません。一時はサーフィンをあきらめたベサニーでしたが、彼女の姿に励まされる人たちが世界中にいることに気づき、再び海へ戻る決意をします。

少女たちのキラキラした可愛さ、そしてまるで絵画のようなハワイの雄大な景色が印象的な作品です。片腕を失くしても、懸命に前向きでいようとするベサニーの健気さと、家族の支えが胸を打ちます。
ベサニーを演じたのはアナソフィア・ロブ。『チャーリーとチョコレート工場』で始終ガムを噛んでいた女の子です。サーフィンのシーンは実際のベサニーがスタントをしました。そしてエンドクレジットには彼女のこれまでの映像が流れ、その強さ、凄さを改めて知ることもできます。

ミドル級ボクサー、ジェイク・ラモッタが手にした栄光と過ちの代償『レイジング・ブル』

100745_003
出典:https://crankymuseprojects.com/

1941年の戦いで、それまでの無敗に終止符を打ってしまったミドル級ボクサー、ジェイク・ラモッタ(ロバート・デ・ニーロ)。判定で敗れた彼はやけになります。その数年後、再度判定で不本意な負け方をした彼は、八百長試合に手を貸す約束をしてしまうのです。格下の対戦相手にわざと負け、その見返りとしてチャンピオンに挑戦できることになったのです。そして2年後、とうとう頂点に立ったジェイクでしたが…。

マーティン・スコセッシ監督が手がけた、ほぼ全編モノクロの作品。主演のロバート・デ・ニーロはアカデミー賞主演男優賞を受賞しました。
八百長試合をした後から、どんどん心を苛まれ鬼気迫る様子が恐ろしいほど。デ・ニーロの代表作でもあり、一見の価値ありです。

不遇のボクサー、ミッキー・ウォードとその兄ディッキーが目指した世界一『ザ・ファイター』

_TF33619.NEF
出典:http://roadtofelicity.blogspot.jp/

かつてプロボクサーだったディッキーは、現在は弟ミッキーのトレーナーをしています。母がマネージャーを務めていますが、1勝もできない日々でした。
ところがディッキーが窃盗で逮捕され、ミッキーは家族から離れて新たなトレーナーを迎えます。そこからミッキーの連勝が始まり、とうとう世界王者への挑戦が決定。その頃、ディッキーが出所し再びミッキーと組もうとするのですが…。

ミッキーをマーク・ウォールバーグ、ディッキーをクリスチャン・ベールが演じました。ボクシングを通して兄弟の愛が描かれており、役作りのために減量し歯並びまで変えたクリスチャン・ベールはアカデミー賞助演男優賞を、母を演じたメリッサ・レオは助演女優賞を受賞しました。

ハロルドとリゲル、パリ・オリンピックに出場したふたりの青年の絆『炎のランナー』

100745_005
出典:http://www.independent.co.uk/

ケンブリッジ大学に通うユダヤ人のハロルド・エイブラハムズ、そしてスコットランドに住む宣教師のエリック・リデルは、それぞれ走る才能に恵まれ、1923年のロンドンでの競技会で初めて対決します。僅差で勝利したのはエリックでした。それを機にハロルドはマサビーニコーチと訓練を重ね、パリ・オリンピックへの代表に選ばれます。エリックもまた、出場選手としてパリへ向かうのでした。

アカデミー賞作品賞、衣装デザイン賞、脚本賞、作曲賞を受賞した名作です。ヴァンゲリスが提供したテーマ曲は、映画を知らなくとも聞いたことがある人が多いでしょう。

PELE

スポーツ映画と言ってもフィクションが多くある中、実在の人物を題材にしたノンフィクションは、大ヒットした作品がいくつもあります。本当の話、なのにすごい!と、感動を与えてくれるからでしょうか。夢を追いかける姿はもちろん、壮絶な事実を目の当たりにして、自分の人生を変えてしまうほどのショックを受ける人もいるかもしれません。
一度は見るべき、スポーツ選手を描いた映画。新旧おすすめ5本を紹介しました。次の鑑賞の参考にどうぞ!

『ペレ 伝説の誕生』
7月8日(金)、TOHOシネマズシャンテ 他、全国ロードショー
© 2015 Dico Filme LLC

『ソウル・サーファー』
©2011 Enticing Entertainment LLC All Rights Reserved.

『ザ・ファイター』
©2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED.

【関連記事】
◆超王道!ベストオブ泣ける映画はコレ!~洋画編~

Facebookコメント

Return Top