CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

【速報】イーストウッド“日本は特別な国”『ハドソン川の奇跡』NYプレミア&市川海老蔵ジャパンプレミア参加情報!

監督:クリント・イーストウッド×主演:トム・ハンクス最新作。
2009年、ニューヨークのハドソン川で起こった“奇跡”と賞賛された航空機事故の驚愕の生還を描いた問題作にして究極のヒューマンドラマ『ハドソン川の奇跡』が9月24日(土)より公開されます。

日本公開に先駆け、9月9日(金)の全米公開を前に本日9月7日(水)(現地時間9月6日(火))、本作の舞台であるニューヨークのリンカーンセンターのアリス・タリー・ホールにて、ニューヨークプレミアが行われました。

容疑者になった本人登場!

NEW YORK, NY - SEPTEMBER 06:  (L-R) Aaron Eckhart, Chesley "Sully" Sullenberger, Clint Eastwood and Tom Hanks attend the "Sully" New York Premiere at Alice Tully Hall on September 6, 2016 in New York City.  (Photo by Matthew Eisman/Getty Images)

NEW YORK, NY – SEPTEMBER 06: (L-R) Aaron Eckhart, Chesley “Sully” Sullenberger, Clint Eastwood and Tom Hanks attend the “Sully” New York Premiere at Alice Tully Hall on September 6, 2016 in New York City. (Photo by Matthew Eisman/Getty Images)


イベントには、86歳にして精力的に作品を世に送り続け、ハリウッドを代表する巨匠クリント・イーストウッド監督を筆頭に14日より来日が決定しているトム・ハンクスとアーロン・エッカート、さらに“ハドソン川の奇跡”の当事者であり、大惨事から全員の命を救いながらも、一夜にして容疑者となったチェスリー・サレンバーガー機長本人も登場。
監督やキャストが到着する度に会場は、歓声に包まれました。

イーストウッド&トム・ハンクスからのメッセージ

クリント・イーストウッド監督は、本作を待ち望む日本のファンに向けて「僕は日本のファンのみなさんが大好きです。日本を舞台にした映画(「硫黄島からの手紙」)を撮ったこともあるくらい、私にとっては特別な国。みなさんに気に入っていただけると嬉しいです」とコメント。
また、副機長ジェフを演じたアーロン・エッカートは8年ぶりの来日について「日本が大好きなんだ。前回行った時、皇居の周りを走ったんだ。すごく楽しくて、またしたいよ」と告白。日本のファンのみんなに会えるのが楽しみだと笑顔で答えてうれました。

ジャパンプレミア レッド・カーペットイベント決定!

トム・ハンクスとアーロン・エッカートが来日し15日(木)に予定されている大規模なジャパンプレミア レッド・カーペットイベントには、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが登壇することが決定!
トム・ハンクスは日本でどんな言葉を聞かせてくれるのか、イベントでの市川海老蔵さんとの共演はどんな盛り上がりを見せるのか、期待が高まります!!

その日、英雄は容疑者になった

hadson
2009年1月15日、極寒のニューヨーク上空850mで155名を乗せた飛行機を突如襲った全エンジン停止事故。160万人が住む大都会の真上で、制御不能の70トンの機体は高速で墜落していく。近くの空港に着陸するよう管制室から指示がある中、機長サリーはそれを不可と判断し、ハドソン川への不時着を決断。事故発生からわずか208秒の事だった。航空史上誰も予想しえない絶望的な状況の中、技術的に難易度の高い水面への不時着を見事に成功させ、”全員生存”の偉業を成し遂げる。その偉業は「ハドソン川の奇跡」と呼ばれ、サリーは一躍英雄として称賛されるーはずだった。ところが、機長の”究極の決断”に思わぬ疑惑が掛けられてしまう・・・。

『ハドソン川の奇跡』は、9月24日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他全国ロードショー!
©2016 Warner Bros. All Rights Reserved

Facebookコメント

Return Top