CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

こんなウェディングドレス着てみたい!映画に登場する絢爛豪華な花嫁衣装!

アイキャッチ
出典:http://www.androidpads.com/

純白でふわふわのドレスから、リボンたっぷりのドレス、細身のドレス。銀幕の花嫁たちが身に纏うウェディングドレスは、いつだって憧れの的。今回は映画に登場する様々な花嫁衣装をご紹介します。

エーゲ海に映える純白のドレス!『マンマ・ミーア!』より、ソフィー(アマンダ・セイフライド)

マンマ・ミーア!
出典:http://movies.yahoo.co.jp/

ギリシャ・エーゲ海に浮かぶ島を舞台にした本作で、アマンダ・セイフライドが着るウェディングドレスは、エーゲ海の青に良く映える純白の花嫁衣装。フリルをあしらったかわいらしいデザインが、ヒロインにぴったりのドレスです。

<ストーリー>
ギリシャ・エーゲ海に浮かぶ島にあるホテルを経営するドナと娘のソフィー。ソフィーの結婚式が明日に迫る中、招待客たちが島にやってきます。ドナの古い友人やソフィーの友人たち。そしてソフィーの父親が3人も!ソフィーははっきりしない自分の父親を捜すため、ドナの日記に記されていた父親候補3人を全員招待していたのです。

デザインの対比が見どころ!『ブライダル・ウォーズ』より、リヴとエマ(ケイト・ハドソン&アン・ハサウェイ)

ブライダル・ウォーズ
出典:https://marry-xoxo.com/

本作でウェディングドレスを身にまとうのは、ケイト・ハドソンとアン・ハサウェイ。知的なクール美人というイメージのアン・ハサウェイが身に纏うドレスは、細身で体のラインが美しく見えるドレス。対するケイト・ハドソンのドレスは、レースたっぷりふわふわの正統派ウェディングドレス!2人のキャラクターに見合ったデザインの対比が見どころです。

<ストーリー>
幼馴染で親友のリヴとエマは婚約日も同じ。結婚式を挙げる予定のホテルも同じ。しかしホテル側のミスで同じ日の同じ時間にブッキングしてしまい、どちらかが式を譲らなければならないことになってしまいます。

ささやかなホーム・ウェディングにはこんな衣装で『ザ・エージェント』より、ジェリー(レネー・ゼルウィガー)

ザ・エージェント
出典:http://junglekey.com/

あまりお金はないけれど幸せはいっぱい。そんな手作りのホーム・ウェディングを挙げるカップルも、映画にはたくさん登場します。本作でレネー・ゼルウィガーが身に着けているのもそんな1着です。桜色のシンプルなワンピースがカップルの幸せの形を見せてくれています。

<ストーリー>
やり手のスポーツ・エージェントとして働くジェリー・マグワイアは、ひょんなことからの思い付きで書いた提案書が原因で会社を首になってしまいます。独立したジェリーについてきてくれたのは、マスコミ受けの悪いアメフト選手と経理の女の子だけ。しかし、彼らとの交流を通してジェリーは忘れかけていた人間性を取り戻していきます。

クラシカルなドレスも素敵!『レ・ミゼラブル』よりコゼット(アマンダ・サイフリッド)

レ・ミゼラブル
出典:https://lifeonastage.wordpress.com/

『マンマ・ミーア!』では、現代風のヨーロピアンなウェディングドレスを纏ったアマンダ・セイフライド。中世のフランスを舞台にした『レ・ミゼラブル』でも、女性らしい気品あふれるドレスを見せてくれます。布をたっぷりと使ったクラシカルなドレスが豪華な雰囲気の式にピッタリマッチしています。

<ストーリー>
ジャン・バルジャンはパンをひとつ盗んだ罪で投獄され、長い間服役。ある日仮釈放となりますが、仮釈放中の身に世間は冷たい目を向けます。しかし、ある教会がバルジャンを受け入れたことで良心に目覚めたバルジャンは、神のために働くことを誓います。年月が経ち、市長にまでなったバルジャンは、娼婦ファンティーヌと出会い、その娘コゼットを保護。ところが、姿を消したバルジャンを追っているジャベール警部の手がすぐそこまで迫っていました。

邦画作品でも愛らしいドレスが!『映画 ホタルノヒカリ』より、蛍(綾瀬はるか)

SID0013400_fhds
出典:http://movie00.seesaa.net/

人気ドラマの映画化作品で綾瀬はるかが身に着けていたのが、リボンをたっぷり使った愛らしいウェディングドレス。肩口にあしらわれた大ぶりのリボンが、とてもかわいいドレスに仕上がっています。

<ストーリー>
紆余曲折を経て高野部長と結婚した蛍。結婚して脱干物女かと思われたものの、干物女っぷりには拍車がかかる一方の蛍。そんなふたりでしたが、普通の夫婦のように新婚旅行へ出かけることに。出かけたイタリアで蛍は、イタリア版干物女・莉央に出会います。

アン・ハサウェイ
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

映画に登場するウェディングドレスは、どれも華やかで憧れちゃいますよね。映画と共にお気に入りのウェディングドレスを見つけてみてはいかがでしょうか。

『マンマ・ミーア!』
©2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

『ザ・エージェント』
©1996 TRISTAR PICTURES,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

『レ・ミゼラブル』
©2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

『映画 ホタルノヒカリ』
©2012「映画 ホタルノヒカリ」製作委員会

【関連記事】
◆『レ・ミゼラブル』のコゼット役、アマンダ・セイフライドの出演作品
◆永遠の憧れ。アン・ハサウェイから学ぶ「美しい大人女子」の秘訣

Facebookコメント

Return Top