CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

松坂桃李くん、魅惑的なダークヒーローに初挑戦!映画『不能犯』映画化決定!

集英社「グランドジャンプ」にて連載中の大人気マンガ、「不能犯」が松坂桃李くん主演で実写映画化が決定し、2018年の公開が発表されました。

殺しを請け負う謎の黒スーツの男、宇相吹正

殺しを請け負う謎の黒スーツの男、宇相吹正


「不能犯」とは、宮月新原作、神崎裕也漫画の「グランドジャンプ」連載中の大人気コミック。
赤く光る妖しい瞳とセクシーな魅力で、不気味な能力で人の心を操る、犯罪を立証できない男・宇相吹正が、愛と欲望、嫉妬と憎しみを抱えた依頼人の要望に応え、〈不能犯〉のプロとしてターゲットを確実に死に至らしめる。
しかし、宇相吹の真の目的は、他にあった─。というストーリー。

今回、妖しくセクシーな魅力で人の心を操る一方で、本当の正義とは何かを突き付ける宇相吹正役を、若手俳優の中でも人気・実力ともに注目度NO.1の松坂桃李くんが演じます。
今まで『今日、恋をはじめます』の恋多きイケメンや、『ピース オブ ケイク』の心優しいゲイ、『劇場版 MOZU』の残虐なテロリスト、TVドラマ「ゆとりですがなにか」のゆとり世代の教師役など、様々な役を演じてきましたが、今回は初挑戦となる善と悪を超越した危険で魅惑的なダークヒーローに挑戦。
宇相吹正役を演じるにあたり松坂桃李くんは、「僕自身、ヒーローも悪役も演じたことはありますが、その両方の要素を持った宇相吹のようなダークヒーローは初めてなので、未知数なぶん、ワクワクしています。」とコメント。

本作のメガホンをとるのは、『貞子VS伽椰子』の/strong>白石晃士監督。主演の松坂桃李くんについて「きっと、松坂さんの演じる宇相吹に魅了されウットリする人々が続出することでしょう。」語っています。

未体験のスリルと陶酔が激突する、日本初の新感覚サスペンス・エンタテインメント『不能犯』は、2018年全国ロードショーです!お楽しみに。

『不能犯』
2018年 全国ロードショー
配給:ショウゲート
©宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会

【関連記事】:
◆菅田将暉が歌う!松坂桃李が奔走する!映画『キセキ -あの日のソビト-』本予告&ポスター解禁!
◆【今週のPickupイケメン】松坂桃李くんに注目!

Facebookコメント

Return Top